FC2ブログ

皆空の中で...

RLC共振回路のQの定義からQ値の計算式を導く

RLC共振回路のQの定義からQ値の計算式を導く

        1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次へもどるは ⇒ こちら
        総目次へもどるは
 ⇒ こちら


RLC共振回路の鋭さ(先鋭度)の定義 Q=ω/(ω2-ω) から,
Q値の計算式 Q=ωCR=R/ωL 式を導いてみましょう。
Q001.jpg

 Q002.jpg
 Q0032.jpg
 Q004.jpg
 Q005.jpg
 Q0063.jpg
 Q007.jpg


以上,RLC並列共振回路の例です。
直列共振回路についても同様に導くことができます。
1アマ試験では,導いた計算式を覚えておき、出題の値を代入してQを計算します。
導き方が1アマ試験に出題されることは無いでしょう。
(限られた試験時間中に導くとこは時間不足となります。)


参考文献:大阪市立大学 工学研究科 白藤 立 (SHIRAFUJI Tatsuru)教授
       電気回路学基礎(公開版講義資料) 第7章 共振回路


1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次へもどるは ⇒ こちら
    
総目次へもどるは
 ⇒ こちら

 




  1. 2021/06/13(日) 14:40:08|
  2.  1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R3年4月(HZ304) 1アマ試験工学問題 解き方(速報)

令和3年4月(HZ304) 1アマ試験工学問題 解き方(速報)と過去問

     1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    総目次は ⇒ こちら

    このページは R3年4月の1アマ試験に出題された工学A問題と過去問の関係です。
    過去問の解き方は「1アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」⇒こちらを開いてください。 
    計算問題の解説ページが完成した時点で,このページを変更する場合があります。

    -------以下は編集中です-------


A-1.  2つの導体球の電荷の移動方向と移動量を求める
HZ304A1.jpg
この問題は繰り返し出題されています。
解き方は「 1アマ試験_無線工学 過去問の解き方」の目次ページ⇒ こちらへもどって,
「...13.電荷と電圧,静電容量の計算問題の正答を見つける」を開いてください。
H27年4月出題の解き方 ⇒ こちら も参考にしてください。

せっかくですから,今回の問題も解いて見ましょう。
   HZ304A1a4.jpg



A-2. 環状鉄心に巻いた2つのコイルのインダクタンス,総合インダクタスを求める
HZ304A2.jpg
この問題はH25年12月,H27年12月,H29年8月,H30年4月,と繰り返し出題されています。
解き方は「1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_目次」 ⇒ こちら へもどって
「...14.コイルの合成インダクタンスの算出問題の正答を見つける」を開いてください。
H30年4月の解き方も ⇒ こちら も参考になりますよ。

解答番号5は,コイルBが逆巻なのに合成インダクタンスが16/9倍にふえる?
逆巻なら打ち消して小さくなるのに?・・・これが誤りでは?と気づけば計算不要。
まじめに解いて見ましょう。
   HZ304A2a2.jpg
              以上から誤りは解答番号5とわかる



A-3. T型抵抗減衰器の減衰量の値を求める
HZ304A3.jpg
この問題はR1年8月の出題の「パイ型抵抗減衰器の問題をT型減衰器」へ変更したものです。
解き方は「1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_TKA目次」 ⇒ こちらへもどり,
「....21-3.π型抵抗減衰器(パイ型アッテネータ)・T型抵抗減衰器の減衰量を求める」
を開いてください。
「R1年8月期 1アマ試験工学(HZ108)の計算問題の解き方」 ⇒ こちら も参考にしてください。

せっかくですから今回の問題も解いてみましょう。

   HZ304A3a2.jpg
                           正答は番号4


A-4. 直列共振回路の共振周波数,共振時の電流,尖鋭度Q の知識を問う出題
       ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。…正答は番号1


A-5. RLC並列回路の電流を求める
 HZ304A5.jpg
この問題は繰り返し出題されています。
解き方がわからない場合は
「1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_目次」 ⇒ こちらへもどって,
[.....7.LCR並列回路の電流を計算する問題の正答を見つける]を開いてください。
                          正答は解答番号5



A-6. バイポーラトランジスタの特性の知識を問う出題
    ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。 ・・・正答は番号1

A-7. 同軸避雷器に用いられるサージ防護デバイスの知識を問う出題
    ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号7

A-8. PLL発信器の原理的な知識を問う出題
     ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号2


A-9. 電界効果トランジスタ(FET)の電圧増幅度を求める
HZ304A9.jpg
この問題はH27年4月の2アマに出題されている問題を形を変えて出題されたものです。
解き方は「2アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」 ⇒ こちらへもどって
「....19.FET増幅回路の増幅度を計算する問題の解き方」を開いてください。
せっかくですから,今回の問題も解いてみましょう。
   HZ304A9a2.jpg




A-10. 論理回路の種類と動作の知識を問う出題
       ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。 ・・・正答は番号3

A-11. DSB(A3E)方式と比較したSSB(A3J)方式の知識を問う出題
       ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。 ・・・正答は番号5

A-12. 送信機のπ型マッチ回路の調整方法を問う出題
         ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号1
     πマッチは現在のトランシーバでは使用しない,真空管のリニアアンプで使用
     
A-13. 周波数変調(F3E)波の知識を問う出題
       ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号4

A-14. 等価雑音温度などの知識を問う出題
       ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号3

A-15. FM受信機の知識を問う出題
       ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号4

A-16. 変圧器入力の全波整流回路でコンデンサー平滑回路の無負荷出力電圧から
    変圧器入力電圧の実効値を求める
        計算問題と言うには易しすぎます(2アマレベル)。
        解説しなくても解けるでしょう。  ・・・正答は番号1


A-17. スイッチングレギュレーターの知識を問う出題
       ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号5


A-18. リチュームイオン電池の知識を問う出題
       ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号2


A-19. 垂直ループアンテナの知識を問う出題
       ・・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号4

A-20. 同軸給電線に取り付けた同軸トラップの知識を問う出題
      ・・・・・計算問題ではないが,同軸トラップの知識を問う出題はめずらしい。
          アマチュア無線ではほとんど使用されることがない。・・・正答は番号2

21. 半波長ダイポールアンテナで受信した時の受信機の入力電圧を求める
HZ304A21.jpg
 この問題は周波数を変更して繰り返し出題されています。
 解き方は「 1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_TKA目次」 ⇒ こちらへもどり,
 「....33.半波長ダイポールアンテナからの受信機入力電圧を算出する」を開いてください。
 H25年12月 の解き方も参考にしてください。
 せっかくですから解いて見ましょうか。
   HZ304A21a.jpg





22. 電離層反射波の跳躍距離を求める
HZ304A22.jpg
 この問題は形を変えて頻繁に出題されています。
 R1年12月 では臨界周波数を求める形で出題されています。
 解き方は「 1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_TKA目次」 ⇒ こちらへもどって,
 「....25.電離層伝搬における受信点の電界強度,跳躍距離の算出問題」
 を開いてください。
 29年4月A19の解き方も参考になると思います。
 試験場で時間がない時は,小学生の手法(29年4月A19)も役立つかも?

                        正答は番号2となりましたか?




23. VHF帯電波の散乱現象の知識を問う出題
        ・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号3




24. 進行波電力,定在波値から反射波電力をもとめる
HZ304A24.jpg
 この問題は形を変えて繰り返し出題されています。
 解き方は「1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_TKA目次」 ⇒ こちらへもどって,
 「....32.電圧反射係数,反射波電力などから定在波(SWR)の算出問題・・・」
 を開いてください。
 H30年4月は反射波電力を求める出題ですので解き方が参考になるでしょう。⇒こちらです。

 せっかくですから今回の問題も解いてみましょう。
   HZ304A24a.jpg



25. 5.6[GHz]帯の測定器材の知識を問う出題
        ・・・・・計算問題ではないので解説は省略。・・・正答は番号3




1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次へもどるは ⇒ こちら    

総目次へもどるは
 ⇒ こちら



  1. 2021/04/18(日) 15:24:25|
  2.  1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R2年12月 1アマ試験工学 解き方と過去問(速報)

令和2年12月(HZ212) 1アマ試験工学問題 解き方(速報)と過去問

     1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    総目次は ⇒ こちら

    このページは R2年12月の1アマ試験に出題された工学A問題と過去問の関係です。
    過去問の解き方は「1アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」⇒こちらを開いてください。 
    計算問題の具体的な解説ページを作成した時点でこのページは書き換えます。


A-1:平行平板コンデンサの計算問題 
HZ212A1.jpg
   頻繁に出題されている問題を少し変形したものです。
   (H29年12月,H28年4月,H26年12月にも出題)
   平行平板の静電容量は「板の面積と誘電率に比例し,板の間隔幅に反比例する」
   を知っていれば解けます。
   過去問と解き方は上記の目次ページへ戻り,目次番号12の
   「....12.平行板電極間の静電容量の算出問題の正答を見つける」を参照ください。
   今回の問題を解いて見ましょう。

   HZ212A1a.jpg

 



A-2:コイルの電気的性質(知識を問う出題) : 正答は番号4
   この問題は計算問題ではなく,知識を問うものです。
   1アマとしては易しいでしょう(2アマレベル)。
   計算問題ではないので解説はスキップします。




A-3:平衡状態の交流ブリッジ 
HZ212A3.jpg
   H29年8月の1ママ試験に出題されています。
   解き方は1アマ目次ページから
   「....49.【追加】H29年08月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける」
   を開いてください。
   平衡状態の時は,RaとRbの比=RsとRxの比,
          RaとRbの比=CsとCxのリアクタンス値の比
   となるので簡単に解けます。
   (交流ブリッジの問題はR2年9月期の1総通A19に,同年同期の2総通A21に
    出題されています。 1アマ試験が1総通レベルになりつつある?)


   今回の問題を解いてみましょうか。

     HZ212A3a1.jpg


  



A-4:並列共振回路の共振時のインピーダンスからCを求める 
HZ212A4.jpg
   H23年12月、H24年12月,H26年12月と繰り返し出題されています。
   (コイルLにrが直列の並列共振回路は表皮効果によるrが発生するので実際の回路の1つです)
   解き方がわからない時は,1アマ目次ページから
   「....16.並列共振回路の共振時のインピーダンスからL,Cの値を算出する」を
   開いてください。
   今回の問題を解いて見ましょう。

   HZ212A4a.jpg

   Z=L/CR の式が成り立つ解説は,1アマ目次ページから
   「....16.並列共振回路の共振時のインピーダンスからL,Cの値を算出」を開いてください。



   
   



A-5:フイルターの電気的性質 : 正答は番号5
   パイ型ローパスフィルタの知識を問うものです。
   遮断周波数の式を問う点は初めてかも?



A-6:トランジスタの静特性 
HZ212A6.jpg
   計算問題ではなく,基礎知識を問う問題です。
   これまで1アマには出題されていないと思いますが,やさしい問題です。
   見慣れない「トランジスタの電圧電流特性図」を見て驚いてはいけません。
   設問を落ち着いて読めば正答は簡単にみつかります。(国語の問題です)
   
   (1)の設問は「Δ Ic/ΔIce 」ですから,Ic=コレクタ電流側、即ち「出力」側の特性です。
         (この時点で Aは正答番号の1,2,3の中にあるとわかります)
   (2)の設問は「ΔIc/ΔIb」,即ち,ベース電流に対するコレクタ電流ですから
     「電流」の増幅率とわかります。
         (この時点で Bは正答番号1とわかります)
   (3)の設問は「ΔVbe/ΔIb」、即ち,ベース電流に対するベースエミッタ間の電圧です
     から「入力」側とわかります。
         (Cは正答番号1とわかります)
                                 以上より: 正答は番号1                          

      (R2年3月 1級総合無線通信士、1級海上無線通信士 AK・XK203 に
       ほぼ同じ問題が出題されています。)





A-7:電界効果トランジスタ(FET)の知識 : 正答は番号5
   FETの一般的な知識なので特に難しくないでしょう。


A-8:増幅回路の雑音指数の知識 : 正答は番号3
   フリッカー雑音(1/f 雑音)は周波数が高くなると小さくなる
   (分数 1/f の分母の f が大きくなれば,雑音数値は小さくなる)
   ことを知っていれば誤りは見つかります。


A-9:オペアンプの知識 : 正答は番号3
   オペアンプの知識があれば簡単。



A-10:コルピッツ発信回路の発信周波数からコイルを求める
HZ212A10.jpg
    これまではハートレー発信回路で出題されたが,発信回路をコルピッツへ変更したもの。
    出題のLC共振回路のCが400pFの直列なので,Cを400pFの1/2=200pFとして
    周波数を計算すれば求められます。
    解いてみましょう。
    HZ212A10a.jpg




A-11:SSB送信機の終段電力増幅回路の知識 : 正答は番号4
    真空管電力増幅回路でも言える知識
   


A-12:FM送信機の知識 : 正答は番号5
    SSB送信機ではないから終段はC級とするのが効率的です。



A-13:スプリアス発射,不要発射の強度と許容値 : 正答は番号4
    R1年8月に出題されている。
    500Wのー40dbは50mWなので10mWは許容値を越えていない。
    500Wの-50dbは5mWなので許容値50mWを越えている。



A-14:各種電波形式の復調の知識 : 正答は番号2
    二乗検波の特徴を知っているかを問う出題です。


A-15:SDR受信機の知識 : 正答は番号1
    新しいSDR技術の知識を問う出題です。



A-16:ツエナーダイオードの定電圧回路 : 正答は番号4
HZ212A16.jpg
    H29年8月、H25年4月の問題の数値を変更したものです。
    解いて見ましょうか。
   HZ212A16a.jpg




A-17:チョッパー型DC/DCコンバータの知識 : 正答は番号2
    同方式の知識を問う出題です。   



A-18:単巻変圧器の電流
HZ212A18.jpg
   1アマ試験ではめずらしいと思いましたが,読者の方からH17年8月,H11年8月に類似のものが
   出題されていますと連絡をいただきました。 久しぶりの出題ですね。

    

    HZ212A18a.jpg

    ポイント: yzの電流=(2次側の電流)ー(1次側の電流)を習得しているかですね。
   

    
A-19:フォールデットダイポールANTの知識 : 正答は番号2
    2線式折返し半端長ダイポール
    インピーダンスは理論上292 [Ω]です
    利得はダイポールと同じ、
    実効長はダイポールの倍の2λ/π [m]です。


A-20:同軸ケーブルの知識   : 正答は番号1
     基本的な知識を問うもの



A-21:方形導波管の遮断周波数
HZ212A21.jpg
 方形導波管の遮断周波数 f は
      f =(光速)/(導波管の内側長辺×2)
     HZ212A21a.jpg
                       正答は番号2

       (1アマ試験では初めての出題?
        R2年9月期の3級総通A-12の問題と同じ。
        R2年9月期の2級総通A-7にも類題が出題されている。
        総通クラスの試験問題が1アマ試験問題へ使用されるように変わってきている)




A-22:電離層伝搬の知識 : 正答は番号3
    電離層の知識を問う出題です。



A-23:相対利得のあるANTからの受信電界強度で送受信間の距離を計算
HZ212A23.jpg
    頻繁に繰り返し出題されている問題です。
    その多くは与えられた式へ数値を代入して受信電界強度Eを求めるものです。
     (H20年12月,H21年12月,H24年4月,H25年4月,H26年8月,H27年8月,H28年12月)
    時々,今回のように受信電界強度Eの値を示して,距離を求めるものもあります。
           (H19年8月,H30年4月)
    解き方は1アマ目次ページ ⇒こちら から
    「....25.離れた受信点の電界強度の算出問題の正答を見つける」を開き,
    その中の25.4 練習問題 を参考にしてください。

                              正答は番号1になりましたか?



A-24:SSB送信機の空中線電力の測定 知識 : 正答は番号4
    新しく出題された問題かな?
    SWR計を使用している人なら簡単にわかるでしょう。


A-25:リサージュ図の知識 :正答は番号4
    1アマ試験では初めての出題かも?
    図形4は 3π/4 (位相差135度)の波形です。
    3π/2 (位相差270度)の波形ではありません。



計算問題の具体的な解き方の解説ページを作成した時点でこのページは書き換えます。


感想:R2年12月の問題は,1総通の試験問題や電検2種など
   の問題を取り入れるなど新しい問題が増えています。
   1アマ試験問題作成の担当が新しい人へ変わったのかも?



 1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    

総目次は
 ⇒ こちら





  1. 2020/12/25(金) 21:03:13|
  2.  1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R2年9月期 1アマ試験工学(HZ209)の計算問題の解き方(正答の求め方)

R2年9月期 1アマ試験工学(HZ209)の計算問題の解き方(正答の求め方)
    令和2年9月期1アマ試験HZ209計算問題 解き方
        ページはブラウザGoogle Chromeで開いた場合を想定して編集しています。
          Internet Explorerでは改行位置のずれ等が生ずる場合があります。

    1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    総目次は ⇒ こちら    
            
    このページは次の計算問題の正答の求め方をまとめて掲載してあります。
       ・HZ209 A-1: 2つの点電荷からの電界の強さを求める。
       ・HZ209 A-2: 環状鉄心の磁束を表す正しい式を見つける。
       ・HZ209 A-3: ラダー形状の抵抗値を求める。
       ・HZ209 A-4: 皮相電力,実効電力,力率を求める。
       ・HZ209 A-10: オペアンプの電圧利得を求める。
       ・HZ209 A-12: 変調度から被変調波電力を求める。
       ・HZ209 A-20: 変調度100%時の同軸ケーブル最大電圧を求める
       ・HZ209 A-22: 受信ANTの高さ,電波の見通し距離から送信ANTの高さを求める。     

                                  合格への勉強方法は ⇒ こちら


【R2年9月 HZ209 A1】
HZ209 A1-2
 この問題は,点電荷Qから距離 r 点の電界の強さEを求め,方向が異なる電界の強さ(ベクトル)
 を分解し,合成する出題です。 
 平成30年(2019年)3月の第1級総合無線通信士・第1級海上無線通信士の試験問題の数値を
 √2へ変更し, 少し難しくして出題した感じです(1総通より1アマを難しくした?)
                          1総通・1海通の出題は下の【参考】をご覧ください。

 解いてみましょう。
   HZ209 A1a
   HZ209 A1a2
   HZ209 A1a3


 【参考】
     次はH30年3月の第1級総合無線通信士・第1級海上無線通信士試験に出題されたもの。
     a-b間,c-d間の値が整数で,かつシンプルなので1アマ出題問題より易しいかも?
         (下図は問題文の記述を省略しています)

       参考_1総通の問題2





【R2年9月 HZ209 A2】
HZ209 A2
 この出題は計算問題でなく,基礎の理解度を問う問題です。
 基礎が理解できていれば,式を忘れていても次のように整理することで正答を見つける
ことができます。
HZ209 A2a1




【R2年9月 HZ209 A3】
HZ209 A3
 この出題は2アマレベル以下です。
 計算問題と言えるレベルではありませんが,参考として解説します。
   HZ209 A3a
   HZ209 A3a2





【R2年9月 HZ209 A4】
HZ209 A4
この出題も計算問題とは言えませんが・・・
  HZ209 A4a




【R2年9月 HZ209 A10】
HZ209 A10
  この問題は数値を変えて度々出題されています。
  解き方は目次の「22.オペアンプの電圧利得の計算 コツ」  ⇒ こちらです。
  H26年8月、H28年12月、H30年4月にも類似の問題が出題されています。
  目次ページからそれらを開いて参考にしてください。

                      正答は番号5  18[db] となりましたか。





【R2年9月 HZ209 A12】
HZ209 A12
 この問題は変調度による増加した電力を求めるもので,過去出題の中ではシンプルなものです。
  解き方は,目次ページの「29.変調度から被変調波電力,電圧を算出する問題の解き方」 ⇒ こちら
  にもどってください。
  H25年12月、H27年4月の出題も参考にしてください。

                      正答は番号2 となりましたか?




【R2年9月 HZ209 A20】
HZ209 A20
  この問題は過去たびたび出題されています。
  解き方は目次ページの「31.1 変調度100%時の同軸ケーブル最大電圧を計算する問題の解き方」
  にもどってください。 ⇒ こちらです。
  H25年8月、H27年8月、H28年12月 の解き方のページも開いて見てください。

               正答は番号4 となりましたか?




【R2年9月 HZ209 A22】
HZ209 A22
この問題はH29年8月に出題されたものを少し変えたものです。
H29年8月のページは ⇒ こちら  
せっかくですから解いてみましょう。
  HZ209 A22a2




あとがき: 
   今期の試験では,A-1の問題を見て「これまでにない出題だ 難しい」と感じた方がおられたかも。
   A-1の解き方の【参考】に引用した1総通・1海通の問題より1アマの方が若干難しいかも?ですね~。
   昭和30年代の試験はガリ版印刷の試験問題でした。 問題と次の問題の空白を利用して計算し,
   答えを手書きで書きました。 (現在のように用意されたものから正しいものを選ぶ方式ではない)
   当時の1アマ試験は,
   1次試験として無線実技(無線電信電話機器の操作,簡単な故障修理知識を問う),欧文60文字/分,
   和文50文字/分の速度による 5分間の送信受信実技があり,それに合格すると,2次試験として
   無線工学と法規の筆記試験が受けられる流れでした。
   当時の1アマ試験の合格率は現在とは比較にならぬほど低率でした。




1アマ 計算問題の解き方の目次ページは ⇒ こちら    

総目次ページは
 ⇒ こちら
 









  1. 2020/10/08(木) 11:14:13|
  2.  1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

R1年12月期 1アマ試験工学(HZ112)の計算問題の解き方(正答の求め方)

R1年12月期 1アマ試験工学(HZ112)の計算問題の解き方(正答の求め方)
    令和1年8月期1アマ試験HZ112計算問題 解き方
        ページはブラウザGoogle Chromeで開いた場合を想定して編集しています。
          Internet Explorerでは改行位置のずれ等が生ずる場合があります。

    1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    総目次は ⇒ こちら                
    このページは次の計算問題の正答の求め方をまとめて掲載してあります。
       ・HZ112 A-2:2つの平板コンデンサの容量比と電圧を求める。
       ・HZ112 A-4:複数の電池がある回路の電流を求める。
       ・HZ112 A-9:負帰還増幅回路の負帰還率を求める。
       ・HZ112 A-11:FM変調の最大周波数偏移を求める。
       ・HZ112 A-20:八木アンテナの相対利得を求める。
       ・HZ112 A-22:電離層の臨界周波数を求める。
       ・HZ112 A-24:接地抵抗の値を求める。

                                合格への勉強方法は ⇒ こちら


【R1年12月 HZ112 A2】
HZ112A2.jpg
この問題は過去から繰り返し出題されています。
「平板の面積Sと誘電率εに比例し,間隔dに反比例する」ですから簡単です。
わからない場合は「1アマ試験工学の目次ページ」⇒こちら 
目次番号「....12.平行板電極間の静電容量の算出問題の正答を見つける」
または,「H25年12月、H28年4月、H29年8月」の解き方を開いてください。
   HZ112A2a2.jpg

        正答は 番号4となりましたか。
         (2アマレベルの問題ですね)


【R1年12月 HZ112 A4】

HZ112A4.jpg
過去出題では電流を示して電圧を求めるものが出題されましたが,
今回は抵抗値を示して電圧を求める出題です。
出題図のように回路が並んだ形の場合は「ミルマンの定理」を使うのが便利です。

その前に「ミルマンの定理」を使用しない「手抜き手法」で正答を見つけてみましょう。
   HZ112A4a1aaa.jpg
     (この方法は,解答として数値が示されているから正答を見つけることができる手法です。
     この方法は「ミルマンの定理」「キルイホッフの法則」での計算結果の検証に役立ちます。)

  
 
では「ミルマンの定理」で解いてみましょう。 
   HZ112A4a8_m2.jpg
   HZ112A4a8_m3.jpg



次いで「キルイホッフの法則」で解いてみましょう。
   HZ112A4a2a.jpg
   HZ112A4a3a.jpg
     HZ112A4a4a.jpg
   キルイホッフの法則は複雑な回路でも使用できますが,連立方程式を解くのに時間がかかるので,
   この形の回路の問題では「ミルマンの定理」の使用が良いですね。




【R1年12月 HZ112 A9】

HZ112A9.jpg
この問題は H25年8月,H27年4月に出題されたものを,数値を変えて再度出題されたものです。
解き方がわからない場合は,「1アマ計算問題解き方の目次ページ⇒こちら http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
へ戻って,次のページを開いて参考にしてください。
....37.【追加】H25年08月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける
....42.【追加】H27年04月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける


                       正答は解答番号3となりましたか?



【R1年12月 HZ112 A11】

HZ112A11.jpg

占有帯域幅 BW, 最大周波数偏移 Δf, 信号波の最大周波数 fsm とすると,
占有帯域幅は次の式だから,
   BW=2(Δsm
この式へ出題の BW=16kHz, fsm=3kHz を代入すると
   16 kHz=2Δf+2×3 kHz
   2Δf=16 kHz-2×3 kHz
   Δf=5 kHz
                  正答は番号2ですね



【R1年12月 HZ112 A20】

HZ112A20.jpg
この問題は繰り返し出題されています。 解き方は
「1アマ計算問題解き方の目次ページ⇒こちら http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
へもどり,目次から次を開いて参考にしてください。
....23.八木アンテナの相対利得を簡易手法で求める
....38.【追加】H25年12月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける
....44.【追加】H27年12月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける
....50.【追加】H29年12月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける

                 正答は解答番号1となりましたか?






【R1年12月 HZ112 A22】
HZ112A22.jpg
この問題も繰り返し出題されています。 解き方は
「1アマ計算問題解き方の目次ページ⇒こちら http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
へもどり,目次から次を開いて参考にしてください。
....26. 電離層のMUFの算出問題の解き方の中の「26.3 MUFから臨界周波数fcを算出する出題」
....46.【追加】H28年08月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける
....42.【追加】H27年04月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける
....48.【追加】H29年04月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける
  
     正答は解答番号1となりましたか?



【R1年12月 HZ112 A24】

HZ112A24.jpg
この問題も繰り返し出題されています。 解き方は
「1アマ計算問題解き方の目次ページ⇒こちら http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
へもどり,目次から次を開いて参考にしてください。
.....3.接地抵抗値の算出問題の正答を見つける
....41.【追加】H26年12月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける
....46.【追加】H28年08月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける
....50.【追加】H29年12月 1アマ試験無線工学の計算問題 正答を見つける

             正答は解答番号2となりましたか?


1アマ過去問(計算問題) の解き方の目次ページへもどるは ⇒ こちら    

総目次ページへもどるは
 ⇒ こちら









  1. 2020/02/16(日) 16:08:04|
  2.  1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ