fc2ブログ

皆空の中で...

SHARP AQUOS テレビ LC-19P5 突然 画面が消える 原因と修理

シャープ アクオス テレビ 突然 画面が消える 原因と修理
   SHARP AQUOS LC-19P5の修理
                総目次へもどるは ⇒ こちら


SHARP AQUOS テレビ LC-19P5の画面が消えて真っ暗となりました。

(症状1)突然テレビの映像画面が真っ暗となり,音声のみ聞こえる。
       (画面下部のLEDは緑色)。

(症状2)症状1の後,画面に映像が現れるが,数秒で再び真っ暗
      となり音声も止まる(LEDは赤色)。

(症状3)ACコンセントを抜き5分ほど放置してから電源を入れると
      映像も音声も正常になるが,10~30秒後に症状2の状態となる。

症状1から、
 ・テレビ電波受信回路,音声回路等は動作をしてるが,映像回路,
  液晶ディスプレイの動作が停止していると考えられます。
  
症状2から
 ・全ての回路が正常に動作する状態にもどるが,数秒後に映像回路,
  液晶ディスプレイ,受信・音声回路など全回路が動作停止している
  と考えられます。

症状3から
 ・ACコンセントを抜いて5分ほど休ませると映像も音声も一時的に
  正常になるので,半導体などの部品不良ではないと考えられます。
   (部品不良であれば一時的に正常にもどることが少ない)

以上から, 
 ・回路の温度が下がると正常に動作をするが,回路部品の温度が
  上がると回路が正常動作をしない状態が起きていると推測しました。

長年の経験から「発熱する半導体の足とプリント基板のパターンを接続
しているハンダに劣化が発生している」のではと ピンと感じました。


次の写真はAQUOS LC-19P51の裏カバーをはずした状態です。
右側は電波受信からディスプレイ駆動回路まで含むメイン基板です。
左側はAC100vからDC12vなどを作り,メイン基板および液晶パネルへ
電源を供給する電源基板です。
02_LC-19P5基板



上記の症状2と症状3から「電源基板の部品の足のハンダが温度上昇
するとハンダと部品の接続が不完全になる現象がおきている」のでは
と感じたので,電源基板の部品の足にハンダを追加してみることにしました。

次の写真の黄色丸印が 動作中に温度が上昇しそうな部品です。
橙色丸の部品は 上昇した温度を放熱するために放熱板に接続されて
いる半導体です。
04_電源回路基板2



次は電源基板の裏側の写真です。写真の丸印にハンダを追加しました。
05_電源回路基板裏側2


メイン基板は3層の基板に高密度のLSIやチップ部品が実装されていて,
ハンダ修理できる基板ではないので,何もしません、


電源基板へのハンダ追加を終え,追加による隣接パターンとの
接触が起きていないかを虫眼鏡で点検します。

点検を終えて テレビの電源を入れたところ,電源基板の機能が正常に
動作する状態へ回復したようで,画面が消える症状から回復しました。


追記:
私は 多くの家電品で「プリント基板のハンダ劣化」を体験しています。
なぜハンダが劣化して「接続不安定になるのか」ですが,
熱を発生する部品の足の熱膨張係数と,プリント基板のパターンの
熱膨張係数と,ハンダの熱膨張係数が異なることが原因と考えます。

異なる熱膨張係数で,膨張と収縮を繰り返すと ハンダ接続部に
微小のクラックが発生し,そのクラックが大きくなって部品の足と
基板のパターンの接続状態が不安定になると考えます。
(微小クラックは顕微鏡で見る程度の小さなものです)

今回は,写真のように多くの部品の足を暖めなおしましたが,
放熱板が取り付けられている2つの中型半導体の足にハンダを
追加しただけでも回復したかもしれません。


総目次へもどるは ⇒ こちら




  1. 2022/07/19(火) 16:10:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0