皆空の中で...

Ubuntu9.04(Linux)でのインターネット接続設定

Ubuntu9.04(Linux)でのインターネット接続設定     総目次はこちら

Hard Errorで起動できなかった瀕死のdynabook Satellite T20がLinux-Ubuntu9.04でよみがえったのでインターネット接続設定をします。
……前編 「ハードエラーで起動しないPCをUbuntuで甦らす」は こちら
……続編 「続:ハードエラーで起動しないPCをLinux-Ubuntuで甦らす」は こちら

以下はルーターを経由してネットに接続している環境での接続設定の例です。
このような場合は,IPアドレス,デフォルトゲートウェイ,DNSを設定しなければネットにつながりません。これらの設定情報は,あなたの接続環境のネットワーク管理者へ尋ねましょう。
わからない場合は,近傍のWindows PCから設定情報を調べます。
Windows PCのコントロールパネル→ネットワーク接続→ローカルエリア接続アイコンを右クリック→プロパティを開く。プロパティ画面の全般タブの「インターネットプロトコル(TCP/IP)」をクリックし,開いた画面のIPアドレス,サブネットマスク,デフォルトゲートウエイ,優先DNSなどの設定値を書き写します。
下図は近傍のWindowsPCの設定情報の例です。下図の青マルの値はあなたの接続環境によって異なります。

IPアドレス等の設定値

IPアドレス等の値が把握できたら,Ubuntu-PCのネット接続設定を開始します。
Ubuntuデスクトップ画面→メニュー「システム」→ネットワーク設定→優先タブ→eth0→編集ボタン→IPv4設定タブ→設定でも可能だが,再起動でリセットされるので次の方法で設定します。

(1) Ubuntuデスクトップ画面→メニュー「アプリケーション」→「端末」と開きます。
(2) 表れた画面の$プロントの右へ sudo gedit /etc/network/interfaces と打ち込みEnterキー。
(3) パスワードはPC起動時のものを入れてEnterキー。
(4) 表れた画面の中を次のように追加修正する。次のxxxは上記の環境の場合では102,zzzは123となります。

auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.xxx.zzz
netmask 255.255.255.0
network 192.168.xxx.zzz
broadcast 192.168.xxx.255
gateway 192.168.xxx.1

誤りがないか確認し,「保存」をして打ち込み小画面を閉じます。

(5) DNS設定を行う。アプリケーション→「端末」と開き,
  sudo gedit /etc/resolv.conf と打ち込み(Passワードも入れて)開いた画面へ次を打ち込む。
  nameserver 192.168.xxx.1
 誤りがないか確認ののち保存して小画面を閉じます。

(6) ネットワークの再起動を行う。アプリケーション→「端末」と開き,
  sudo gedit /etc/init.d/networking restert

  少し待つと「OK」と表れる。小画面を閉じて,Ubuntu9.04を再起動する。
  立ち上がったら,デスクトップ画面のファイヤFoxでインターネット接続できるか確認して終了です。
  2005年製のdynabook Satellite T20 140C/5ですがサクサクと動きました。

LinuxはWindowsより少し手間がかかりますが,この程度の手間ですから楽しみながらLinuxを勉強したいと思います。
今ではお払い箱になりそうな旧型PCでもサクサク動くのでLinaxは楽しいですね。

前編「ハードエラーで起動しないPCをUbuntuで甦らす」は こちら
続編「続:ハードエラーで起動しないPCをLinux-Ubuntuで甦らす」は こちら

総目次へもどるは こちら

  1. 2012/04/25(水) 11:08:09|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Buffalo ルーター BBR-4MGのファームウェア更新 | ホーム | 続:Hard Errorで起動しないPCをUbuntuで甦らす>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/53-4bf9633e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)