皆空の中で...

Lenovo G570 ヒンジ故障を自分で修理

ノートパソコン Lenovo G570のヒンジ故障修理

                        全体目次へもどるは ⇒ こちら

ノートパソコンは「持ち運べる・自由な場所で使える」利便さを得た一方で,
折りたたみ機構ヒンジ部の不具合が発生する欠点が生まれました。
この機構設計について「OSソフトや基板設計ほどしっかりと検討されておらず,
更に,機構部の耐久試験が十分に実施されていないのでは」と見えるノートPCがあります。
Lenovo G570でヒンジの故障が多いのは機構部への力の入れ方が不足していた結果でしょう。
(図面に書けないノウハウが若い設計者へ伝わっていないのかも)

次の写真は,ヒンジ部分がスムースに動かなくなった Lenovo G570です。
ヒンジ不良が無ければまだまだ使える性能のPCです。
          主な仕様
      型名:Lenovo G570 4334
      OS:WindowsR 7 Home Premium (SP1) 64ビット
      CPU:インテルR Core i5-2450M プロセッサー
      RAM:4GB(4GB×1)(PC3-10600 DDR3 SDRAM) /Max 8GB
      HDD:750GB(5400rpm) (シリアルATA/2.5 インチ)
      電源:20V 3,25A  製造:2012年4月15日


     a000_G570.jpg

メーカーの修理サービスやPC修理店へ依頼すると修理技術者の給与+管理費
相当の修理代が請求されると考えられるので,自分でチャレンジしてみましょう。
次の写真は修理に用いる工具です。
     a001.jpg


次はG570の底面です。矢印部分のネジを外します。
画面中央の下向き矢印部のネジを抜くとDVDトレイを引き出すことができます。
     a002_裏面のビスを外す


次はDVDトレイ,HDD,冷却ファンを取り外した状態です。
左の赤矢印のネジも外します。
     a003‗


次はキーボードの取り外しです。小さなマイナスドライバを写真の部分へ差し込み
キーボードの浮かせるように爪を外します。
     a004‗キーボードを外す


次はキーボードからのフラットケーブルを外します。
写真の黒い樹脂をユックリと手前におこします(写真は手前におこした状態です)。
     a005_フラットケーブルを外す


次のフラットケーブルは矢印の水色部分を手でもってユックリと引き抜きます。
    a006_ケーブルを抜く  a007ケーブルを抜く2


次の写真の矢印部にシールで隠された「隠しネジ」があります。
これを外さないと上部パネルがとれません。
     a007b.jpg



次は上部パネルがとれた状態です。写真上部の赤矢印部がヒンジの取付部分です。
左右とも本体から外れて浮き上がっていました。
     a008_.jpg



次は左側ヒンジ部の拡大写真です。
写真の「A」のビスは「a」へねじ込まれているべきですが,「a」のネジ山がバカになってビスが外れています。
「b」「c」のビスは「B」「C」へねじ込まれているべきですが,「B」「C」側の樹脂が壊れています。
     a009b_.jpg

上の写真の「A」の古いタッピングビスを抜いて,新しい3mmφ長さ20~25mmのナットを
ヒンジ金具穴「a」を通して「A]の穴に差し込み,筐体裏側でナットを取付し、ビスを締めます。

「C]の樹脂穴へ内側からドリルで2mmφの穴をあけます。
開いた穴は,筐体裏側から3mmφのドリル刃で拡大します。
「C」へ筐体裏側から3mmφ長さ20mmのナットを差し込み,ヒンジ金具穴「c」を通してビスで締めます。
 (ヒンジ金具の古いビスは取り外します)

次の写真の赤丸部「A」「c」は,新しいナット取り付けた金具を固定した状態です。
左側の赤丸部は,下からビスを入れて金具をナットで締めるとナットの高さが上側パネルにあたります。
     a010.jpg


次の写真は筐体裏側から見たものです。左側は内部側がビスの頭になっています。
本来は,金具の穴3つとも新しいビスとナットで締めたいのですが,写真のように
裏側が取外しパネルの境目となるため,今回は取りやめました。
   (強度的には3つとも新しいビスとナットで締めたほうがベター)
     a013.jpg


次は右側のヒンジ部です。左側と同様にすべてのビスが外れて金具が浮きあがっています。
本来は f はFへ, gはGへ, hはHへ締め付けられた状態でないといけません。
     a015b.jpg


左側のヒンジと同様にドリルで穴をあけて,新しいビスとナットで締めつけました。
次の写真の赤丸は新しいビスでヒンジ金具を締め付けた部分です。
(金具中のプラスネジも新しいビスに交換すると良いのですが,筐体裏側
のゴム足の取り外しとなるで取りやめました)
     a016.jpg



次の写真は筐体裏側から見た状態です。
     a017.jpg



ドリル作業中の写真が撮れませんでした。
ヒンジが外れてグラグラになったディスプレイとパソコン本体を支えながらドリルで
穴をあけている写真を撮るのは独り作業では大変です(助手が欲しいですね)。

次は「こんな感じでドリルで穴をあた」という写真です。
(筐体樹脂への穴あけなので指で回すドリルでもできます)
     a019.jpg


次の写真は修理を終えたヒンジ部を横からみたものです。
右の写真を拡大するとビスが下向きに出ていますが,これは,手持ちの長めのビスを
使用したためです(左の写真は丁度の長さのビスを使用)。
     a014.jpg a018.jpg


次は組立後の Lenovo G570 です。
ついでにWindows10へアップしようかと考えましたが,戸惑うかもしれないので先送りしました。

     a020修理終了OK


組立終了後,安定して動作することを確認します。
sfcコマンドでWindowsシステムのチェックをして完了としました。
  sfcコマンドでのチェック・修復方法は 前ページ ⇒ こちら 
  Windows10の場合の sfcコマンドの使い方は ⇒ こちら


ノートPCを長く使用するためのポイント
 (1) ヒンジを動かす回数を減らす⇒持ち運ばない時はディスプレイを開いたままにする。
      (私はシャットダウン後も開いたままにしています)

 (2) ディスプレイを閉じる時は,PCの電源LEDの消灯を確認してからゆっくりと閉じる。




全体目次へもどるは ⇒ こちら




  1. 2017/10/09(月) 09:00:58|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lenovo G570起動しない 修復の記録

起動ができなくなったLenovo G570の修復の記録
     Lenovo G570起動不良・スタートアップ修復でなおらない
                              全体目次へもどるは ⇒ こちら

友人から「Lenovo G570が起動できない」と相談がきました。
   主な仕様
      型名:Lenovo G570 4334
      OS:WindowsR 7 Home Premium (SP1) 64ビット
      CPU:インテルR Core i5-2450M プロセッサー
      RAM:4GB(4GB×1)(PC3-10600 DDR3 SDRAM) /Max 8GB
      HDD:750GB(5400rpm) (シリアルATA/2.5 インチ)
      電源:20V 3,25A  製造:2012年4月15日

   001起動不定G570


電源を入れたら次の画面が表示されました。
知人の話によると,この画面の「スタートアップ修復の起動(推奨)」で進めても
回復しない・・・とのことでした。
   003_スタートアップ修復画面


数年前に作っておいたCD「修復ディスク」で修復しようとCDの準備しました。
その前にと,ダメモトで上記画面の「Windowsを通常起動する」でトライしてみました。
      参考:システムディスクの作成は ⇒ こちら 

   004_修復ディスク


「修復ディスク」に恐れをなしたのか,なんとWindowsが通常起動しました。
では安定しているうちにと「sfcコマンド」でWindowsシステムのチェック・修復を
させることにしました。
sfc(システムファイルチェッカーツール)は Window7の場合,
すべてのプログラム>アクセサリ>コマンドプロント>管理者で開きます。
  Windows10の場合は ⇒ こちら

   005‗コマンドプロントの起動


コマンドプロント画面の C:¥windows¥system32> の右へ sfc /scannow と
打ち込んで Enter を押します。
次の画面は sfc動作の実行が50%まで進んだ状態です。
   006‗sfc


次の画面は sfc によるシステムファイルチェックが100%完了した画面です。
結果が「整合性違反を検出しませんでした」とでましたので,システムは
チェックされ修復されたと考えられます。
結果が「違反を検出しました 一部が修復できませんでした」と表示されたら,
もう一度 sfc /scannow と打ち込んで実施してみます。
 (2~3回実施しても,一部が修復できませんでした と表示される場合が
 ありますが, 大部分は修復されている場合があるので、PCの起動が
 安定してできる状態へ 回復している可能性があります。)
   007‗sfc結果


sfc でシステムが修復できたのか,その後,何度もシャットダウンと起動を
繰り返しても全く問題なく起動する状態へ回復しました。

起動不安定の要因の1つにハードディスクHDDのセクター不良によるが考え
られるので,HDDのS・M・R・T情報を調べてみました。
その結果、次のようにセクター関係の「生データ」に不安はありませんでした。
(下図の枠で囲んだ項目の「生の値」が増加している場合は要注意です)

   007‗G570HDD


何が原因で,起動不安定になっていたのか不明ですが,

 (1) シャットダウン直後にノートPCをパタンと閉じるような使い方をしている。
     (電源LEDが消灯する前にPCを閉じると,その振動で7500回転/分で動作中の
      HDDの磁気記録面に傷が発生し,徐々にWindowsOSが正しく読み取れなくなる
      ⇒起動できなくなる)

      
 (2) シャットダウンできなくなった時に電源ボタンを長押しして止めている。
                   (内部で起きる状態は(1)と同じ。HDDに傷が発生する)

 (3) Windows Update中に「あまりにも長くかかる」と,途中で電源ボタンを
   長押ししてPCを止めた。

                  (内部で起きる状態は(1)と同じ。HDDに傷が発生する)

などがあったのかもしれません。

半年に一度程度,sfc機能でシステムファイルのチェック・修復をすることが
起動不良の予防保全になります。
下は安定して起動できるように回復した画面です。
   008‗修理終了


安定して動作する状態へ回復したので,今後のために、
   (1) このLenovo G570用のリカバリディスクを作成
   (2) このG570を使ってWindows7 64bit 修復ディスクの作成
をしました。備えあれば憂いなしですね。

ノートPCを長く使うためのコツ
  ・シャットダウン操作の後,画面が暗くなってもディスプレイをパタンと閉じない。
   ノートPCの電源LEDが消えてから閉じる。
   (画面が暗くなってから30秒以上経過してから閉じるでもOK)

  ・ノートPCを持ち運ばない時はシャットダウン後もディスプレイを閉じない。
   (ゴミが気になるなら薄い布でもかけておく)



Windowsは安定して起動できるように回復しましたが,このG570はディスプレイを
支えるヒンジが壊れかけている状態でした。
近いうちに,両側のヒンジが筐体から外れてグラグラになりそうです。

急遽,G570のヒンジの修理をすることになりました。
次のページへ続く

次のページは ⇒ こちら 

全体目次へもどるは ⇒ こちら






  1. 2017/10/08(日) 16:24:23|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows10 2017年8月9日の Windows Updateで更新履歴が表示されない。

2017年8月のWindows Updateで更新の履歴が消えた。
                              全体目次へもどるは ⇒ こちら

後日記:驚いてこのページを描きましたが,この症状についてMicrosoftは把握しており,
      近く改善するようなので問題視する必要はなさそうです。


2017/08/09に配信されたWindows10のWindows Updateを実行したら更新の履歴が表示されなくなりました。
下は「更新プログラムがまだインストールされていません」と表示された更新履歴の画面です。
      10更新履歴が消えた01
Windows10のバージョンが1607から1703へのバージョンアップなら更新履歴の管理が
刷新されるかもですが,月例のWindows Updateで履歴が消えると何がインストール
されたのかわからなくなります。
(コントロールパネル>プログラム>プログラムと機能>インストールされた更新プログラム
と開くとインストールされた更新プログラムがわかります。)


この症状は,この1台のPCのみかな~?と思い,Windows10 Home,Windows10 Proなど
3台のPCでWindows Updateを実行してみましたが同じでした。
セキュリティSoftと関係があるかと思い,セキュリティSoftを抜いて試しましたが同じでした。

下図は「今すぐ再起動する」ボタンを押す直前の更新履歴です。履歴が表示されています。
   再起動直前の更新履歴


下は「今すぐ再起動する」のボタンが表示された画面です。
   2005再起動画面


上の「今すぐ再起動する」ボタンで再起動させました。いつもと同じようにインストール動作となり,
問題なく再起動できました。
ですが,更新の履歴を表示させたら,直前までの更新の履歴がすべて消え,下の画面のように
「更新プログラムがまだインストールされていません」と表示されました。
     10更新履歴が消えた04


ではと,Windows 10 Creators 1703へアップ済みのPCでWindows Updateをさせてみたところ,
下のように更新履歴が表示されました。
   Windows10 1703更新履歴


推測ですが,今回のWindows Update動作の最後にインストールされた
「2017-08 x86ベースシステム用Windows 10 Version 1607の累積更新プログラム(KB4034658)」
によって,Windows10 1607バージョンでは,「履歴の表示」ができない症状をおこしてしまった
のではと考えます。
(インストールされたパッチの管理はされてるが,その管理テーブルから履歴表示として
読み出して表示できない・・・と言う症状ではないかと推測します)

数日待てば,この不具合の修正パッチがWindows Updateとして配信され,修正されるかも
と期待しています。

【追記】
コントロールパネル>プログラム>プログラムと機能>インストールされた更新プログラム
と開いて確認したところ,次のようにインストールされていました。
   インストールされた更新プログラム

この問題についてMicrosoftは把握しており,近く改善するとしています。
本件のMicrosoftのページは
   こちら ⇒ https://support.microsoft.com/en-us/help/4034658/windows-10-update-kb4034658



全体目次へもどるは ⇒ こちら

  1. 2017/08/12(土) 19:02:44|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEC VersaPro VK25MX-B へ無線Lanカードの取付け

NEC VersaPro VK25MX-B (PC-VK25MXZCB)へ無線Lanカードの取付け
           無線Lanカード用のアンテナ長さを計算し自作
              VersaPro VK25MX-B 無線Lanスイッチ操作

                          総目次へもどるは ⇒ こちら

VersaPro VK25MX-B(2010年11月モデル)のHDDをSSD化し,Windows10 Anniversary 1607 へUpdateしました。
     VersaProのHDDをSSD化は ⇒ こちら 
      Windows10 Anniversary Updateの手順は ⇒ こちら 

ついでに無線Lanカードの取付をしてみました。
     1.NEC VK25MX-B
USBポートへ差込む無線Lan子機を使用すれば簡単ですが,USBポートが多くないので
無線Lanカードを内蔵できないか調べてみました。
このVersaProはビジネス用途のためか,無線Lanの電源スイッチがありません。
(2016年のVersaProは無線Lanの電源スイッチがあります)

裏面のHDDカバーを外すと,右側に無線Lanカードを挿し込めるPCIスロットがありました。
次の写真はPCIスロットへ無線Lanカードを挿し込んだ状態です。
  写真の①は無線Lanのアンテナです((MAIN側)。
  写真の②は無線LanカードのMAIN端子から①への同軸ケーブルです。
         (細い線ですが,同軸ケーブル構造になっています)
  写真の③は無線LanカードのAUX端子から④方向のアンテナへの同軸ケーブルです。

この頃のVersaProビジネスモデルは基本的に無線Lanの利用を考えていないのか,
アンテナ線が準備されていません。
   2.HDDカバーをあけて

次は無線Lanカードの拡大写真です。
カードは標準的なドライバーで動く Intel 112BNHMWを使用しました。
アンテナ線は古いWindowsXPのPCから切取って利用しました。
   3.無線lanカードの取り付け


アンテナ線は単なる電線ではありません。テレビアンテナの同軸ケーブルを細くした構造の線です。
無線Lanのアンテナは次の計算で設計して自作します。
4.0 アンテナ長の計算
下図の1番目のアンテナがベターですが,PC内部に広げる場所がないので,下図の2番目の構造としました。
下図の3番目も良いですが薄い銅板に半田付けが必要となるので止めました。
   4.1 アンテナの形状

次の写真が自作したアンテナです。構造は上図の2番目です。
同軸ケーブルの被覆をカッターの刃で3.1cm分取り除きます。
     (注意して作業をしないと同軸の外皮線を切ってしまいます)
中心線をそのまま伸ばし,外皮線をケーブル側へ戻してセロテープで絶縁します。
   4.2 無線lanのアンテナ

次の写真は,無線LanカードのMAIN側のアンテナです。
写真のAは同軸ケーブルの中心線3.1cmの部分です。Bは外皮側3.1cmの部分です。
   5.MAINアンテナの配置

次の写真の白い線は,無線LanカードのAUX端子からの同軸ケーブルです。
同軸ケーブルの先端は3.1cmの中心線と3.1cmの外皮線でアンテナ構造とし,テープで絶縁して右の筐体の中へ差込みました。
写真の白楕円の内側のマザーボードに無線Lanカード用の電源スイッチがあります。
   6.スイッチの位置

無線Lanカード用の電源スイッチの写真を撮るのを忘れましたので絵でかきます(下図)。
上の写真の状態で,PCのすべてのビスを取り除くとPCの裏カバーが浮きます。
裏カバーを取り外さなくても,隙間から「白楕円」の内側にあるスライドスイッチを
細いドライバーで右へスライドすればOKです。
   7.無線lanカード ON OFF

以上の作業で,無線Lanカードが働きました。

今回,無線Lanカード用のアンテナを自作してみましたが,安価に市販されていますのでそれを利用しても良いでしょう。
PC内部へアンテナ線を潜り込ませる場合は,基盤の部品に接触しないように絶縁をして行います。
最初に書いたように,USB端子へ差し込んで使用する無線Lan子機の利用が最も簡便です。


総目次へもどるは ⇒ こちら





  1. 2016/08/22(月) 17:16:52|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows10 Anniversary Updateの実行

Windows10 Anniversary Updateの実行

                       総目次へもどるは ⇒ こちら


Windows10無償アップグレードが2016年7月29日に終わり,8月2日,Anniversary Updateが公開されました。
Anniversary Updateの細部はわかりませんが,無償期間中に発見された諸問題,ユーザーからの要望などを取り入れた新しいバージョンと考えられるので,早速にAnniversary Updateを実行しました。
以下は、その記録です。

事前準備:外付けHDD,USBメモリをはずします。
       スリープまでの時間を2時間以上にします。

1.画面左下のスタートマーク(白い窓アイコン)を左クリック⇒設定を開き,
  「更新とセキュリティ(下図)」を開きます。
          01 Anniversary


2.下図の「詳細情報」をクリックします(赤枠文字)。
        02 Anniversary


3.下図は赤枠をクリックします。
        03 Anniversary


4.先ず,アップグレードアシスタントのダウンロードが始まります。終了すると画面下部に次が表示されます。
  次の赤枠「実行」をクリックします。
     12345.jpg
  上の画面が表示されない時は,ダウンロードフォルダーの中に次のアイコンができている場合があります。
  これをクリックして起動させてもOKです。
               キャプチャ567



5.下図は赤枠をクリックします。
        04 Anniversary


6.下図は何もしないで待ちます(数秒で終わります)。
        05 Anniversary


7.ダウンロードが始まったら何もしないで,矢印の値が100%になるまで待ちます。
        06 Anniversary


8.ダウンロードが終了すると,プログラムの更新が始まります。
  矢印の数値が100%になるまで待ちます。
        07Anniversary.jpg


9.プログラムの更新が終了すると次の画面が現れます。今すぐ再起動をクリックします。
  (そのまま放置しても時間が来たら自動で再起動します)
        08Anniversary.jpg


10.更新プログラムの構成動作が始まります。
     (100%になるまで待ちます・・・しばらく時間がかかります)。
     21 更新プログラムを構成しています


11.設定の選択は「簡単設定を使う(下図赤丸)」クリックでOKです。
     22 簡単設定の選択



12.Cortanaの選択は「今は実行しない」で進めました。
     24 Cortanaの選択


13.最後の処理の時間が経過したのち,次の画面が表示されたら,プログラムの更新は終了です。
        09Anniversary.jpg



【参考】Anniversary Update後のバージョン確認
   スタートマークを左クリック⇒設定⇒ 「システム(下図)」を開きます。
          12 Anniversary
    開いた画面の左メニュー(文字)をスクロールして、最下段の「バージョン情報」をクリックします。


  下図の画面の赤枠がバージョンです。
   1607 は2016年07月バージョンと言う意味でしょうか?
          14 Anniversary


注意:アップグレードすると,システムの復元ポイントの設定が無効になっているので,
    早めに「有効」にしておくことをお勧めします。
    Windows10のシステムの復元ポイントの設定の手順は⇒こちら 
    



総目次へもどるは ⇒ こちら


  1. 2016/08/11(木) 11:35:57|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ