fc2ブログ

皆空の中で...

H29年8月 2アマ試験工学(IZ0908)の計算問題の解き方

H29年8月 2アマ試験工学(IZ0908)の計算問題の解き方(正答の求め方)
        各ページはブラウザGoogle Chromeで開いた場合を想定して編集しています。
          Internet Explorerでは改行位置のずれ等が生ずる場合があります。

            2アマ試験工学の目次は ⇒ こちら   総目次は ⇒ こちら  
                       合格への勉強方法は ⇒ こちら


【H29年8月 IZ908A-3】抵抗回路のスイッチを開いた時の電圧比を求める
IZ908A3.jpg
 この問題は繰り返し出題されています。
 H25年8月の出題のΩをkΩへ変更しただけです。
 解き方は「2アマ試験工学の目次」 ⇒ こちら から
 「....1.抵抗回路の解き方(正答の求め方)」へもどってください。
 
                  正答は番号2となりましたか。



【H29年8月 IZ908A-4】LC直列回路のリアクタンスの周波数特性として正しいものを選ぶ。
IZ908A42.jpg
 この問題は計算問題ではなく,基礎知識を問うものです。
 数年ごとに繰り返し出題されています。
 解き方は「2アマ試験工学の目次」 ⇒ こちら から
 「....11.並列共振回路,直列共振回路のリアクタンス変化」へもどってください。

                           正答は番号1とわかりましたか。                
 


【H29年8月 IZ908A-7】第二高調波,第三高調波電圧から増幅器のひずみ率を求める
IZ908A7.jpg
 この問題は繰り返し出題されています。
 解き方は「2アマ試験工学の目次」 ⇒ こちら から
 「...20.第二高調波,第三高調波の電圧から増幅器の歪率を求める」へもどってください。

                          正答は番号1となりましたか。
          



【H29年8月 IZ908A-13】八木アンテナの放射器の長さを求める
IZ908A13.jpg
 この問題も繰り返し出題されています。
 2アマを受験する人なら,簡単でしょう。
 14MHz用の八木ANTですから,放射器は1/2波長ですよね。それを2%短くするだけです。
 波長は 300÷14[MHz]≒21.4[m]、
 1/2波長は 21.4÷2=10.7[m],
 短縮率2%ですから,10.7×0.98≒10.5[m]     
                            正答は番号3ですね。




【H29年8月 IZ908A-18】電源回路の変動率を求める
IZ908A18.jpg
 この問題は繰り返し出題されています。
 解き方は「2アマ試験工学の目次」 ⇒ こちら から
 「H27年8月期 2アマ試験工学(IZ708)の計算問題の解き方」 ⇒こちら
 【H27年8月A-20】へもどってください。
                           正答は番号1となりましたか。





【H29年8月 IZ908A-19】電池の内部抵抗を求める
IZ908A19.jpg
 この問題も繰り返し出題されています。
 解き方は「2アマ試験工学の目次」 ⇒ こちら から
 「....32.【追加】H26年8月期 2アマ試験工学の計算問題の解き方」 ⇒こちら
 「...35.【追加】H27年8月期 2アマ試験工学(IZ708)の計算問題の解き方」 ⇒こちら
 へもどってください。

                       正答は番号5となりましたか。



2アマ試験工学の目次へもどるは ⇒ こちら   

総目次へもどるは
 ⇒ こちら
  








  1. 2020/11/24(火) 12:15:31|
  2.  2アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<H29年12月 2アマ試験工学(IZ0912)の計算問題の解き方(正答の求め方) | ホーム | H29年4月期 2アマ試験工学(IZ904)の計算問題の解き方(正答の求め方)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/306-d7a8b8a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)