皆空の中で...

Old Mac Classic II

【 Old Mac Classic II  (クラシック2) 】......... Mac SE/30 は⇒ こちら
                           総目次へもどるは ⇒ こちら

我が家のOld Macの1つ「 Classic Ⅱ 」を物置からだして動かしてしてみました。
前回,通電してから5年ほど放置したままだったので動くかな~と心配しました。Windowsマシンばかり使っていて…忘れていた訳ではないけど悪かった…」とClassicIIにお詫びを言いながらホコリを落として,起動させたところ,何もなかったように「ポ~ン」言う起動音とともに動きました。この時代のMacの起動音はシンプルな音だったことを思い出しました。写真はクリックで拡大します。
   Classic2 2

横や後から見た写真です。Macは古い時代からサウンド入力出力が備わっていました。スティーブジョブスはパソコンは仕事の道具ではつまらい,音楽など日常生活や遊びのツールとして身近な存在にあるべきだと考えていたのでしょう…写真はクリックで拡大します。
   Classic2横面 Classic2背面

後面に1992年にシンガポールで製造と書かれています。写真はクリックで拡大します。
   Classic2銘板 Classic2製造年

OSは漢字Talk7.1です。2400bit/sのモデムを使用して,Niftyのフォーラム「Macビギナーズフォーラム」などへ接続し,多くの方から色々な事を教えてもらった頃を思い出しました。当時は,通信ソフトとして「ComNifty」「茄子R」「魔法のナイフ」など優秀で快調に動くフリーソフトのお世話になりました。これらはメールの送受にも優れていて長く愛用させていただきました。写真はクリックで拡大します。
  Classic2 3 Classic2 Comnif

また,トロイカのメロディをバックに「テトリス」でも遊んだことを思い出しました。Classic IIを起動させたままにしていたら,スクリーンセーバが動き出し,美女と野獣の画像が動き始めました。Classic Ⅱはモノクロ画面ですが,それはそれなりに良い感じがします。写真はクリックで拡大します。
  Classic2 5 Classic2 4

起動したので問題はないと思いましたが,ロジックボードなどに電解コンデンサーの液漏れが起きていないか,久しぶりにトルクスドライバーを使って開腹してみました。ブラウン管の裏にもススが全くついていないので,ブラウン管もそのころ交換したかもしれません。HDDも240MBなので交換したかもと思います。写真はクリックで拡大します。
  Classic2内部横1 Classic2内部後

ロジックボード(LB)を見て自分で電解コンデンサーを交換したことを思い出しました。ディスプレイソケットの絶縁紙に2001年に交換と自分で記録していました。LBの左に縦に挿し込んでいるがオプションのFEPです。このFEPが追加されているとSE/30とほぼ同等の性能となります。写真はクリックで拡大します。
  classic2 LB Classic2 FEP

電解コンデンサー交換が下手な半田付けなので恥ずかしいですが機能的には問題なく動いています。写真はクリックで拡大します。
  Classic2コンデンサ交換後 Classic2コンデンサ交換

乾電池ラジオでもそうですが,長く使用しない時はリチュウム電池「3.5V」をロジックボードから取り外しておくことがミソです。
Classic2はコンデンサが劣化するとシマシマMac画面になるだけでなく,起動時に赤ちゃんのようような鳴き声を長くだします(いわゆる泣きMacになります)。今回,電池がないので動くかな思いましたが,電池未搭載のままでも起動しました。我が家のClassic IIは部品取替えで何とか生きている老朽機器です。早晩,HDDが動かなくなるかもです。SCSIのハードディスクが購入できるかな~と思っています。(2011年11月記事).........( SE/30 はこちら)

備考:Classic Ⅱの基本仕様
CPU:MC6830,クロック数:16MHz
FEP: MC6882(オプション)---FEPを付加するとSE/30とほぼ同等の能力となる。
RAM:ロジックボード上 2MHz,SIMMソケット数×2,ソケット初期実装メモリ1MB×2,最大メモリ容量10MB
増設可能RAM: 30ピン SIMM/速度100ns以上,1MB/2MB/4MB,増設単位2枚
FD : 内臓, HDD: 内臓(40MB/80MB)
拡張スロット:FEP用×1
内臓ディスプレイ:9インチ モノクロ
入出力ポート:SCSI×1,プリンタ×1,モデム×1,ADB×1,外部FD×1,サウンド入力(モノラル)×1,サウンド出力(モノラル)×1
消費電力:100W, 製造年:1992年


Mac SE/30 は⇒ こちら

総目次へもどるは ⇒ こちら


  1. 2011/11/16(水) 22:29:23|
  2. Old Mac
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Macintosh SE/30 故障(電源編-1) | ホーム | TS690/450故障と修理>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/18-b2cdffb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)