皆空の中で...

富士通ノートPC LIFEBOOK 動きが重くなる症状の原因と対策

富士通ノートパソコンLIFEBOOK 動きが重くなる症状の原因と改善策
  Fujitsu ノートPC LIFEBOOKの起動が遅い,動作が重い,遅くなった原因は ECO Sleepの不具合かも?その場合の解決方法
  LIFEBOOKの「バッテリーユーティリティ ECO Sleep」が「低待機モード」になったままかも? 
   LIFEBOOK SHシリーズ,AHシリーズ,PHシリーズでも同じ原因で動作が遅くなるかも?

                            全体目次へもどるは ⇒ こちら

富士通ノートPC LIFEBOOK SH90/Wの動作が重い(遅い)と相談がきました。
LIFEBOOK SH90/Wの主なスペックは
     OS:Windows 10 Home 64ビット版
     CPU: 6世代Core i5-6200U プロセッサー (2.30-2.80GHz)
     メモリ:4GB( DDR4 PC4-17000)
     ストレージ:SSD 約256GB
     グラフィック:Intel HD Graphics 520

購入後,1~2年で動きが重くなる(遅くなる)ようなスペックではありません。

遅くなる症状は2017年12月頃から生じたとのこと。当初は12月末に公開されたWindows10
1709のWindows Updateの不具合などの影響を受けているのかなと考えました。
PCの動作が重くなりそうなMicrosoft One Driveやicloud photo libraryなどのアプリを止めるなど、
あれこれやってみましたが改善はみられませんでした。

タスクマネージャーでパフォーマンス表示を見ている時に不自然な数値に気づきました。
       (タスクマネージャーの表示方法は こちら です。 

下図は起動から3分経過したタスクマネージャーのタグ「パフォーマンス」の表示画面です。
赤矢印の「現在のCPU速度」が0.38GHzと異常に低い値のまま変化しません。
通常,「現在のCPU速度」はCPUの負荷に応じて秒単位で変化します。
   1_3分後CPU速度2



下図は5分経過した状態です。「現在のCPU速度」の値が3分前と全く同じです。
通常なら刻々と変化をする値が038GHzのまま全く変化をしないのが異常です。
   2_5分後CPU速度2


参考:正常に動作しているPCでは次のように表示されます(Sony Vaioの35秒後の例)。
   3_SonyVaioパフォーマンス




【原因調査と問題の解決】
ノートPCの動作は重いものの,動いているので重大なハード的故障とは思えません。
SSDの使用率も高くないので読み取り書き込みの遅れとも思えません。
スタートアップで多くのアプリの起動を無効にしても状態は変わりませんでした。

富士通ユーザ向けページの中に「ECO Sleep機能・・・」の機能説明が見つかりました。
ECO Sleepは富士通ノートPC特有の「少エネ機能」です。
説明の中に,「CPUクロック速度」を下げる機能・・・とかの記述は見当たりませんが,
ノートPCの消費電力を下げるには「CPUクロック速度」を下げるのが当然なので,
このCPU速度を下げる制御もしていると思います。

更に,富士通のユーザ向けページを調べたところ,
「バッテリーユーティリティ ECO Sleep機能の待機モードを変更する方法」のページがありました。
そのページは⇒こちら です。
 
https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=6109-1610

このページを参考にして次の手順で「バッテリーユーティリティ ECO Sleep機能の待機モード」を
調べてみました。


【設定の調査と変更手順】
(1) 「スタートマーク」ボタン ⇒ 「すべてのアプリ」 ⇒ 「FUJITSU -バッテリーユーティリティ」⇒
  ⇒「バッテリーユーティリティ」と開きます。(この機能は富士通PCのみ)
  開いた画面の「ECO Sleep」をクリックします。

(2) 開いた「バッテリーユーティリティ」画面を見る,現在のモードが
  と,なんと「低待機モード」 になっていました!!
  画面の「変更」をクリックします。
   5_ Eco Sleepバッテリユーティリティ画面

(3) 次の画面は,「通常モード」へチェックをつけて,OKボタンをクリックで進めます。
   5_ Eco Sleepを通常へ戻す

  以上の操作で「バッテリーユーティリティ」が「通常モード」へもどりました。

(4) キーボードのShiftキーを押したままパソコンをシャットダウンさせます。
             (これは完全シャットダウンの手法です)

(5) PCを起動させて,パフォーマンスを調べたら、現在のCPU速度が下図のように正常値へもどり,
   パソコンの動作が購入時のようにサクサクと動くように回復しました・・・メデタシメデタシです。
   4_CPU速度回復2.73GHZ



以上は,FujitsuノートPC LIFEBOOK SH90/Wでの症状と解決方法ですが,
「バッテリーユーティリティ ECO Sleep機能」は富士通のノートPCの多くで使用されています。
LIFEBOOK SHシリーズでは、SH90/Wのほか SH76/G、SH76/GN、SH54/G、SH54/GN
LIFEBOOK AHシリーズでは、AH/R4、AH/R4H、AH77/G、AH77/GN、AH56/G、AH56/GN、
                  AH54/G、AH54/GN、AH30/GN、AH52/GA、AH52/GNA
LIFEBOOK PHシリーズでは、PH75/GN、PH74/EN 
などにも同機能があるようなので,これらのノートPCで動きが重い(遅い)症状の時は
今回の手順で調べてみてはいかがでしょうか。


【あとがき】
今回のノートPCが,いつの時点で,どのような操作によって「低待機モード」になってしまった
のかはわかりません。
次の写真のようにEcoボタンが電源ボタンのすぐ横にあるので、無意識にEcoボタンに触って
しまったのかも知れません。Ecoボタンはパソコン購入直後には「押すとエコモード」になり,
もう一度押すと「元にもどる」働きを正常にしていたはずです。
   Ecoボタン

富士通ノートPCの低消費電力の機能「バッテリーユーティリティ ECO Sleep機能」の設計も
設計当時のWindowsOSの上で動くように作られ検証され,発売当時は,何の問題もなく
動いていたと思います。

ところが,Windows10は 
   1507 (2015年07月バージョン)
   1511 (2015年11月バージョン)
   1607 (2016年07月バージョン)
   1703 (2017年03月バージョン)
   1709 (2017年09月バージョン)
   1803 (2018年03月バージョン)
と半年毎にバージョンが大きく変更になり,2世代前の1607は管理対象から外れるという
速さで変化しています。
パソコン製造メーカ富士通が商品化当時のWindowsOSにあわせて独自に作った
メーカアプリSoft「バッテリーユーティリティ ECO Sleep機能」が,次のバージョンの
WindowsOSの上で正常に機能するかの保証はありません。

このような状況の中では,CPUの速度を制御するような機能のメーカアプリは
使用しない(アンインストールする)ほうが安全とも言えるのではと思います。

省電力化はわかりますが,省電力化の機能にこだわってパソコン本来の機能を損なう
ことが起きては困ります。
ことわざの「角を矯めて牛を殺す」ような事が起きないように,メーカアプリを設計する
必要がありま。メーカアプリは基本OSの変更があっても影響しない範囲にとどめる
しかないでしょう。
ちなみに,私はWindows10 Proを使用しているので,メーカアプリは全くインストール
されていませんが,パソコンを使用する上で困ることはありません。


その他の参考サイト:
[ワンタッチボタン設定] ECOボタンの設定を元に戻す方法
https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=1010-3411

プロセッサのための 深い と 深い睡眠状態 の違い
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/articles/000006619/processors/intel-core-processors.html


全体目次へもどるは ⇒ こちら     

  1. 2018/05/14(月) 15:59:03|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows10 WindowsUpdate機能の修復

Windows10 Windows Updateの機能修復する手順
     Windows Upadeがエラーになる エラーを繰り返す 正常に終わらない時は
     次の手順で機能修復をしてみましょう。

                         全体目次へもどるは ⇒ こちら です。     

              Windows7の場合の手順は ⇒ こちら です。

【手順】
 下図コルタナをクリックし,枠へ「トラブシューティング」と打ち込む。
  が表示されたら、をクリックする。
     
1_Winトラブルシューティング



次の画面は茶色枠をクリックする。 
      トラブルシューティング02

     

 次の画面は茶色枠をクリックして進める。
      トラブルシューティング03



次の画面は何もしないで待つ。
      トラブルシューティング04



次の画面は茶色枠をクリックして進める。
      トラブルシューティング05




次の画面は何もしないで待つ。
      トラブルシューティング06




次の画面は茶色枠を選択してクリックする。 終了です。

      トラブルシューティング07




終了したら「Shiftキーを押したままでシャットダウン」させ、再度、PCを起動させる。
(Shiftキーを押したままシャットダウンは,完全シャットダウンの方法です)

PCが起動したら,スタートマークで「設定」⇒「更新とセキュリティ」と開き,
「更新プログラムのチェック」をクリックして,WindowsUpdateの動作が正常に動くか実行してみる。


Windows7の場合の手順は ⇒ こちら です。


終わり。
      全体目次へもどるは
 ⇒ こちら     



  1. 2018/05/13(日) 12:30:09|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows10 システムの復元の手順

Windows10での システムの復元の手順
                           全体目次へもどるは ⇒ こちら

システムの復元とは,復元ポイントの作られた日の状態へシステムを戻す(復元)することです。
復元ポイントはWindows Updateなどが行われた時などに自動的に作られます。
毎日使用しているPCでは,復元ポイントは一か月に1~3回作られます。
     (作業前に手動で作っておくことも可能です)

復元ポイントへシステムを戻すと,その日から今日までの間にシステムの変更は無かったことになります。
例えば,「酔っぱらって失敗した時,その前日へ戻ってお酒を飲まなかったことにする」
と言ったことができるのです。Windowsはこれができるのです。
(その間に自分で作成したファイルは消えません。PCの時計も狂いません。)

【システムの復元の手順】
(1)スタートマークの右のコルタナをクリックし,へ「システムの復元」と打ち込む。
     001 コルタナ打込む


(2)表示画面の中にブルー背景に「復元ポイントの作成」の文字がでたら文字をクリックする。
     002 復元ポイントの作成をクリック



(3)現れた画面の「システムの復元(S)」をクリックする(赤矢印)
     (Cドライブが有効になっていないと復元ポイントはできていません)
     003_システムの復元をクリック


(4)「システムファイルと設定の復元」画面は「次へ」で進めます。
     004_システムの復元を起動



(5)「選択したイベントの前の状態にコンピュータを復元します」画面の枠の中に
  直近に復元ポイントを作成した日付と時刻が表示されている。
       007.jpg



(6)今回は先月の12月へ戻したいため画面の左下部の「他の復元ポイントを表示する」
  の左枠(赤丸)にチェックをする。 2017年12月の復元ポイントが表示される。
  今回は2017年12月26日の復元ポイントをマウスで選択し、「次へ」で進める。
     009.jpg


(7)「復元ポイントの確認」画面は日付と時刻を再確認して「完了」で進める。
     011.jpg


(8) 次の画面の「ハイ」をクリックでシステムの復元動作が始まる。
     010_.png


(9) 復元動作が始まると何もしないで終了まで待つ。
     011.png

     windows-10-system-restore-15.png


以上で終了です。

【余談】
Windows Updadeは急いで行う必要はありません。
1~3か月遅れで実施しても問題はほとんどありません。
むしろ,WindowsUpdate更新後の評判を調べてから実行するのがベターかもしれませんよ。

 全体目次へもどるは ⇒ こちら


  1. 2018/01/11(木) 22:30:14|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現在サービスが実行されていないため、windows Updateで更新プログラムを確認できません

Windows7 Windows Update 更新プログラムを確認できない 修復手順
    2017年12月 Windows7 Windowsアップデートで更新プログラムの確認ができない症状
    Windows Update の機能の不具合を「Windows Updateで問題を解決する」で修復する方法


2017年12月,Windows7 Windows Updateで「更新プログラムの確認(C)」ボタンをクリックしたら,
現在サービスが実行されていないため、windows Updateで更新プログラムを確認できません。
このコンピュータの再起動が必要な可能性があります。

と表示されました(下図)。
      【後日追記】:
        この症状は2017年11月15日から12月3日頃までの間に公開されていたKB4048957を
        手動によるWindows Updateを実行したPCで発生した模様。12月13日の自動Update
        まで何もしなかったPCでは起きていない。・・・・・・追記終わり


再起動しても状態は改善されません。
  01_トラブル画面2
      Windows Update Agent (Windows Update Client)に不具合が起きているのかも?


いろいろトライしてみた結果、次の手順で解決できることがわかりました。

手順: コントロールパネルシステムとセキュリティアクションセンターと開き,
     トラブルシューティングを開きます(下図の赤枠)

  アクションセンター



下図の画面が開いたら 「 windows updateで問題を解決する(下図の赤枠)をクリックします。
   中略図


次の画面は「次へ」で進めます。
   04_画面




次の画面が開始したら何もしないで数分待ちます。
(この画面が現れない場合は,管理者で実行してみてください)
   05_画面




次の画面は「Windows Updateを開く」を操作してもOKですが、そのまま「次へ」をクリックでもOKです。
   06_画面

「次へ」で開いた画面は何もしないで閉じてOKです。


PCを再起動させて、Windows Updateを起動させてみます。
次の画面のように、これまでのような画面となっていれば終了です・
   3_なおりました

【あとがき】
以上の手順で修復できることを数台のパソコンで確認しました。
なにが原因でトラブルが発生したのかは明確ではありませんが,複数のパソコンで同時に起きていました。
一方で,何もおきていない端末も多くありました。
2017年11月15日以降12月3日頃までの期間に手動でWindows Updateを起動させ,更新プログラムを
インストールしたPC端末で,Windows Update Agent (Windows Update Client)に不具合が生じ、
このような症状が生じたのかも知れません。
逆に言うと,
11月15日の自動によるWindows Update以降、12月5日頃までUpdateを起動させなかったPC端末では
今回のような症状は見られません。
12月5日を過ぎてからUpdateを起動しても11月下旬に公開した更新プログラムは見つからなくなっています。
取り下げたのかも知れません。
12月中旬の定期Windows Updateの中で、今回の症状の修正パッチが配信され問題は解消されるのでは
と思います。

【追記 2017/12/13】
2017年12月13日に配信された「 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4054518)」で
今回の問題は解消された感じです。


2017年12月11日

全体目次へもどるは ⇒ こちら


  1. 2017/12/11(月) 15:20:21|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Dynabook T772W6HP ヒンジ故障の修理

Dynabook Satellite T772W6HP ヒンジ故障の修理

                    全体目次へもどるは ⇒ こちら

Dynabook Satellite T772シリーズは2013年発売のCore i7,メモリ8GB,大型ディスプレイのノートPCです。
まだまだ使用できるスペックなのにディスプレイを支えるヒンジがグラグラとなっていました。
               (ヒンジ故障を防ぐ方法は文末をお読みください)
以下はヒンジ部の修理の記録です。

下の写真がDynabook Satellite T772W6HPです。
          (写真はクリックで拡大します)
  1_Dynabook Satellite T772W6HP2

下は裏面のラベルです。 (写真はクリックで拡大します)
     2_T772Wシール

下はヒンジ機構が壊れている左側側面の写真です。
ヒンジ金具で上側パネルが浮き上がっています。
                    (写真はクリックで拡大します)
   3_ヒンジが壊れて

下はうしろ側から見た写真です。
ヒンジのスプリング機構がはずれて見えています。
            (写真はクリックで拡大します)
   4_ヒンジ部が浮いている


修理を始めます。次の写真は修理用の道具です。
ドリルは筐体への穴あけ時に使用します。
4修理道具です



裏側のビスをすべて取り外します。
黄色丸はVDVドライブを抜いたら見えるビスの位置です。
バッテリーも取り外します。 (写真はクリックで拡大します)
  5_裏面のビスを取る2


次はキーボードの外し方です。
キーボードは一周にある小さな爪で上パネルに固定されています。
ビスも接着剤も使用していません。
下の写真のように薄い金属板を差込み.丁寧に爪を外します。
(小型のマイナスドライバを使用する場合は,少しずつ爪をはずします)。
           (写真はクリックで拡大します)
   6_キーボードを外す1

下は,左から右へ少しずつ爪を外している写真です。
           (写真はクリックで拡大します)
   7_キーボードを外す2

キーボードが外れると,右下に上パネルをマザーボードへ締めつけているビスが見えます。
このビスを抜かないと上パネルは外せません。
     8_隠しビス

キーボードからのフレキシブルフラットケーブル(FFC)はコネクターの固定部を矢印方向へ動かすことで簡単に抜けます
赤丸のビスも外します。
   9_キーボードの下のビスとコネクタ

下のフラットケーブルはコネクター部の樹脂を「上へ起す」ことでゆるみます。
   11_コネクター

下のコネクタ部はコネクタを抜くことで抜けますが,配線を引っ張って抜いてはいけません。
  12_コネクタ2 13_コネクタ32


下は上パネルが外れた写真です。
左上のヒンジ部分が壊れてスピーカーまで外れています。
           (写真はクリックで拡大します)
 14_上パネルがとれた

下は壊れている左側のヒンジ部です。
ヒンジのビスを固定する側の樹脂がすべて壊れています。
スピーカを固定していた樹脂まで壊れています。 (写真はクリックで拡大します)
   15_左側ヒンジ部

下は、壊れていない右側のヒンジ部です。見比べてみてください。
           (写真はクリックで拡大します)
   16_右側ヒンジ部

下は,壊れている左側の拡大写真です。
写真の白い線は金具と締め付け穴の関係を示したものです。
締め付けビスを受け止めるナット側の樹脂が壊れて無くなっています。
白矢印の金具は途中でちぎれています。
           (写真はクリックで拡大します)
   17_左側ヒンジ拡大


次の写真は筐体の裏側から3mmΦのビスを差込みヒンジ金具をナットで締めた状態です。
写真を撮るのを忘れましたが,筐体にはドリルで3mmΦの穴をあけます。
(赤矢印は2.6mmΦの穴にします)
5本のビスは全て筐体の裏側から差し込みます。
                     (写真はクリックで拡大します)
   18_新しいビスで締める2

ヒンジ金具の受け側の樹脂が無くなった分の厚みを継ぎ足すため,下の写真の白矢印のように
高さを調整するためのナットをかませます(ワッシャーを数枚重ねる方法もあります)。
                     (写真はクリックで拡大します)
   19_ナットで高さを調整する2


下は横から見た写真です。 ヒンジの高さが低いと下のようになりません。
     24_閉まりました


下は右側のヒンジ金具も新しいビスとナットで固定した写真です(予防保全です)。
ビスがナットより高くでると上パネルにあたるのでビスは適正な長さに切って使用します。
                     (写真はクリックで拡大します)
   20_右側も新しいビスとナットで


下は底面側からの写真です。
ヒンジ金具を締め付けるビスは左から5個です。
ビスはワッシャーを使用して面積を広く,強度を高めます。
1つだけナットがありますが,これは上パネル側からのビスを締めたナットです。
           (写真はクリックで拡大します)
   21_裏側から見ると

下は右側ヒンジの裏側です。予防保全で取り替えたビスの頭が見えます。
           (写真はクリックで拡大します)
22_右側のヒンジの裏側


下は,上パネル取り付けて,上パネルを締めた状態です。
このビスは2mmΦ,長さ20mmで良いですが,手元にあった3mmΦを使用しました。
           (写真はクリックで拡大します)
   23_ 上側から見ると


以上で作業は終了です。
裏面側にビスの頭が出た状態では,机にキズがつく場合があるため,左右のヒンジ部の底に
「消しゴム」を敷いてノートPCを使用します(高さ1cmほどのペットボトルのフタでもOK)。
これにより,パソコン底へ空気が入りやすくなり放熱も良くなります。


ノートPCを長く使うためのポイント
 (1) ヒンジを動かす回数を減らす⇒持ち運ばない時はディスプレイを開いたままにする。
      (私はシャットダウン後も開いたままにしています)

 (2) ディスプレイを閉じる時は,PCの電源LEDの消灯を確認してからゆっくりと閉じる。


全体目次へもどるは ⇒ こちら



  1. 2017/11/27(月) 15:31:39|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ