皆空の中で...

1アマ試験_晴海試験センター

無線従事者国家試験(1アマ試験)を東京晴海の日本無線協会_試験センター(3階)で受験する方へのあれこれです。(昼食に便利な店など)。
                 1アマ試験_計算問題の目次へもどるは→こちら    総目次へもどるは→こちら

1.試験場(東京の場合):
  日本無線協会 試験センター3階_(中央区晴海 3-3-3 電話 03-3533-6022)

2.交通
  東京(晴海)の試験センターへはバスも利用できますが,都営地下鉄_大江戸線「勝どき」駅の利用が確実です。
  「勝どき」駅は出口A3から出て,晴海通りを南東方向へ600mほど歩き,晴海3丁目交差点を右にまがって100m弱で試験センターへ到着します(下記地図を参照)。
  試験開始時間の15分前には入室が必要です。(15分前では試験場はほぼ満室となっていて3人机の中央しか空いていない状態となるので,試験センターへ早めに着くようにします。)

3.試験開始時刻  (1アマの場合)
  (1) 法規(9時30分より:受験票を確認すること)
  (2) 無線工学(13時00分より:受験票を確認すること)

4.試験場で必要なもの(机の上に置けるもの)
  (1) 受験票(写真付き)
  (2) 鉛筆またはシャープペンシル(濃いものが良い)
  (3) 消しゴム
 
  これ以外のものは机の上に置けません。筆記用具入れも机の上に置けません。
  電卓,計算尺は使用ができません。時計は室内正面にあるはずです。
  計算用紙も持ち込めません。(問題用紙の裏面を利用できます。問題用紙は持ち帰れます)

5.試験が開始したら
  (1) 各試験時間は十分にあるので「あせらない」ようにしましょう。
  (2) 問題順でなく解けるものから解くと良いでしょう。
  (3) デシベルの計算で使用する4つの真数に対応するdbの値などを忘れないうちに,答案用紙のすみに書いておくとよいかもですよ。真数に対応するdbの値は→こちら
  (4) パイの値(3.14),ルート2の値(1.41)などを用いて計算する場合は,3.14は3.1を,1.41は1.4でと2ケタで計算しても正答は見つかります。計算ミスを防ぐ方法の1つです。
  (5) 計算問題で正規の計算式を忘れた場合は,別の手順で考えてみましょう。
      例1:接地抵抗値の正答を正規の計算式によらない手順で見つけるコツは →こちら
        例2:LCR並列回路の正答を正規の計算式によらない手順で見つけるコツは→こちら

  (6) 解き方がわからない問題はあきらめて,既に解いた問題でうっかりミスをおこしていないか十分に再確認をしましょう。

6.午後の無線工学までの時間
  法規は1時間ほど経過したら提出が許されますが,午後まで時間が十分にあるのでうっかりミスがないか,マークシートへの転記ミスがないか十分に再確認しましょう。
  午後の無線工学まで空き時間ができますが,試験センター内に待合室などはありません。試験室前の通路で時間待ちすることはできます。

7.その他 (昼食に便利な店)
  試験センターのとなりのコンビニで軽食の購入はできます。300mほど東の晴海2丁目信号前のファミリーレストラン「サイゼリア」を利用する方法もあります。11時オープンと同時に入り,静かなテーブルで昼食をとりながら12時半頃まで無線工学の復習ができます。「サイゼリヤ 晴海フロント店」でネット検索するとメニュー等が表示されます。
        晴海のファミレスの地図


1アマ試験の目次へもどるは→こちら

総目次へもどるは
→こちら


  1. 2013/03/31(日) 12:46:00|
  2.   1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ