皆空の中で...

35.1アマ試験のための_国際通信憲章・通信条約・無線通信規則の要点

35. 1アマ試験のための_国際通信憲章・通信条約・無線通信規則 
              (1級アマチュアの国際通信の基礎知識です。)
                 1アマ試験の目次はこちら    総目次はこちら

このページは第1級アマチュア無線技士試験(1アマ試験)に出題される問題を解くコツです。
MMクラブの皆さん,アルコールをひかえて試験勉強していますか?

    ---【TKA目次2(1アマ試験問題のやさしい解き方,コツ)】---
       1~24は「1アマ試験の目次」→こちらをご覧ください。
....25.離れた受信点の電界強度の算出問題の解き方
....26.電離層のMUFの算出問題の解き方
....27.アンテナ電流,放射抵抗,放射効率の計算問題の解き方
....28.変調波電圧から変調度を,変調度から波形電圧を算出する
....29.変調度から被変調波電力,電圧を算出する問題の解き方
....30.電信送信電力と電話搬送波電力の比を計算する問題の解き方
....31.変調度100%時の同軸ケーブル最大電圧を計算する問題の解き方
....32.定在波(SWR)の算出問題の解き方
....34.電波の強度の安全基準値の算出方法の出題を解く

1アマ試験の法規問題として,国際通信憲章・通信条約・無線通信規則が出題されますが,「アマチュア局用 電波法令抄録」2012/2013年版(CQ出版)の最終ページの無線通信規則は1アマ試験用としては編集不足なので,試験用に要点を整理しました。

国際電気通信連合(International Telecommunication Union; ITU)が定める文書として,ITU憲章,ITU条約,無線通信規則(Radio Regulations; RR)があります。以下はこれらから出題された過去の1アマ試験問題から拾って整理したものです。
   ITU憲章,ITU条約,無線通信規則(RR)は原文が日本語でないため,アマチュア局に関係する部分の拾いだしは漏れや誤訳でミスが起きるかもしれません。)
次のページが参考なります。
電気通信大学 三橋研究室 講義ノート(2011年版)は → こちら http://www.mlab.ice.uec.ac.jp/
同ページの「第2章 国際電気通信法規」は → こちら http://www.mlab.ice.uec.ac.jp/mit/text/TelecommLaw/2010/Ch2-2010.pdf

     (以下の橙色の文字は,過去の出題におけるキーワードの部分です……私の勝手な選択です。)
国際憲章条約通信規則1
国際憲章条約通信規則2
国際憲章条約通信規則3
この他,RR25条に「アマチュア局の最大電力は関係主管庁が定める」とあります。
(日本の3アマ資格でも,渡航先の国が認めれば50wを超える無線局免許が与えられるかも?)

ITU憲章,ITU条約,無線通信規則(RR)にはマダマダ沢山ありますが,1アマ試験用には以上をしっかり覚ええれば大丈夫でしょう。


(このページは計算問題ではありませんが,国際通信規則は法規試験に多く出題される割には整理した資料が見つからなかったため,参考にとりあげてみました。)

今後の予定はほぼ終わりです。その他の計算問題で質問がありましたらページ下のコメントで連絡ください。


1アマ試験関係の目次へもどる こちら

総目次へもどるは こちら
  1. 2013/03/04(月) 16:35:55|
  2.   1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<OMの開局当時のシャック | ホーム | 34.電波の強度の安全基準値の算出式の出題>>

コメント

目からウロコ

1アマを目指すロートルです。
このBlogをみつけて文系の私には目からウロコです。
参考書ではサッパリですが、解法のわかり易さから合格できるかもと
モチベーションを何とか維持しつつ僅かながら前進しています。

引き続き、文系の爺さんでも理解可能な情報の提供をと願っています。
  1. 2013/03/06(水) 23:50:49 |
  2. URL |
  3. mido #EA9BOhdQ
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
私もロートルです。
所属のHAMクラブのメンバーにそそのかされて書き始めました。
同クラブは無線より,飲み会クラブになっています(飲み会クラブへ私は皆勤ですHi)。
1アマ試験では,計算ミスを防ぐため,有効数字2桁で計算すると良いですね。
例えば,パイ=3.14でなく3.1と2桁だけで計算する方法です。
それでも,正答に近い結果となるので正答を見つけるには十分です。
常識から見てありえない解答を消して,残る解答から正答を探すとか,計算なしで正答を見つける方法など考えてにたいと思います。
試験日まで1月未満の場合は,参考書で勉強するより,過去5年分の問題を解く勉強方法が効果的かもしれません。
法規は過去3年分でも大丈夫でしょう。
それでは,お元気でがんばってください。
  1. 2013/03/07(木) 10:59:32 |
  2. URL |
  3. take103 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take103.blog.fc2.com/tb.php/110-35f931e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)