fc2ブログ

皆空の中で...

R2年9月期 1アマ試験工学(HZ209)の計算問題の解き方(正答の求め方)

R2年9月期 1アマ試験工学(HZ209)の計算問題の解き方(正答の求め方)
    令和2年9月期1アマ試験HZ209計算問題 解き方
        ページはブラウザGoogle Chromeで開いた場合を想定して編集しています。
          Internet Explorerでは改行位置のずれ等が生ずる場合があります。

   1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら   総目次は ⇒ こちら    
            
    このページは次の計算問題の正答の求め方をまとめて掲載してあります。
       ・HZ209 A-1: 2つの点電荷からの電界の強さを求める。
       ・HZ209 A-2: 環状鉄心の磁束を表す正しい式を見つける。
       ・HZ209 A-3: ラダー形状の抵抗値を求める。
       ・HZ209 A-4: 皮相電力,実効電力,力率を求める。
       ・HZ209 A-10: オペアンプの電圧利得を求める。
       ・HZ209 A-12: 変調度から被変調波電力を求める。
       ・HZ209 A-20: 変調度100%時の同軸ケーブル最大電圧を求める
       ・HZ209 A-22: 受信ANTの高さ,電波の見通し距離から送信ANTの高さを求める。     

                              合格への勉強方法は ⇒ こちら


【R2年9月 HZ209 A1】
HZ209 A1-2
 この問題は,点電荷Qから距離 r 点の電界の強さEを求め,方向が異なる
 電界の強さ(ベクトル)を分解し,合成する出題です。 
 平成30年(2019年)3月の第1級総合無線通信士・第1級海上無線通信士の
 試験問題の数値を√2へ変更し, 少し難しくして出題したものです。
    1総通・1海通の問題は下部の参考ご覧ください。
 解いてみましょう。
   HZ209 A1a
   HZ209 A1a2
   HZ209 A1a3


 【参考】
   次はH30年3月の第1級総合無線通信士・第1級海上無線通信士試験に
   出題されたもの。 a-b間,c-d間の値が整数で,かつシンプルなので
   1アマ出題問題より易しいかも? (問題文の記述は省略)

   参考_1総通の問題2





【R2年9月 HZ209 A2】
HZ209 A2
 この出題は計算問題でなく,基礎の理解度を問う問題です。
 基礎が理解できていれば,式を忘れていても次のように整理することで正答を見つける
ことができます。
HZ209 A2a1




【R2年9月 HZ209 A3】
HZ209 A3
 この出題は2アマレベル以下です。
 計算問題と言えるレベルではありませんが,参考として解説します。
   HZ209 A3a
   HZ209 A3a2





【R2年9月 HZ209 A4】
HZ209 A4
この出題も計算問題とは言えませんが・・・
  HZ209 A4a




【R2年9月 HZ209 A10】
HZ209 A10
  この問題は数値を変えて度々出題されています。
  解き方は目次の「22.オペアンプの電圧利得の計算 コツ」  ⇒ こちらです。
  H26年8月、H28年12月、H30年4月にも類似の問題が出題されています。
  目次ページからそれらを開いて参考にしてください。

                      正答は番号5  18[db] となりましたか。





【R2年9月 HZ209 A12】
HZ209 A12
 この問題は変調度による増加した電力を求めるもので,過去出題の中ではシンプルなものです。
  解き方は,目次ページの「29.変調度から被変調波電力,電圧を算出する問題の解き方」 ⇒ こちら
  にもどってください。
  H25年12月、H27年4月の出題も参考にしてください。

                      正答は番号2 となりましたか?




【R2年9月 HZ209 A20】
HZ209 A20
  この問題は過去たびたび出題されています。
  解き方は目次ページの「31.1 変調度100%時の同軸ケーブル最大電圧を計算する問題の解き方」
  にもどってください。 ⇒ こちらです。
  H25年8月、H27年8月、H28年12月 の解き方のページも開いて見てください。

               正答は番号4 となりましたか?




【R2年9月 HZ209 A22】
HZ209 A22
この問題はH29年8月に出題されたものを少し変えたものです。
H29年8月のページは ⇒ こちら  
せっかくですから解いてみましょう。
  HZ209 A22a2




あとがき: 
   今期の試験では,A-1の問題を見て「これまでにない出題だ 難しい」と感じた方がおられたかも。
   A-1の解き方の【参考】に引用した1総通・1海通の問題より1アマの方が若干難しいかも?ですね~。
   昭和30年代の試験はガリ版印刷の試験問題でした。 問題と次の問題の空白を利用して計算し,
   答えを手書きで書きました。 (現在のように用意されたものから正しいものを選ぶ方式ではない)
   当時の1アマ試験は,
   1次試験として無線実技(無線電信電話機器の操作,簡単な故障修理知識を問う),欧文60文字/分,
   和文50文字/分の速度による 5分間の送信受信実技があり,それに合格すると,2次試験として
   無線工学と法規の筆記試験が受けられる流れでした。
   当時の1アマ試験の合格率は現在とは比較にならぬほど低率でした。




1アマ 計算問題の解き方の目次ページは ⇒ こちら    

総目次ページは
 ⇒ こちら
 









  1. 2020/10/08(木) 11:14:13|
  2.  1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1