皆空の中で...

NEC VersaPro VK25MX-B へ無線Lanカードの取付け

NEC VersaPro VK25MX-B (PC-VK25MXZCB)へ無線Lanカードの取付け
           無線Lanカード用のアンテナ長さを計算し自作
              VersaPro VK25MX-B 無線Lanスイッチ操作

                          総目次へもどるは ⇒ こちら

VersaPro VK25MX-B(2010年11月モデル)のHDDをSSD化し,Windows10 Anniversary 1607 へUpdateしました。
     VersaProのHDDをSSD化は ⇒ こちら 
      Windows10 Anniversary Updateの手順は ⇒ こちら 

ついでに無線Lanカードの取付をしてみました。
     1.NEC VK25MX-B
USBポートへ差込む無線Lan子機を使用すれば簡単ですが,USBポートが多くないので
無線Lanカードを内蔵できないか調べてみました。
このVersaProはビジネス用途のためか,無線Lanの電源スイッチがありません。
(2016年のVersaProは無線Lanの電源スイッチがあります)

裏面のHDDカバーを外すと,右側に無線Lanカードを挿し込めるPCIスロットがありました。
次の写真はPCIスロットへ無線Lanカードを挿し込んだ状態です。
  写真の①は無線Lanのアンテナです((MAIN側)。
  写真の②は無線LanカードのMAIN端子から①への同軸ケーブルです。
         (細い線ですが,同軸ケーブル構造になっています)
  写真の③は無線LanカードのAUX端子から④方向のアンテナへの同軸ケーブルです。

この頃のVersaProビジネスモデルは基本的に無線Lanの利用を考えていないのか,
アンテナ線が準備されていません。
   2.HDDカバーをあけて

次は無線Lanカードの拡大写真です。
カードは標準的なドライバーで動く Intel 112BNHMWを使用しました。
アンテナ線は古いWindowsXPのPCから切取って利用しました。
   3.無線lanカードの取り付け


アンテナ線は単なる電線ではありません。テレビアンテナの同軸ケーブルを細くした構造の線です。
無線Lanのアンテナは次の計算で設計して自作します。
4.0 アンテナ長の計算
下図の1番目のアンテナがベターですが,PC内部に広げる場所がないので,下図の2番目の構造としました。
下図の3番目も良いですが薄い銅板に半田付けが必要となるので止めました。
   4.1 アンテナの形状

次の写真が自作したアンテナです。構造は上図の2番目です。
同軸ケーブルの被覆をカッターの刃で3.1cm分取り除きます。
     (注意して作業をしないと同軸の外皮線を切ってしまいます)
中心線をそのまま伸ばし,外皮線をケーブル側へ戻してセロテープで絶縁します。
   4.2 無線lanのアンテナ

次の写真は,無線LanカードのMAIN側のアンテナです。
写真のAは同軸ケーブルの中心線3.1cmの部分です。Bは外皮側3.1cmの部分です。
   5.MAINアンテナの配置

次の写真の白い線は,無線LanカードのAUX端子からの同軸ケーブルです。
同軸ケーブルの先端は3.1cmの中心線と3.1cmの外皮線でアンテナ構造とし,テープで絶縁して右の筐体の中へ差込みました。
写真の白楕円の内側のマザーボードに無線Lanカード用の電源スイッチがあります。
   6.スイッチの位置

無線Lanカード用の電源スイッチの写真を撮るのを忘れましたので絵でかきます(下図)。
上の写真の状態で,PCのすべてのビスを取り除くとPCの裏カバーが浮きます。
裏カバーを取り外さなくても,隙間から「白楕円」の内側にあるスライドスイッチを
細いドライバーで右へスライドすればOKです。
   7.無線lanカード ON OFF

以上の作業で,無線Lanカードが働きました。

今回,無線Lanカード用のアンテナを自作してみましたが,安価に市販されていますのでそれを利用しても良いでしょう。
PC内部へアンテナ線を潜り込ませる場合は,基盤の部品に接触しないように絶縁をして行います。
最初に書いたように,USB端子へ差し込んで使用する無線Lan子機の利用が最も簡便です。


総目次へもどるは ⇒ こちら





  1. 2016/08/22(月) 17:16:52|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<21-1.増幅回路の電圧利得をデシベルで算出する出題 | ホーム | Diamond Power Supply GS-400Aの修理>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/242-82bd245a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)