皆空の中で...

NECノートPC Lavie CPU交換(換装)

NECノートPC Lavie LL550GD / GL32U21のCPU交換(CPU換装)---動作速度の改善
NEC LaVie LL550GD CPU交換,NEC LaVie GL32U21 CPU交換

友人から「パソコンの動作が遅い,調子が悪い」と2007年製のNECノートPC(Vista Home Basic)が持ち込まれた。不要なソフトのアンインストール,メモリの増設をしたが,動作速度が改善されないため,CPU交換を実施した。

2007年頃の LaVie LL550GD や姉妹機の GL32U21はモバイル用のCPU AMD Sempron3200+(1.6GHz)が搭載されている。OS がXP ならまだしもVista では性能的に苦しい(動作が遅い)。
一般的にノートPC のCPU 交換は困難だが,LaVie LL550GDやGL32U21 は容易にデュアルコアCPU AMD Turion64 X2(Dual-Core for Notebooks)へ換装できる。
下の写真左が既設のSempron3200+,右がTurion64 X2。CPU 基盤サイズと足のピンは同一である。
CPU単体写真比較
Turion64 X2 には TL-50,52,56,58,60 と種類があり,数字が大きくなるほど高速になる。TL-58 を選んだ理由は価格が安かったこと,放熱が今のままのヒートシンクでもOKだろうと考えた(Turion64 X2 TL-58 はオークションで入手,TL-60でも放熱は大丈夫の模様)。

【CPU交換手順】
(作業の前に,電源アダプタと電池をはずす)

【1】 裏面の冷却ファンカバーのプラスねじ2 個(矢印)をはずし,カバーをとる。
裏面のファンカバー

【2】冷却ファンの黒色ネジ3つを外し,ファンを取り外す(下写真右)。(ファン電源コネクタを抜く)
カバーをはずした写真
上写真はファンを取り外し,次いでCPU ヒートシンクを取り外し,CPU 本体をソケットから抜いた写真。やや左の白い四角がCPU を抜いたあとのUPU ソケット。

次の写真は,取り外したCPU 放熱ユニット。右がCPU から熱をとるヒートシンク,左がファンの風で放熱するラジエータ。4個のネジはヒートシンクをCPU へ締め付けるネジ。

【3】ヒートシンクの取り外しは,CPU の四隅のヒートシンク締付ネジ4本を取外せば簡単にとれる。
ヒートシンクとネジ
【4】CPU 基盤の取り外しは,下写真のCPU 左のソケットネジを半時計方向に緩めるとCPU ソケットから写真手前へ軽く抜ける ...(軽く抜けない時はソケットネジを更にゆるめる)
CPUを取り付ける
【5】新CPU をソケットへ差し込む(方向を合わせてさし込む=上写真参照)。
CPU ソケットネジがゆるんだ位置に合っていれば圧力なしでスコッと差し込める。軽く差し込めない時はソケットネジがゆるんだ位置に合っていない。
【6】CPU ソケットのネジを時計方向へ回し,CPU を固定する。
【7】シリコングリスを塗ってヒートシンクを締め付ける。
【8】冷却ファンを取り付け,ファン電源コネクタをさし込む←(忘れないように)。
【9】PC を起動し,コントロールパネルのシステムで新CPU が表示されているか確認する。
あるいは,タスク マネージャを起動し,パフォーマンス画面にCPUの使用履歴が2つ表示されているか確認する。
タスクマネジャ
タスク マネージャの起動は,
① Ctrl + Alt + Del キーを押し[パフォーマンス] をクリックする。
② または,Ctrl + Shift + Esc キーを押し[パフォーマンス] をクリックする。
③ または,タスク バーの空白の領域を右クリックし[パフォーマンス] をクリックする。

CPU交換後の感想:
CPUクロックは1.6GHz→1.9GHzへのアップだが,シングルコアからデュアルコアへの効果が大きく,快適に動くようになった。CPU温度をみたところ熱の心配はないが,左右奥の底面へペットボトルのキャップを張付けて底面への風通を良くしている。

蛇足:Windows Vistaの場合,メモリは少なくとも2GBが必要。
------------------------
後で気づいた事だが,NEC ノートPC LaVie LL550GD やPC-GL32U21 シリーズが,裏蓋のネジ2つでCPU もHDD も簡単に換装できる仕組となっているのは,メーカの多品種展開のための設計だったのではないかと思う。同一マザーボードで設計し,販売計画にあわせ,シングルコアCPU を実装したり,デュアルコアCPU を実装したりしてたのではないか…であるなら,同じ系列のデュアルコアCPU へ換装しても問題なく動くのではないかと…

参考:
下表は同手順で AMD Turion64 X2シリーズへ交換可能と考えられるNECノートパソコン機種一覧。デュアルコア化で動作速の改善が期待できると考えられる。
(青文字の機種が確認済み,他は交換できるか未確認)。
--------- 機種名 -------------------- CPU名‐------
NEC LaVie L LL550/GD  PC-LL550GD  --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz)
NEC LaVie L LL550/HG  PC-LL550HG  --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie L LL550/HG1F PC-LL550HG1F -- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U1/14 PC-GL32U11A4 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U2/16 PC-GL32U21A6 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U2/16 PC-GL32U21D6 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U2/14 PC-GL32U21E4 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U2/14 PC-GL32U21G4 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U2/14 PC-GL32U21J4 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U2/14 PC-GL32U21M4 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U2/16 PC-GL32U21R6 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U2/16 PC-GL32U21U6 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U2/16 PC-GL32U21Y6 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32U3/14 PC-GL32U31A4 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32UR/16 PC-GL32UR1A6 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32UR/16 PC-GL32UR1D6 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32UR/14 PC-GL32UR1E4 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32UR/14 PC-GL32UR1G4 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32UR/14 PC-GL32UR1J4 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32UR/14 PC-GL32UR1M4 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32UR/16 PC-GL32UR1R6 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz
NEC LaVie G GL32UR/16 PC-GL32UR1U6 --- AMD Sempron 3200+ 1.6GHz

以上の機種のスペックは次のURLを開き>メーカ選定>型番一覧で選択すると読める。
http://www.inversenet.co.jp/pclist/
雑記:
NEC LaVie G GL シリーズがこんなに多いのは何故だろう。Vista Home Basicだったり,,Vista Home Premiumだったり,,Vista Businessだったり,更にテレビ通販や企業向けなどの用途に応じて,HDDの容量を増減したり,ディスプレイのサイズや種類を変えたり,などして市場展開をしたのではと思う。
これらの機種の多くは,マザーボードが同一か同種のものと推測する。

以上の手法で交換する方は個人の責任で実施してください。

総目次へもどるは こちら

  1. 2011/09/28(水) 12:21:59|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ