皆空の中で...

薄型テレビの音質改良

薄型テレビの音質改善(安価な方法)
                               総目次はこちら


筐体がスリム化された薄型テレビは,スピーカーのためのスペースが十分にないため,スピーカーを前面向きに取付けていない製品が多くみられます。
スピーカーの指向性はスピーカーの前面方向が最も音圧が大きく,横方向は小さくなります。このような特性があることを知りつつも,薄型テレビではスペースの確保ができないために,下向きに取付けたのでしょう。
下向きに取付けられたスピーカーからの音は,中高音にのびが無く,音がうしろにこもった感じとなり,やや聞き取りにくい状態となってしまいます。

このような薄型テレビの音質改善(向上)には,外付けスピーカー(例:Panasonic「シアターバーHTB10-K 」など)を設置する方法がベストですが,今回は安価な方法で音質改良を試みました(予算200円)。

次の写真は,パナソニックの薄型テレビVIERA THの左下部を前から見たものです。スピーカーは前面向きに取付けられていません。(写真はクリックで拡大できます)
IMG_1692取付前前面

次の写真は同部分を裏側からみたものです。スピーカーが下向きに取付けられています。写真の中央部の丸い穴の奥に下向きのスピーカーが見えます(灰色の台形のもの)。底面にはスピーカーからの音がでるように沢山の丸い穴があります。(写真はクリックで拡大できます)
IMG_1693取付前後面

この下面の穴から出た音が外部の板や床で反射して人の耳へ到達することになるのですが,高音が散乱したり吸収されたりするため,テレビを見ている人の側へ届く中音のレベルが小さくなります。
このため,高音域が下がった音質,言い換えると「ややこもった音」として聞こえることになります。

下向きスピーカーから出た高音を効率よく前面へ出すための反射板を取付けてみました(次の写真は薄型テレビの下部を横から写したもの)。写真の斜めの黒い板が「反射板」です。(写真はクリックで拡大できます)
取付後横面IMG_1687

反射板は次のような形の板です。写真では立派に見えますが,素麺の箱板を削り,テレビの色に合わせて100円ショップのスプレーで塗装しただけの木板です。金具は古いパソコンの内部に使用されていた金属板を鋏で切ってネジ止めしたものです。(写真はクリックで拡大できます)
IMG_1690反射板前 IMG_1689反射板裏

黒く塗装した板を取付けたのが次の写真です。下は背面側です。この薄型テレビには,テレビの背面板を固定するネジ(ST14)が丁度良いところにあったので,反射板の固定(吊り下げ)に活用しました。吊り下げ金具は,廃物利用ですから左右の金具が違っています(見えないからOK)。(写真はクリックで拡大できます)
取付後後側IMG_1681

次は前面側から見た反射板です。反射板はテレビの左右に取付けます。下向きに出た音が反射板で反射されて前面側へ効率よく出てきます。(写真はクリックで拡大できます)
取付後前面IMG_1682

わずか,100円~200円で取り付けたものですが,効果は大きく,高音がクリアに聞こえるようになり,音が前面に出てくる状態へ改善されました。テレビの音質設定で高音レベルを変化させると更にクリアに聞こえるかもしれません。

今回は,素麺箱の板を利用しましたが,プラスチック板でもOKです。材質は何でもOKですが,音を反射させるのですから,やや硬めのもので,表面に凹凸の少ないものが良いでしょう。反射板の長さはスピーカーの長さより長いほうがベターです。
テレビ側へ利用できる取付けネジが無い時は接着テープでもOKです。但し,接着テープで通気用の穴やスリットを塞がないようにしましょう。

テレビ本体へ取り付けが容易でない場合は下図のように三角の木材を反射板に取付けてもOKです。(図はクリックで拡大できます)
反射板A

丁度良いカーブがとれる竹が入手できたら,下図の右のように,反射板の面を放物線のように改良してみたいと思っています。そのようにするとホーンスピーカーのように更に効率の良い状態が生まれるかも・・・(図はクリックで拡大できます)
Rを持った反射板

雑感
この程度のことで音質が改善されるのですから,下向きにスピーカーを取付けた場合は,プラスチック製の反射板をメーカーオプションで用意されていても良いのでは…と感じました。

総目次へもどるは こちら


  1. 2012/10/07(日) 09:20:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<22.YAESUアンテナチューナー FC-901 | ホーム | 21. DAIWAアンテナチューナーCNW-818>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/68-4e01e628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)