皆空の中で...

18.Cの変化量と発信周波数の変化の出題の正答をみつける

18.Cの変化量と発信周波数の変化の出題の正答をみつける コツ
              (計算式を忘れた~思い出せない時の手法)
                 1アマ試験の目次はこちら    総目次はこちら

このページは第1級アマチュア無線技士試験(1アマ試験)に出題される計算問題をラクして解くコツです。
文系の方や,しばらく計算問題から遠ざかっていた方のためのページです。

    ---【TKA目次2(1アマ試験問題のやさしい解き方,コツ)】---
.....6.CR回路の消費電力の計算問題の正答を見つける
.....7.LCR並列回路の電流を計算する問題の正答を見つける
.....8.CR直列回路の消費電力の正答を見つける
.....9.RLC合成インピーダンスの計算問題の正答を求める
....10.RL直並列の電流計算の解き方
....11.2つの電荷からの電界が零になる距離の計算
....12.平行板電極間の静電容量の算出問題の正答を求める
....13.電荷と電圧,静電容量の計算問題の解き方
....14.合成インダクタンスの算出問題の解き方
....15.並列共振回路のQ,直列共振回路のQの算出問題の解き方
....16.共振時のインピーダンスとL,Cの算出問題の解き方
....17.誘導性と容量性リアクタンスの記述問題でミスをしないコツ

18.1 Cの容量が1/2へ減少した時の発信周波数の変化量を算出する出題の正答をみつける
              (平成24年8月1アマ無線工学A-8より)
1_問Cの変化と周波数2408A8_3
Cの容量が小さくなるとは,バリコンで言えば羽がぬける方へ回転したことなので,周波数が下がることはありえません。従って,解答1と解答2はありえませんね。
   (自作経験が多い人は4倍になることは無い,2倍もないな~と気づくかもしれませんが…)
元の周波数の何倍になるかの比を求める手順で調べてみましょう。
1_解き方2408A8(正答は解答3)
初めての場合,とまどいそうな問題ですが,比で求める手法で計算すると簡単ですね。


18.2 Cの容量が36%減少した時の発信周波数の変化量を算出する出題の正答をみつける
              (平成22年4月1アマ無線工学A-10より)
2_問2204A10_1
この出題は「Cの減少率36%だからCは64%になった」と気づくか否かがポイントです。それさえ気づけば比を求める手順で簡単に計算できますね。
2_解き方2204A10(正答は解答1)


18.3 共振周波数の変化量から共振回路のCの変化量を計算する出題の正答をみつける
              (平成20年12月1アマ無線工学A-3より)
3_問2012A3_3
この出題は,先の2つと図が異なるので違った問題に見えますが,実質は同種のものです。
3_解き方2012A3_3(正答は解答3)

今後の予定,増幅度の計算,ANTゲインの計算,電界強度の計算,SWRの計算,MUFの計算など,1アマ試験に出題される計算問題を「できるだけラクして解く」方法を書く予定です。

次の19へすすむは→こちら

1アマ試験関係の目次へもどる→こちら

総目次へもどるは こちら


  1. 2013/01/16(水) 09:59:20|
  2.   1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<19.時定数の値を計算する出題 (簡単です) | ホーム | 17.誘導性と容量性リアクタンスの記述問題でのミスの防止>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/89-97908b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)