fc2ブログ

皆空の中で...

R2年12月 1アマ試験工学 解き方と過去問(速報)

令和2年12月(HZ212) 1アマ試験工学問題 解き方(速報)と過去問

     1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    総目次は ⇒ こちら

    このページは R2年12月の1アマ試験に出題された工学A問題と過去問の関係です。
    過去問の解き方は「1アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」⇒こちらを開いてください。 
    計算問題の具体的な解説ページを作成した時点でこのページは書き換えます。


A-1:平行平板コンデンサの計算問題 
HZ212A1.jpg
   頻繁に出題されている問題を少し変形したものです。
   (H29年12月,H28年4月,H26年12月にも出題)
   平行平板の静電容量は「板の面積と誘電率に比例し,板の間隔幅に反比例する」
   を知っていれば解けます。
   過去問と解き方は上記の目次ページへ戻り,目次番号12の
   「....12.平行板電極間の静電容量の算出問題の正答を見つける」を参照ください。
   今回の問題を解いて見ましょう。

   HZ212A1a.jpg

 



A-2:コイルの電気的性質(知識を問う出題) : 正答は番号4
   この問題は計算問題ではなく,知識を問うものです。
   1アマとしては易しいでしょう(2アマレベル)。
   計算問題ではないので解説はスキップします。




A-3:平衡状態の交流ブリッジ 
HZ212A3.jpg
   H29年8月の1ママ試験に出題されています。
   解き方は1アマ目次ページから
   「....49.【追加】H29年08月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける」
   を開いてください。
   平衡状態の時は,RaとRbの比=RsとRxの比,
          RaとRbの比=CsとCxのリアクタンス値の比
   となるので簡単に解けます。
   (交流ブリッジの問題はR2年9月期の1総通A19に,同年同期の2総通A21に
    出題されています。 1アマ試験が1総通レベルになりつつある?)


   今回の問題を解いてみましょうか。

     HZ212A3a1.jpg


  



A-4:並列共振回路の共振時のインピーダンスからCを求める 
HZ212A4.jpg
   H23年12月、H24年12月,H26年12月と繰り返し出題されています。
   (コイルLにrが直列の並列共振回路は表皮効果によるrが発生するので実際の回路の1つです)
   解き方がわからない時は,1アマ目次ページから
   「....16.並列共振回路の共振時のインピーダンスからL,Cの値を算出する」を
   開いてください。
   今回の問題を解いて見ましょう。

   HZ212A4a.jpg

   Z=L/CR の式が成り立つ解説は,1アマ目次ページから
   「....16.並列共振回路の共振時のインピーダンスからL,Cの値を算出」を開いてください。



   
   



A-5:フイルターの電気的性質 : 正答は番号5
   パイ型ローパスフィルタの知識を問うものです。
   遮断周波数の式を問う点は初めてかも?



A-6:トランジスタの静特性 
HZ212A6.jpg
   計算問題ではなく,基礎知識を問う問題です。
   これまで1アマには出題されていないと思いますが,やさしい問題です。
   見慣れない「トランジスタの電圧電流特性図」を見て驚いてはいけません。
   設問を落ち着いて読めば正答は簡単にみつかります。(国語の問題です)
   
   (1)の設問は「Δ Ic/ΔIce 」ですから,Ic=コレクタ電流側、即ち「出力」側の特性です。
         (この時点で Aは正答番号の1,2,3の中にあるとわかります)
   (2)の設問は「ΔIc/ΔIb」,即ち,ベース電流に対するコレクタ電流ですから
     「電流」の増幅率とわかります。
         (この時点で Bは正答番号1とわかります)
   (3)の設問は「ΔVbe/ΔIb」、即ち,ベース電流に対するベースエミッタ間の電圧です
     から「入力」側とわかります。
         (Cは正答番号1とわかります)
                                 以上より: 正答は番号1                          

      (R2年3月 1級総合無線通信士、1級海上無線通信士 AK・XK203 に
       ほぼ同じ問題が出題されています。)





A-7:電界効果トランジスタ(FET)の知識 : 正答は番号5
   FETの一般的な知識なので特に難しくないでしょう。


A-8:増幅回路の雑音指数の知識 : 正答は番号3
   フリッカー雑音(1/f 雑音)は周波数が高くなると小さくなる
   (分数 1/f の分母の f が大きくなれば,雑音数値は小さくなる)
   ことを知っていれば誤りは見つかります。


A-9:オペアンプの知識 : 正答は番号3
   オペアンプの知識があれば簡単。



A-10:コルピッツ発信回路の発信周波数からコイルを求める
HZ212A10.jpg
    これまではハートレー発信回路で出題されたが,発信回路をコルピッツへ変更したもの。
    出題のLC共振回路のCが400pFの直列なので,Cを400pFの1/2=200pFとして
    周波数を計算すれば求められます。
    解いてみましょう。
    HZ212A10a.jpg




A-11:SSB送信機の終段電力増幅回路の知識 : 正答は番号4
    真空管電力増幅回路でも言える知識
   


A-12:FM送信機の知識 : 正答は番号5
    SSB送信機ではないから終段はC級とするのが効率的です。



A-13:スプリアス発射,不要発射の強度と許容値 : 正答は番号4
    R1年8月に出題されている。
    500Wのー40dbは50mWなので10mWは許容値を越えていない。
    500Wの-50dbは5mWなので許容値50mWを越えている。



A-14:各種電波形式の復調の知識 : 正答は番号2
    二乗検波の特徴を知っているかを問う出題です。


A-15:SDR受信機の知識 : 正答は番号1
    新しいSDR技術の知識を問う出題です。



A-16:ツエナーダイオードの定電圧回路 : 正答は番号4
HZ212A16.jpg
    H29年8月、H25年4月の問題の数値を変更したものです。
    解いて見ましょうか。
   HZ212A16a.jpg




A-17:チョッパー型DC/DCコンバータの知識 : 正答は番号2
    同方式の知識を問う出題です。   



A-18:単巻変圧器の電流
HZ212A18.jpg
   1アマ試験ではめずらしいと思いましたが,読者の方からH17年8月,H11年8月に類似のものが
   出題されていますと連絡をいただきました。 久しぶりの出題ですね。

    

    HZ212A18a.jpg

    ポイント: yzの電流=(2次側の電流)ー(1次側の電流)を習得しているかですね。
   

    
A-19:フォールデットダイポールANTの知識 : 正答は番号2
    2線式折返し半端長ダイポール
    インピーダンスは理論上292 [Ω]です
    利得はダイポールと同じ、
    実効長はダイポールの倍の2λ/π [m]です。


A-20:同軸ケーブルの知識   : 正答は番号1
     基本的な知識を問うもの



A-21:方形導波管の遮断周波数
HZ212A21.jpg
 方形導波管の遮断周波数 f は
      f =(光速)/(導波管の内側長辺×2)
     HZ212A21a.jpg
                       正答は番号2

       (1アマ試験では初めての出題?
        R2年9月期の3級総通A-12の問題と同じ。
        R2年9月期の2級総通A-7にも類題が出題されている。
        総通クラスの試験問題が1アマ試験問題へ使用されるように変わってきている)




A-22:電離層伝搬の知識 : 正答は番号3
    電離層の知識を問う出題です。



A-23:相対利得のあるANTからの受信電界強度で送受信間の距離を計算
HZ212A23.jpg
    頻繁に繰り返し出題されている問題です。
    その多くは与えられた式へ数値を代入して受信電界強度Eを求めるものです。
     (H20年12月,H21年12月,H24年4月,H25年4月,H26年8月,H27年8月,H28年12月)
    時々,今回のように受信電界強度Eの値を示して,距離を求めるものもあります。
           (H19年8月,H30年4月)
    解き方は1アマ目次ページ ⇒こちら から
    「....25.離れた受信点の電界強度の算出問題の正答を見つける」を開き,
    その中の25.4 練習問題 を参考にしてください。

                              正答は番号1になりましたか?



A-24:SSB送信機の空中線電力の測定 知識 : 正答は番号4
    新しく出題された問題かな?
    SWR計を使用している人なら簡単にわかるでしょう。


A-25:リサージュ図の知識 :正答は番号4
    1アマ試験では初めての出題かも?
    図形4は 3π/4 (位相差135度)の波形です。
    3π/2 (位相差270度)の波形ではありません。



計算問題の具体的な解き方の解説ページを作成した時点でこのページは書き換えます。


感想:R2年12月の問題は,1総通の試験問題や電検2種など
   の問題を取り入れるなど新しい問題が増えています。
   1アマ試験問題作成の担当が新しい人へ変わったのかも?



 1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    

総目次は
 ⇒ こちら





  1. 2020/12/25(金) 21:03:13|
  2.  1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ