fc2ブログ

皆空の中で...

Old Macが起動しない時にやってみること(+5V電圧のチェック)

Macintosh Classic 2が起動しない時にやってみること(+5V電圧のチェック)
   Color Classic 2 の場合は ⇒ こちら
                        総目次へもどるは ⇒ こちら

長期保存していたOld Macを動かしてみたら,OSが見つからないと表示され
正常に起動しない・・・などの原因の1つにDC+5vが経年で下がっている場合が
あります。次の手順で調べて調整してみるのも1つの手です。

Old Macのロジックボードを動かすDC+5v,DC+12v電圧はアナログボードの
スイッチング電源回路から供給されます。
この電源回路も経年による部品劣化が進むので,初期は+5vだったもの
が +4.7v まで下がってロジックボードが正常に動作しない状態となっている
Old Macもあります。
電圧チェックと調整は簡単ですから,Old Macは1年に一度はチェックを
実行をしましょう。

次はMacintosh Classic 2 の場合のチェック方法と調整方法です。
Color Classic 2 の場合は ⇒ こちら

最もわかりやすい測定端子は,ハードディスクの電源コネクタの端子です。
(下図はHDDのコネクタ端子と電圧です)。
  001Classic2

HDDコネクタ端子は筐体をあけないとい見えません。筐体を開けないで電圧をチェック
する方法は、次のOld Macの背面のADB端子の電圧を測定する方法です。
次はMacintosh Classic 2の背面です。黄色矢印がADB端子です。
  (総ての画面はクリックで拡大できます)
  002Classic2 背面


ADB端子には下図のように3番端子に5vが供給されています。
   002ADB端子b


下図は3番端子と4番端子間の電圧を測定した結果です。
    (調整済みなので表示が5.20vとなっています)
この値が4.85v以下になるとMacが正常に起動しない症状が起きたりします。
   004Classic2 ADB電圧測定



+5v以下の場合は次の手順で電圧を正常値にします。
【電圧調整の方法】

次の写真は Macintosh Classic 2の内部です。
アナログボードの奥に「+5v電圧調整用半固定抵抗器」があります。
配線コードなどで見つけにくい位置(黄色矢印の先)にあります。
  005Classic内部



次は上の黄色矢印の先を拡大したものです。
次の写真の黄色枠の部分の黒丸の部品が電圧調整用の半固定抵抗器 PP1 です。
   006拡大図



次は更に拡大した写真です。半固定抵抗器 PP1です。
   006b半固定抵抗器


半固定抵抗器 PP1を少しずつ回転させて電圧を+5vへ回復させます。
(電圧の上限は規格値の+5%の 5.25v 程度が良いでしょう。)

【注意点】
Color Classic 2 の電圧調整のページにも書きましたが,
CRTへは高圧電圧がかかっているので,調整用ドライバーとして
金属シャフトのドライバーを使用する場合は十分に絶縁すること。
シャフトが短いドライバーは「割りばし」3本を束ねてシャフト部を
長くするなど工夫をして、安全作業をしてください。
参考:Color Classic 2 の場合は ⇒ こちら


総目次へもどるは ⇒ こちら
  1. 2022/12/07(水) 18:21:02|
  2. Old Mac
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0