皆空の中で...

デリカ プラグイン コンバーター

デリカ プラグイン コンバーター (DELICA HAM BAND CONVERTER)

                               総目次へもどるは⇒ ⇒ こちら
---アマチュア無線機器の目次---              
  ・昭和28年 ラジオ アマチュア ハンドブック ⇒ こちら
  ・デリカ プラグイン コンバータ ⇒ こちら
  ・TS690から音が出ない故障と修理 ⇒ こちら


「三田無線研究所(DELICA)」は技術が高く,しっかりした物づくりをする無線機メーカでした。アマチュア無線用受信機として,デリカのCS-7等は憧れのまとでした。そのデリカの優れものの1つ「デリカ プラグイン コンバーター(DELICA HAM BAND CONVERTER)」を今も大切に保管しています。

次の写真が全体です。本体の前にあるのがプラグイン式のバンドコイルユニットです。同ユニットは,遮蔽した3つのスペースにHAMバンドに合わせた3つのコイルが入っています。このコイルユニットをHAMバントごとに本体へ差し込む方式です。各ハムバンドを1.5MHzへ変換して出力します。1.5MHzは中波帯の受信機(ラジオ)の周波数なので,普通の中波ラジオで3.5から50MHzまで受信することができました。同ユニットは必要な周波数のものを購入する仕組みでした(プラグイン方式はHRO受信機で使用していた機構です)。
          (写真はクリックで拡大します)
DELICAプラグインコンバータとコイル

本体を前面から見るとハムバンドのメモリが読めます。左のツマミの中が白くなっているのは光の反射です。写真は7MHzコイルユニットを差し込んだ状態です。
          (写真はクリックで拡大します)
DELICAプラグインコンバータ前面2

次の写真の左はコイルユニットを抜いたところです。プラグインコイルユニットのバナナプラグが刺さる仕組みになっています。右は,後ろからの写真です。
          (写真はクリックで拡大します)
コイルを抜いたところ DELICA背面
次はプラグインコイルユニットです。ふくらみのあるバナナプラグでしっかりと接触させる仕組みです。
          (写真はクリックで拡大します)
プラグインコイルユニット プラグインコイルユニット2
次は写真はコイルユニットの内部です。コイルはシールドされ,かつ,互いに直交する角度に配置されいます。
          (写真はクリックで拡大します)
コイルBOX中身
次の写真の左はシャーシの上面です。ほこりが溜まっていました。右はシャーシ内部です。しっかりと半田付けがされています(キットでなくメーカで完成させた製品です)。
          (写真はクリックで拡大します)
DELICAプラグインコンバータ内斜上から DELICAシャーシ裏
下図は回路図です(DELICA HAM BAND CONVERTER Circuit diagram)。図の中の水色で囲んだ部分がプラグインコイルユニットの中のコイルです。(図はクリックで拡大します)
DELICAプラグインコンバーター回路図
次は発売当時の雑誌に掲載された「デリカ ハム専用コンバーター」のセット案内 記事です。三田研究所・所長の 茨木 悟 氏によるものです。OSC部からMIX回路へのカップリングコンデンサーが回路図にありません。その辺についての解説が記載されています。
     (次をクリックし,表示された画面を,もう一度クリックすると拡大します。以下のページも同じです)
1_DELICAプラグインコンバータ資料1
2_DELICAプラグインコンバータ資料2
3_DELICAプラグインコンバータ資料3
4_DELICAプラグインコンバータ資料4
上記の「デリカ プラグイン コンバーター(DELICA HAM BAND CONVERTER)」は,周波数安定度などはPLL技術などの発展により遅れをとってしまいましたが,コンバータの上に人が腰を下ろしてもつぶれない堅牢性を保っています。

三田研究所・所長 茨木 悟 氏について
明治33年2月 愛媛県に生まれ。渡米しシカゴ大学で研究。
大正12年帰国。茨木悟研究所を設立し,大正15年三田研究所をつくり所長に就任。
業務用の高周波計測器メーカのかたわら,優れた受信機・計測器をアマチュア用として提供。戦後のアマチュア無線機を代表するCS-7とCS-6,デリカのデップメーターなど,性能のみでなく,機械的緻密さ,堅牢さでも優れた製品を世に出した。DELICAの社名は「機械的緻密さ・・・機械生産ではできない仕上げをする」との物づくりメーカの生き方を表しているとのこと。(電波科学33年7月号「三田無線研究所を訪ねて」より)



総目次へもどるは ⇒ こちら


  1. 2012/01/30(月) 15:41:16|
  2. アマチュア無線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<7.アマチュア無線用SWR計と注意点 | ホーム | 6.SWRの測定と注意点>>

コメント

DELICA HAM Band Converter

カップリlングのCが回路図に無い件・・・書き忘れかとおもってました
実体配線図では確かに抵抗の中にリード線を差し込んでますね
この方が安定した状態を保つようですね。

最近抵抗体は穴が無いです・・・マネできない・・・
  1. 2016/04/01(金) 20:58:20 |
  2. URL |
  3. JA1WSE #-
  4. [ 編集 ]

Re: DELICA HAM Band Converter

JA1WSEさん
コメントありがとうございます。
デリカのコンバーターはしっかり作られていると今でも思います。
往年の優れた無線機の1つとして大切にしています。
この頃の機械を眺めながら,昔を懐かしむ歳になりました。
コメントありがとうございました。
管理人より

  1. 2016/04/02(土) 19:33:21 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/41-f0f672d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)