皆空の中で...

ライナー 15BとLiner 15(21MHzSSBトランシーバー)

21MHzSSBトランシーバー「ライナー 15」と「ライナー 15B(Belcom Liner 15B)

                                        総目次へもどるは ⇒ こちら
物置から21MHz専用の小型SSBトランシーバが出てきました。
1975年の沖縄海洋博記念太平洋シングルハンドレースに出廷したヨットオケラ3世に搭載した10Wのトランシーバー「Belcom Liner 15B」の予備機です。
CQ197509月号日本電業PR
 左はCQ誌1975年9月号の
 ページです。
 
 写真の左上から2段目を
 拡大するとヨットオケラ3世
 に設置したLiner15Bが
 見えます。
 ヨット オケラ3世は
 ⇒ こちら  

 (画像をクリックし,
 再度クリックすると拡大します)

 
 ライナー15は日本電業㈱から
 Belcom Liner 15の商品名で
 販売されていました。

 初期はBelcom KAPPA 15の
 名前でした。

 このトランシーバー姉妹機として,
 左の広告の機種の他,
   Liner 2(144MHzSSB機),
   Liner 6(50MHzSSB機),
   Liner 10(28MHzSSB機),
 がありました。



     (画像をクリックすると拡大します)
1_Liner15写真
 左はライナー15です。
 中央のダイヤルを回し,
 10KHzステップで周波数
 を選択します。
 選択した周波数の前後は
 ±5KHzのVXOでカバー
 します。

     (画像はクリックで拡大します)
4_Limer15と15B

 ライナー15Bも保管されていました。
 上がライナー15,
 下がライナー15Bです。

 写真のライナー15Bのツマミは
 純正品から交換されています。
 上のライナー15のツマミが純正の
 ものです。

 純正のメインのツマミは角が鋭く,
 手を切りそうでした。

     (画像はクリックで拡大します)
3_Liner15B.jpg
 Liner 15Bの文字が
 見える角度からの
 写真です。

     (画像はクリックで拡大します)
6_Liner15内部2 Liner 15の内部です。
 しっかりとした作りには
 見えません。
 (安価な部品で組立てた
 CB無線機の感じです)

 中央上のアルミ板の白い
 トランジスタが送信電力用
 の2SC1239です。

 2SC1239で出力10Wを
 得るため,動作電圧を
 24Vへアップしています。

 左上の変圧器H16が
 24Vアップ用DC/DC
 コンバータのものです。

 当時は12Vで効率よく
 増幅できる高周波電力
 増幅用のトランジスタが
 無かったのでしょうね~。

     (画像はクリックで拡大します)
7_Liner15B_1.jpg
 ライナー15Bの内部です。

 ライナー15と比べると,
 右上と左上の部分に
 隙間ができています。

 送信電力増幅用の
 トランジスターが
 高性能の2SC1307へ
 変更されています。

 2SC1307は12Vで
 効率よく動作するため
 24VへアップするDC/DC
 コンバーターは取外され
 ました。

   下はLiner 15Bの部分拡大写真です。  (画像はクリックで拡大します)  
8_Liner15Bの改良部 ピンク枠はDC/DC
 コンバーターが
 有った部分です。

 緑枠の部分は,
 AF電力増幅ICの
 部分です。
 新型のICへ交換
 されています。

 黄色枠の部分が
 送信電力を10Wへ
 増幅する部分です。


   下は送信電力増幅部を拡大したものです。  (画像はクリックで拡大します)
9_Liner15B送信出力部
 10Wへ電力増幅
 する2SC1307付近
 の拡大写真です。
 
 10W出力用として
 こんな小さなコイル
 で大丈夫かなと
 不安です。


Belcom KAPPA

 Liner15,Liner15Bの
 プリント基板裏の中央に
 「KAPPA」の名前があります。

 設計・製造ラインにおける
 品名はKAPPAだったのでしょう。



ライナー15とライナー15Bをテストしてみました。
30年ほど通電していないのに受信動作はほぼ正常でした。
メインダイヤルの接点不良が生じていましたが,回転させているうちに接点の接触不良は少なくなりました。ボリュウムもガリが生じていましたが回転させているうちに安定しました。

Liner15Bは送信電力は10W近く得られましたが,Liner15は送信出力が小さい状態でした。
20年以上,物置で保管状態だったのに,Liner15Bが問題なく動作するのには驚きました。
内部配線にコネクターを使用せず,全てハンダ接続なので,接触不安定などが生じにくいためでしょう。(その点,TS940などはコネクタ接続部の不良が多くて困ります。

【参考1】 Liner15 ,Liner15Bの基本構成図(Basic circuit composition)
Liner15, Liner15Bの基本構成は下図のように2群の水晶発振回路を組み合わせたシンセサイザー式によるシングルコンバージョン方式です。
Liner 15Bではトランジスタが赤文字のように改良されました。送信電力増幅がタフで効率の良いNECの2SC1307へ改良され,ラフな使用にも耐えられるようになりました。また,受信部の初段がFET化されたことで近接通信時の飽和現象が改善されました。
                   Liner15 ,Liner15Bの基本構成図(Basic circuit composition)
                              (画像はクリックで拡大します)
8_Liner15_15B構成図

【参考2】 ライナー15B 回路図( Belcom Liner 15B circuit diagram)
               (回路図はクリックで全画面表示になり,再度クリックで拡大できます)
11_Liner15B回路図2

【参考3】 ライナー15 回路図( Belcom Liner 15 circuit diagram)
                    (回路図はクリックで全画面表示になり,再度クリックで拡大できます)
10_Liner15 回路図3

【雑感】
ライナー15Bの価格は68,000円でした。当時,トリオ(ケンウッド)の本格派オールバンド100WトランシーバーTS520Dが129,800円でした。それと比較すると,CB無線機の材料の流用と言うか安い部品で作られているライナー15Bの価格68,000円は高すぎると思いました。
TS520DやFT101シリーズにはアマチュア無線技術者を魅するモノ作りを感じましたが,ライナー15はそのような感じが少ないモノ作りでした。ライナー15から15Bへの改良時にも,上の写真でわかるように,旧設計のプリント基板をそのまま流用しており,アマチュア無線技術者を魅する工夫が見えませんでした。取扱説明書もTS520DやFT101と比べて貧弱でした(経営者がアマチュア無線への思い入れが少なかったのかも)。
ライナーシリーズのメーカ「Belcom 日本電業株式会社」はアマチュア無線技術者の心をとらえた無線機メーカとして生き残れず,1980年代半ばに富士通(株)による資本参加を経て,やがて社名も富士通ワイヤレスシステムズ(株)に変更となりました。


総目次へもどるは ⇒ こちら



  1. 2014/07/23(水) 22:45:44|
  2. アマチュア無線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ