皆空の中で...

H27年12月期 2アマ試験工学(IZ712)の計算問題の解き方(正答の求め方)

H27年12月期 2アマ試験工学(IZ712)の計算問題の解き方(正答の求め方)
        各ページはブラウザGoogle Chromeで開いた場合を想定して編集しています。
          Internet Explorerでは改行位置のずれ等が生ずる場合があります。

                 2アマ試験工学の目次は ⇒ こちら      総目次は ⇒ こちら

     このページには次の計算問題の正答の求め方をまとめて掲載してあります
       ・IZ712 A-2: 容量から並列コンデンサーの電荷を算出する
       ・IZ712 A-3: LR並列回路のインピーダンスと電流を算出する
       ・IZ712 A-5: 抵抗に流れる電流を算出する
       ・IZ712 A-9: 共振周波数が同じとなる並列コンデンサーの容量を算出する
        

                                       合格への勉強方法は ⇒ こちら


【H27年8月 IZ712 A-2】

IZ712A2.jpg
  コンデンサー容量と電荷の問題は過去からくりかえし出題されています。
  過去の出題と解き方は ⇒ こちら。今回の出題は簡単なので,過去の出題で勉強してください。
  せっかくですから今回のもを解いてみましょう。
   IZ712A2a.jpg

【H27年8月 IZ712 A-3】

IZ712A3.jpg
  この出題も過去のものを数値を変更して再出題したものです。
  過去の出題と解き方は ⇒ こちら です。
  せっかくですから今回のもを解いてみましょう。
   IZ712A3a1.jpg
                                           正答は番号1 [1.2A]ですね。

 【手抜き手法? で正答を見つけてみましょうか】
  (1) コイルが無い時,電流は12V÷14.1Ω=0.851A・・・・ 0.85より大きい。
  (2) コイル無しでも0.85Aを超えるのだから,コイルが入れば電流はそれ以上になる。
  (3) 電流値が0.85以下の解答番号2,3,4 はありえない ⇒ 正答は残りの番号1となる!!

    なんで,パット見てありえないような数値を解答にしているのでしょうかね~


【H27年8月 IZ712 A-5】

IZ712A5.jpg
  この問題も過去出題のものを数値を変えて出題されたものです。
  過去の出題と解き方は ⇒ こちらへもどってください。
  せっかくですから解いてみましょう。
   IZ712A5a.jpg

【H27年8月 IZ712 A-9】

IZ712A9.jpg
  回路をみると難しい計算問題のように見えますが,出題の文章を繰り返し読むと解き方がわかります。

  スイッチSが閉じてCvが93pF+Cxの時の共振周波数と,スイッチSが開いてCv=135pFの時の
  共振周波数が同じなので,93pF+Cxが135pFにならねばなりません。
  93+Cx=135 となるためには Cx=135-93=42となります。(手抜きではありません)

                  簡単ですね~    正答は解答番号1 [42pF]


  以上のような解き方で良いの~と思う方へ,細かい手順で解いてみましょう。
   IZ712A9a.jpg


【付録】
【H27年8月 IZ712 A-17】

A-17 712_2
  この出題は計算問題ではありませんが,電力比のdBと電圧比のdBについて
  誤るかもしれませんので取り上げてみました。

    出題の条件を読むと
    送信ANTから受信ANTへ直接届く 「直接波」と,途中の大地で反射して受信ANTへ届く
    「大地反射波」の 「位相が同じ,大きさが同じ」 となっています。

    位相が同じで大きさの同じものが重なるので波形は2倍になります。(電界強度が2倍)。
    電界強度の単位は[V/m]です。電力でなく電圧です。
    電力の時は2倍は3dBですが,電圧の場合は2倍は6dBとなります。

    電力の場合と電圧の場合のdBについては ⇒ こちらを参考にしてください。
                                 (1アマのページです)
    参考,
    送受信ANTの高さに比べ,送信受信間の距離が非常に大きいのが実際で,このような時は
    大地反射波の振動方向が直接波の振動を打ち消す方向となるので電界強度は弱められます。
            
     距離の離れた受信点における電界強度の計算については ⇒ こちを参考にしてください。
                              (1アマのページです)


2アマ試験工学の目次は ⇒ こちら      

総目次は
 ⇒ こちら
  1. 2015/12/17(木) 16:05:04|
  2.   2アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ