皆空の中で...

地デジ屋根裏アンテナ

地デジアンテナを屋根裏へ設置---地デジアンテナを自分で安価に
                                  総目次へもどるは ⇒ こちら

地デジを見る手段として様々な方法があります。
ケーブルテレビ(CATV)の利用は,アンテナを建てなくて良い,多チャンネルを見ることができるなど便利ですが,ケーブル会社へ利用料金を支払い続けることになります。

利用料金の安いケーブル会社の場合でも,料金を2年間払えばその合計は5万円以上となるでしょう。自宅の屋根の上に地デジアンテナを建てると,建設費用(初期のみ)が必要です。その費用はアンテナの種類と,同軸ケーブル配線数によって差がありますが,電気屋へ依頼すれば建設費用は安くても2万円~3万円かかるでしょう。

地デジ前と同じテレビチャンネルが見られれば良い場合は,両者の費用比較で明らかなように,アンテナを建てた方が経済的です。
最も経済的なのは自分で建てる方法です。自分で建てる場合は材料代(アンテナ+同軸ケーブル+F型接栓)のみで済みます。問題は,高い屋根の上へ自分でアンテナを建てられるか・・・です。

ここで発想を変えてみましょう。何故,屋根の上などへアンテナを建てないといけないのかと…
地デジの電波は金属を通過しませんが,木材や屋根材などを通過します。
ですから,屋根の下にアンテナがあってもアンテナへ電波は届きます(受信できます)。
但し,屋根材が,金属板の場合は電波が遮蔽され,受信できない場合があります。

だったらと,木造2階の屋根裏へ地デジアンテナを木ネジと荷造りヒモで吊るしてみました。アンテナはテレビ局の送信所(例:東京タワー)へ向けます。(写真はクリックで拡大します)
屋根裏アンテナ
結果はバッチリと受信できました。
受信地点は,東京タワーから西方向へ17kmの平坦な住宅地です。屋根の上からも東京タワーは見えない地域ですが,各チャンネルの受信数値は78を表示しました。
スカイツリーから送信されると,更に離れた地域でも屋根裏アンテナで十分に受信できるでしょう。
屋根裏アンテナは,屋根馬,マスト,ステーなどが不要です。屋根から落ちる危険性もありません。雨風に全く影響を受けないので10年経っても錆びることがありません。

以上から言えることは,屋根の上にアンテナを建てる前に,まずは,屋根裏へ置いて受信してみる。それでダメだったら,そのアンテナと同軸ケーブルを材料として屋根の上へ建ててもらえば良いのです(材料は無駄になりません)。
屋根裏を利用できない場合は,先ずは,ベランダのカドに1.8m程度のパイプで地デジアンテナを建てて見ましょう。
アンテナの方向は前述のように送信所へ向けます。それで地デジが映ればOKです。スカイツリーになればもっと強く電波が飛んできますから問題ありません。ベランダで映らなかったら,そのアンテナを材料にして建ててもらえば購入したアンテナは無駄にはなりません。

【付録】
写真のアンテナ代は3000円でした。ケーブルは4CFBを15m使用しました。数台のテレビへ分配する場合は分配器を使用します。
アンテナの選択ですが,ネットの「価格・com」の中では,次のようなもので良いでしょう。
価格・comホームページ > 家電 > 地デジアンテナ > と開き,メーカ名をクリックします。
マスプロ:U204G, U14TMH, U144G,
DXアンテナ:UA14P1Z, USA-19D,USA-25D
日本アンテナ:AU-20F, AU-14
これらの機種なら性能もあり,かつ安価です。型名の最初の数字二桁はエレメント数です。エレメント数が多いほど利得が得られます(遠距離向けです)。同メーカで同数エレメントなのに価格が異なるのは,同軸ケーブル接続部がF型接栓式か,ネジ止め式の差と考えます。

各部屋へ分配すると,分配数に応じて,信号のレベルが下がります。その結果,画面がきれいに映らない時は,アンテナに近い位置へブースター(増幅器)を挿入します。
ブースターをネットの「価格・com」で選ぶと簡便で安価なものがあります。
価格・comホームページ > 家電 > テレビブースター >
八木アンテナ: DPW02,DPW03
DXアンテナ: U20L1CB
マスプロ: UB18L-P
日本アンテナ: UPA16K
八木アンテナのDPW02,DPW03の違いは,電源アダプターで動作させるか,テレビから同軸を経由して動作電源を供給して動作させるかの違いです。後者は,テレビを消すと同時に停止するので省エネとなりますが,複数のテレビがある場合は前者でないと困るのではと思います。

総目次へもどるは ⇒ こちら

  1. 2011/10/02(日) 19:08:46|
  2. アマチュア無線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TVアンテナの支線を利用した21MHzループアンテナ | ホーム | NECノートPC Lavie CPU交換(換装)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/14-187ffd1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)