皆空の中で...

小笠原丸の現在位置をマリントラフィックで調べる

小笠原丸の現在位置を調べる(AIS:Automatic Identification Systemで見る)
                                  総目次へもどるは ⇒ こちら

東京の竹芝桟橋から小笠原の母島への小笠原丸の航海中の現在位置を見る方法です。
       (その他の船の現在位置も調べることができます)

インターネットで「ライブ船舶マップ Live Ships Map-AIS-Vessel Traffic and Positions-AIS Marine Traffic」を開くと世界の船の現在位置が表示されます。
そのページは ⇒ こちら https://www.marinetraffic.com/ です。 

Marine Trafficのページを開くと最初に世界全体の画面が表示されます。
下図は日本付近を拡大したものです。
     小笠原丸_1

同画面の左のメニューの2番目のアイコン(下図)をクリックし,Filter Show Ship Names(船名を表示)にチェックをします。
        02_2.jpg 船名表示にchek


        
関東海域を拡大して少し待つと次のように船の名前と位置が表示されます。
          (次の画面はクリックで拡大します)
     03_oagasawara maru 2

更に拡大すると次のように「OGASAWARA MARU」の名前の船が表示されます。
船のアイコンにマウスを当てると船名,現在の速力,方位などが表示されます。
          (次の画面はクリックで拡大します)
   04_小笠原丸

船のアイコンをクリックすると,船の写真などが表示されます(下図)。
          (次の画面はクリックで拡大します)
     05_.jpg

上の画面の「航跡の表示」をクリックすると次の画面のように航跡が表示されます。
     06_.jpg

船の写真をクリックすると,下図のような詳細な情報が表示されます。この画面の中に小笠原 父島の二見港への到着時刻なども表示されています。
          (次の画面はクリックで拡大します)
07_小笠原丸

上の画面の,地図の中の緑色の「ライブマップ」をクリックしても,小笠原丸の現在地が表示されます。
これで表示された画面をブックマーク(おきにいり)に登録しておけば、次回から簡単に小笠原丸の現在位置を表示させることができます。

これらの画面は,航行中の船から送信されているAIS:Automatic Identification Systemの情報(船名や位置情報など)を陸上に設置された装置で受信し、インターネット経由でデータ収集し表示しているものと思います。受信点が無い外洋へ出ると、このシステムで船の位置を表示できなくなるでしょう。

伊豆大島より南へ下ると受信した情報をインターネットへ公開している受信点が無いのか,小笠原丸の位置が表示されなくなりました。三宅島や八丈島,小笠原諸島にもAIS陸上受信点は存在するようですが,受信データがネットへ公開されていない状態なのでmarinetrffic.comの画面に表示されないでしょう。

(AISは,航海中の船舶が近くにいる船の位置・進行方向・速度などを把握するためのシステムなのでインタネットなどへ公開する義務はないようです。この電波は陸上側でも受信できるため,受信したデータを集めてネット公開しているのが marinetrffic.com なのでしょう。)

AIS:Automatic Identification Systemの概要は,「JCG海上保安庁」でネット検索し、海上保安庁ホームページ > 組織 > 交通部 > AISを活用した航行支援システム と開いたページにあります。

三宅島や八丈島,小笠原でもAIS受信データがインターネットへ公開されたら「小笠原への修学旅行生の家族は、子供たちがどの辺を船旅しているのか」とわかって安心するのですがね~。


船舶自動識別装置(AIS:Automatic Identification System)海岸受信局設置を目的に,海岸に近いところにお住まいの方でインターネット回線を持っている方を募集している様です。
詳しくは  ⇒ こちら http://www.okeranet.com/ais_volunteer.pdf



総目次へもどるは ⇒ こちら
  1. 2015/04/02(木) 14:52:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続:垂直ANT(4~10m)の7MHzでの給電点インピーダンスと整合回路・放射効率 | ホーム | 長さ2mのアンテナで7MHzを送信する(MMANAとSmith v3.10で計算)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/199-0e0c9e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)