皆空の中で...

H26年12月_1アマ試験無線工学(HZ612)の計算問題の解き方(正答の求め方)

H26年12月 1アマ試験無線工学(HZ612)の計算問題の解き方(正答の求め方)
        各ページはブラウザGoogle Chromeで開いた場合を想定して編集しています。
          Internet Explorerでは改行位置のずれ等が生ずる場合があります。


                          1アマ試験の目次は ⇒ こちら    総目次はこちら

     このページには次の計算問題の正答の求め方をまとめて掲載してあります
       ・HZ612 A-2: 平行平板コンデンサーの面積と間隔から容量の変化を算出する
       ・HZ612 A-3: 並列共振回路のインピーダンスからLの値を算出する
       ・HZ612 A-4: 直流回路の電流から抵抗値を算出する
       ・HZ612 A-5: LCR直列回路のRの消費電力を算出する
       ・HZ612 A-17: 直流電源のリップル率を算出する
       ・HZ612 A-19: 八木アンテナの利得(ゲイン)を算出する
       ・HZ612 A-24: 進行波電力と反射波電力からSWRを算出する
       ・HZ612 A-25: 接地抵抗をを算出する

                                       1アマ合格への勉強方法は ⇒ こちら
【H26年12月HZ612 A-2】
平行平板コンデンサーの容量を算出する出題
  1_HZ612A2.jpg
   この出題はH24年8月1アマ無線工学A-1の出題の値を変更したものです。
   過去の出題と解き方は ⇒ こちら です。 要約すると次のとおりです。

               2_HZ612A2_2.jpg
          距離dが2倍(式の分母が2倍)、誘電比率εが3倍(式の分子が3倍)なので、
          容量Cは3/2=1.5倍 ⇒ 30pFの1.5倍 ⇒ 45pF ですね。
               (1アマとしては易しい出題ですね)


【H26年12月HZ612 A-3】
共振時のインピーダンスからL,Cの値を算出する出題
  3_HZ612A3.jpg
   この出題も過去出題の数値(4Ω→5Ω)へ変更しただけです。過去出題のページ ⇒ こちら へ戻ってください。
   なぜか、この出題は12月期になると出題されますね~12月に試験を受ける人は要注意ですね~。

                            正答番号4 [10μH] となりましたか?
   

【H26年12月HZ612 A-4】
直流回路の電流から抵抗値を求める出題
  5_HZ612A4.jpg
  この問題も繰り返し出題されています(H22年4月A3、H23年12月A5)。
  この出題は1アマににしては易しいので、解き方の例題から除いてきましたが、今回は解いてみましょう。
  SWがの時、3mAなので  E=R×3mA ---- (1)
  の時、1mAなので     E=(R+2kΩ)×1mA ---(2)
  この2つの式の左はEですから、R×3mA=(R+2kΩ)×1mA ⇒3R=R+2 ⇒R=1kΩ ですね。
  (1)式へR=1kΩを代入するとE=3Vとなりますね。
  SWがCの時,E=(1kΩ+Rc)×0.5mAですから,3=(1+Rc)×0.5 ⇒6=(1+Rc) ⇒Rc=5kΩ ですね。

  以上の解き方をせずとも, 2kΩ時に1mAなので,
  0.5mAならRcの値は2kΩより大きいとわかります(解答番号3,4,5はありえない)。
  正答は残りの1[5kΩ]か2[4kΩ]ですね。
  
  仮にRがゼロΩであれば、Rcの値が4kΩの時、2kΩの時の半分の0.5mAになるが、Rが0Ωなら
  SW:aの時、大電流となるのでゼロΩではない⇒ Rcの値は4kΩではない⇒ 正答は残りの5kΩ
  しかありえない となりますね。  1アマでは易しい出題です。



【H26年12月HZ612 A-5】
RLC直列回路のRの消費電力を算出する出題
  7_HZ612A5.jpg
  この出題は過去のものに一つ条件を加えた問題です。
     7_HZ612A5_2.jpg

     これからは過去の出題の解き方 ⇒ こちら と同じです。
     抵抗とリアクタンスの直列回路の合成インピーダンスを求め、回路の電流を算出します。
     電流と抵抗で消費電力を計算するだけです。
     7_HZ612A5_3.jpg


【H26年12月HZ612 A-17】
電源のリップル率を算出する出題
  8_HZ612A17.jpg
   この問題もH20年4月A17,H21年12月A18,H23年4月A18 と出題されています。
   リップル率は(リップル電圧実効値)÷電源電圧(直流分Ed)×100%です。
   リップル電圧のピークEaが1.4Vなので,実効値電圧は1.4÷√2=1Vですね。
                       (1V÷10V)×100%=10%  正答番号4 [10%]

【H26年12月HZ612 A-19】
八木アンテナの利得(ゲイン)を算出する出題
  10_HZ612A19.jpg
   この問題も繰り返し出題されています。
   解き方は ⇒ こちら 「八木アンテナの相対利得の計算」にもどってください。

                                       正答が番号5 [9db]となりましたか?


【H26年12月HZ612 A-24】
進行波電力と反射波電力からSWRを算出する出題
  11_HZ612A24.jpg
  この問題も繰り返し出題されています。
   解き方は⇒ 32.3 進行波電力と反射波電力からSWRを求めるへもどってください。

                                       正答が番号2 [2.0]となりましたか?

【H26年12月HZ612 A-25】
接地抵抗を計算する出題
13_HZ612A25.jpg
  この問題も繰り返し出題されています。
  解き方は ⇒ こちら 2.接地抵抗の計算問題 へもどってください。

                                       正答が番号5 [2Ω]となりましたか?

H26年12月の出題はすべて過去に出題されたものの数値をチョットだけ変更したもので、新鮮さは見られないものばかりでした。これから言えることは,過去に出題されたものを勉強しておけば試験に合格すると言えますね~。


1アマ試験の目次へもどるは ⇒ こちら    

総目次は
 ⇒ こちら



  1. 2015/01/21(水) 12:01:50|
  2.   1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<H26年12月期 2アマ工学の計算問題の解き方(正答の求め方) | ホーム | PC-LL750SG 再セットアップは非AFTのHDDでないと完了しない>>

コメント

【H26年12月HZ612 A-17】についてご確認ください。

こんにちは。いつもお世話になっています。
またまた誤植と思われる個所を報告いたします。

【H26年12月HZ612 A-17】の
リップル電圧のピークが1.4Vなので,実効値電圧は1.4÷√2=10Vですね。
   10V÷100V×100%=10%  正答番号4 [10%]

⇒⇒実効値電圧は1.4÷√2=1V
1V÷10V×100%=10%

ではないでしょうか?ご確認ください。
  1. 2016/06/19(日) 08:48:54 |
  2. URL |
  3. くろ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 【H26年12月HZ612 A-17】についてご確認ください。

くろ さん

ありがとうございます。
パッパと書いて読み返していない自分にあきれています。
ほかにも,誤記があるかもと思います。
おかしなところがありましたら,今後ともご指摘ください。
ありがとうございました。

管理人
  1. 2016/06/19(日) 13:31:31 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

早速のご対応有難うございます。
重箱の隅をつつく、やな奴と思われていないか、心配しながら書いていますが(^^)、自分の知識に自信が無い時は、あれ?と思っても流してしまいがちなので、新たに勉強を始める方の為にも、敢えて細かい点を指摘させて貰っています。今後共宜しくお願いします。
  1. 2016/06/19(日) 19:03:03 |
  2. URL |
  3. くろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/189-c7583822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)