皆空の中で...

起動しないパソコンからデータを取り出す(データサルベージ)

起動しないパソコンからデータを取り出す(Data Salvage;データサルべージ)
                                  総目次へもどるは ⇒ こちら

「パソコンが起動できなくなった。家族のデータだけでも取り出して欲しい」と友人からノートPCが送られてきました。
品名はFujitsu LIFEBOOK AH42/G (2012年春モデル),製品名:FMVAAH42GB)です。まだ,3年を経過しておらず, キーボードの周辺に保護シートが残ったままです。

電源を入れてみました。
10.Win7起動中画面
 左のようにWindows7の起動画面は
 表示されるものの,5分経過しても
 同じ画面のままです。
 HDDのアクセスLEDが消えるのを待って
 電源ボタンを長く押して強制終了させました。
 (画像はクリックで拡大します)


セーフモードでも試みましたが起動できません。
11.トラブル解決ナビ
 「トラブル解決ナビ」画面が表示され,
 インジケータは左から右へ動くが,
 5分経過しても同じ画面のままで
 次へ進みません。
  (画像はクリックで拡大します)


12.システム回復オプション 「トラブル解決ナビ」画面のまま放置して
 いたら,10分ほど経過した時点で,
 「システム回復オプション」画面が表示され
 ました。
 ポインターが丸く回転する表示のままで、
 いつまで待っても止まりません。
 (画像はクリックで拡大します)


上の画面を見ると,パーティションが0MB,場所が(D)ローカルと正常には見えません。この画面のまま5分ほど経過しましたが状態が変化しないので「電源ボタン長押し」で強制終了させました。

友人へ「リカバリCDを作成している?」と尋ねたら,「作成していない。そのような用語も知らない」とのこと。リカバリCDを作成していない・・・となると,HDDのリカバリエリアから購入時の状態へリカバリするしかありません。
ですが,「トラブル解決ナビ」が起動できないとリカバリエリアからのリカバリ操作ができません。

友人からは「家族の資料と写真を取り出してほしい」と強い要望です(そんなに大切なデータなら定期的にUSBや外付HDDなどへコピーしておくべきですね~)

PCからHDDを取出して,正常なPCのUSBポートへ「SATA-USB変換ケーブル」を経由して接続し,マイコンピュータ画面へ当該HDDが表示されるか調べます。
マイコンピュータ画面へ当該HDDが表示され,その中のフォルダーが開けるならデータをUSBなどへコピーできるので,データの取り出し(救出)は簡単です。

ですが,次のような症状でした。
マイコンピュータ画面へ LIFE BOOKのHDDアイコンが表示されたが,同アイコンをクリックしたところ,中身が全く表示されず,マイコンピュータ画面からLIFEBOOKのアイコンが消えてしまいました。

HDDがデバイスマネージャーで認識できているか調べます。
13 コンピュータの管理画面 



 「スタート」ボタン⇒マイコンピュータを右クリック⇒
 ⇒(コンピュータ)管理(G)⇒「デバイスマネージャー」 
 と開きます。
 (画像はクリックで拡大します)


14 USBコントローラー 
 デバイスマネージャーのユニバーサル
  シリアルバスコントローラー(USB) を
 開くと,USB Root HUBにHDDが大容量
 記憶装置として認識されていました。

 それを開くとデバイス状態は正常と表示
 されていました。
 (画像はクリックで拡大します)


15 ディスクの管理画面 「スタート」⇒マイコンピュータ右クリック⇒
 (コンピュータ)管理⇒「デスクの管理」 と開くと,
 ディスク1に当該のHDDのパーティション
 が表示されましたが,パーティションの
 中に文字がありません。
 この表示もすぐに消えてしまいました。
 ディスク0は動作中のHDDのものです。
 (画像はクリックで拡大します)


ここまでの作業で,
デバイスマネージャーで認識されるのでHDDのロジック回路などは生きていると推測できます。HDDの中の「どこに起動OSファイルが有るか」を記録している「Boot Sector」「MFT:Master File Table」など重要なデータが壊れていてWindowsOSが見つからない(読みこめない)のではと考えました。

HDDにセクター不良があるかを調べてみます。
マイコンピュータ画面へアイコンが表示される状態なら,WindowsのdiskCheckで確認できますが,今回はそれができないのでUBCD:Ultimate Boot CD で起動させ,その中のツール「Disk health」でHDDの状態を調べます。
(Ultimate Boot CDはCD1枚に小さなOS(Linux)と各種のツールが入った道具箱です)。
   Ultimate boot CD作り方は  ⇒ こちら(前ページへもどる)

下図はUltimate Boot CDで起動させた画面です。(画像はクリックで拡大します)
031.jpg

アイコン1
 起動画面のアイコン「Disk Health」を起動させます。


正常HDD_1

 最初に正常なHDDを
 チェックしてみました。
 結果は PASSED と
 表示されいます。
 
 
 (画像はクリックで拡大します)


SMART(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)とは,HDDに内蔵された自己診断機能のことで,セクタ不良で切替えた回数,読み込みエラーや温度などの情報をHDD内部に記録しています。
52_正常なHDD


 メニューのDeviceで
 詳細を開いた画面です。
 黄色の枠で囲まれた部分
 にPASSEDと表示がされて
 います。
 このHDDは正常です。
 (画像はクリックで拡大します)



起動しないパソコンのHDDを調べてみました。
60_起動しないHDD 
  基本チェック結果が
 赤文字でFAILED
 となっています。
 HDDのアイコンが
 赤色になっています。




 更に,「まもなくダメに
 なる,早くバックアップを」
 と警告が表示されて
 います。
 (画像はクリックで拡大します)



61_起動しないHDD2 
 メニューのDeviceで
 詳細を開いた画面でも
 赤色でFAILEDと表示が
 されています。
 (画像はクリックで拡大します)



Attributes タグを開くと,HDDの自己診断機能SMART(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)のデータが表示され,[Reallcated Sector Cont]が赤色で16376と非常に大きい値になっています。この数値はセクター読み取り不良が起きた時に代替した数と考えます。Norm-ed Valuの値がThresholdを大きく下回っていて最悪の状態です(Thresholdより小さくなると危険)。
こんなに大きな数値になっているHDDを初めて見ました。どのようなPCの使い方で,このような異常に大きい不良状態となるか想像ができません。HDD個体の製造不良なら理解できます。
024.jpg

上図のデータを見て「こんなに大きな数値では起動時にHDDからOSを読みだす動作中に正常に読めない状態が生じていても不思議はない」と判断しました。このHDDを使ってパソコンを正常に戻すことをあきらめました。
でも,HDDの中のデータを取り出してとの要望なのでデータ救出(Data Salvage)にチャレンジします。

セクター不良で切替えた数が16376も発生していて,ほどなく壊れると警告表示がでたHDDなので,データ救出を急いで試みました。
020.jpg
 アイコンFile Manegerを起動します。

File Maneger画面の左側でHDDを選択すると,右側へその中のファイルが表示されます。
このファイルの中で自分が作ったデータが入っているファイルを開いて確認します(下図の赤枠は1つの例)。(画像はクリックで拡大します)
   2_00861.jpg
上図は手順の説明のためのもので,不良HDDのものとは異なります。

データが入っているファイルを右クリックしてコピーします(下図の黄色○)。(画像はクリックで拡大します)
   3_DSC00863.jpg

左側でUSBメモリを選びます。右側の空きの部分で右クリックして「貼り付け」します。下図の赤枠のようにUSBの中へデータが取り出せました。この状態で開くと「日本語文字が化けているかもしれません⇒理由はCDソフトで日本語が表示できない)。 正常なWindowsパソコンでUSBメモリを開くと正しく読めるでしょう。(画像はクリックで拡大します)
   4_DSC00864.jpg

今回は以上の操作でデーター救出(Data Salvage)ができましたが,この方法でどのようなHDDからでもデータが取り出せるとは言えません。
Ultimate Boot CDでもHDDが見えない(認識されない)状態までトラブルが進んでいるものはデータが取り出せません。
何らかの原因で,ディスクに多数の傷が付き,マスターファイルテーブル(MFT)とそのミラーテーブルなどがデータがメタメタに壊れているような場合はデータの救出ができないと思います。

Tool [TestDisk]の説明を省略しますが,不良HDDのMFTの修復を「TestDisk」で試みましたが,OSが入っているパーティションのMFTの修復ができない状態となっていました(下図)。
          (画像はクリックで拡大します)
   5_DSC00872.jpg

後日,この不良HDDを他のPCのUSBポートへ取り付けて Crystal Disk Info でSMARTが読めましたので参考に添付します(下図)。基本的には同じです(日本語表示,数値が16進)。このHDDは動作時間が251時間と非常に短いのに不良が生じたのは製造不良としか言いようがありません。
   故障HDDのSMART

HDDのセクター不良がひどくない場合はWindows PE を使ってデータ救出を試みるのが楽かもしれません。これらの他にはKNOPPIX_CDを使用して救出を試みる方法もあります。

Windows PE 起動CDの作り方は ⇒ こちら 

Ultimate boot CD作り方は  ⇒ こちら(前ページへもどる)

KNOPPIX_起動CD 作り方は⇒ こちら 

総目次へもどるは ⇒ こちら


  1. 2014/09/17(水) 15:12:03|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Windows PE CDを作る | ホーム | Ultimate boot CD (UBCD) の作成と起動方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/176-5d1a62c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)