皆空の中で...

DC Power Supply Daiwa PS304 の修理

DC Power Supply Daiwa PS304 の修理
    "Daiwa PS304"DC12V power supply trouble and repairing.
                                  総目次へもどるは ⇒ こちら


DC電源 Daiwa PS304 の修理記録です。出力電圧が出ない状態でした。
次の写真は Daiwa PS304です。Product name is Daiwa ps304.
                 (写真はクリックで拡大します)
   1_Daiwa PS304

次はカバーを取りはした状態です。中央の基板が制御回路部です。
この写真は修理後のものです。   Next is a picture after repairing.
           (写真はクリックで拡大します)

   3_カバーをはずした

次は全体の回路図です。Next is DC Power Supply Daiwa PS304 circuit diagram. 
           (図はクリックで拡大します)
   3_DAIWA_PS304_POWER_SUPPLY_1.jpg


制御回路部を拡大した回路図です。 
この機種は,可変抵抗器が不良となる例が多く報告されています。
図の橙色の可変抵抗器 R1:5kΩ,R2:50kΩ,R3:2kΩ,R4:10kΩ を取外します。
Next is DC Power Supply Daiwa PS304 circuit diagram which expanded.
There is a lot of trouble by degradation of a variable resistor for this model.

           (図はクリックで拡大します)
   3_回路図

次の写真は取外した可変抵抗器です。端子間の抵抗を測定したらオープン状態となっていました。
10kΩのものなら,両端の抵抗値は10kΩとなるべきですが,抵抗値が∞でした。
Resistance value between the terminal was infinity.
信頼性のなさそうな部品が使用されていました。 (写真はクリックで拡大します)
   5_可変抵抗器を取外す


Variable type resistor was exchanged.
次の写真は,新しい可変抵抗器へ取替した後のものです。4つの水色の部品が新しい可変抵抗器です。
交換後,出力電圧の最大値などを可変抵抗器で調整します。
VR1:出力電圧最大値の設定, VR2:最大電流(過電流)設定,
VR3:電流指示値の校正, VR4:電流指示値の校正,
出力電流が20A程度で電圧が低下する場合は,最大電流の設定をゆるくします。
           (写真はクリックで拡大します)
   7_可変抵抗器

最後に,出力端子裏の電界コンデンサーの耐圧が低いので25V以上のものへ交換しました。
6A出力端子への配線も太めの線へ交換しました。
   8_電界コンデンサー交換

以上で修理は完了です。
今後は,回路基板の下の大容量電界コンデンサーを交換して新品時に近い性能へ回復させる予定です。
トランス式のDC電源はファンの騒音がなく,スイッチングノイズも発生しないので,まだまだ愛好家は多いでしょう。


総目次へもどるは ⇒ こちら
  1. 2015/09/20(日) 17:16:21|
  2. アマチュア無線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<H27年8月期 2アマ試験工学(IZ708)の計算問題の解き方 | ホーム | ブラウザからのアンケート型2015年年次訪問者調査 Chrome:ユーザー調査(詐欺)と解消>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/218-3a002096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)