FC2ブログ

皆空の中で...

American Megatrends画面が表示されたままPCが起動しない

American Megatrends画面が表示されたままPCが起動しない
                           全体目次へもどるは ⇒ こちら

知人から「American Megatrends の文字が表示されたままPCが起動しない」と
PC画面の写真が届きました(下図)。
これはAmerican Megatrends, Inc のBIOS (AMI BIOS) からの状態表示画面です。
   1_AmericonMega.jpg
American Megatrends 画面が表示される原因は色々です。
  BIOSの設定を保存をしているC-MOS用のボタン電池の劣化によって年月日などが
  リセットされ表示されるケースもあります。その場合は,ボタン電池を交換し,年月日など
  正しく設定すれば正常に起動するようになります。

上図の場合は「S.M.A.R.T Status Bad,Backup and Replace」と表示されているので,
ハードディスク(HDD)内部で物理的異常が発生し,Windowsが読みだせないことが原因です。
(S.M.A.R.T は Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technologyの略)

PCに保存されているデータのバックアップを優先すべきですが,その前に,
正常に動くPCへUSB経由でHDDを接続して S.M.A.R.Tの状態を調べました。
下図がCrystalDiskInfoでS.M.A.R.Tを表示させた画面です。
  (1) 下図の赤矢印①の総合判定で「異常」と表示されています。
  (2) 赤矢印②「セククター不良が発生して代替え処理した数」が512(16進数)
     も発生しています(10進数では1298)
  (3) 赤矢印③セクタ不良が発生し,代替処理数が11FCも発生しています。
     (11FCは10進数では4604)
  (4) 赤矢印④現時点で異常があり、代替処理を待つセクタの数もあります。

下図のようにヒドイ状態では起動時にHDDからRAMへWindowsが読み出せず,
Windowsは起動できないでしょう。
    22_SMART状態

PCの持ち主へ「リカバリディスクを作っているか」と確認したら,無いとのこと。
Windows OS ディスクも持っていないとのこと。

さて,どうするか・・・
個人データのみでも救出すべく,Windows PE CDか,KNOPPIX_CDで起動させて救出するか
と考えましたが,故障HDDを他のPCへUSB接続しても,途中で認識できなくなる症状が
発生します。 個人データを救出できるかどうかわかりません。
ダメもとで「ハード的コピー」ができないか試してみることにしました。

下図は「ハード的コピー」に使用してみることにした「Century クローンプラス」です。
PCを使用せず「HDDまるごとコピー」ができる製品ですが,注意書きに
「HDDにセクター不良がある場合はコピーできません」と書かれています。
     3_IMG_20200404_174042.jpg

下図は「クローンプラス」へ不良のHDDとコピー先HDDの2つを差し込んだ状態です。
電源をONして,コピーを開始させました。
     4_IMG_20200404_174012.jpg

開始から2時間経過しても,コピーの進行度に合わせて増えるLED表示が増えません。
3時間経過しても全くLED表示が増えないので,不良セクターが多いのでコピーできない
のかと考え,コピーを停止させました。

ダメもとで,コピされた側のHDDをPCへ内蔵して電源をONしたら・・・
なんと,Windows10が正常に起動したではないですか!!
大量のセクター不良が起きているHDDからのコピーなので,正常に起動できるとは
思っていませんでした。

起動できたので,先ずはWindowsの修復を・・・と考えて sfc機能でシステムファイルチェック
を実行しました。 sfcはチェックと同時に修復をしてくれる優れものです。
     sfc機能の使い方は ⇒ こちら 

再起動させ,問題なく起動することを確認し,再度,sfcを実行しました。
個人データが失われていないか,ネット接続は安定してできるかを確認しました。

セクター不良が大量に生じているHDDだったので,個人データが取り出せれば良いな~
と考えていましたが,Windowsを含めてHDDへコピー取り出しできたのは何故なのか
詳細にはわかりません。
先ずは,丸ごとコピーをやってみるものだと思いました。


今回ケースは,「ハード的コピー」で復旧できましたが,HDDのセクター不良による
起動不良が同じ手順で回復できることを保証するものではありません。


全体目次へもどるは ⇒ こちら





  1. 2020/04/04(土) 21:57:24|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Windows7サポート終了前にWindows10へアップを 2019年10月

Windows7のサポート終了の前にWindows10へアップを実行
     (2019年10月に実行した記録)

                     全体目次へもどるは ⇒ こちら

2019年10月,Windows7の期限がせまってきたのでWindows10へアップして欲しいと、
古いノートPC がやってきました (Windows7のサポート終了は2020年1月14日)
      品名: SONY Vaio PCG-5J5N
      CPU: Core 2 Duo T7500 2.20 GHz,
      チップセット:Intel  GM965 Express
      RAM : SDRAM DDR2 667 2GB×1+ 1GB×1 計3GB
      OS:: Windows7 発売当時はVista


Windows10が発表される前に製造されたPCはWindow10を想定した設計がされていません。
そのようなPCがWindows10で動作するか否かはアップしてみないとわかりません。

CPU,チップセットがIntel であればアップできる望みがありますが,
Intel でない場合は別途ドライバーを入手する必要があります。
テレビ機能を内蔵している機種はテレビ機能が動かなくなる場合があります。
Windows10アップによって動作速度低下した場合はHDDをSSDへ交換が効果的です。



このPCでの最後のWindows7の起動画面です。
     0001Win7.jpg


【事前準備】
準備1:アップ作業中にPCがスリープしないように「スリープ動作までの時間」を長くします。
    設定変更画面(下図)は 
    コントロールパネル>ハードウエアとサウンド>電源オプション>
プラン設定の変更
    と開きます。

    スリープまでの時間を3~4時間にして「変更の保存」をします。
         Win7 電源設定


準備2:Windows10へアップ作業中にWindows7のUpdateが起動することを避けるため,
    次の手順でWindows7のUpdateを実行します。
   手順:  
    スタート > すべてのプログラム > WindowsUpdateと開きます。
    下図が表れたら,赤楕円「更新プログラムの確認」をクリックします。
    確認の結果、利用可能な更新プログラムがある場合はインストールします。
    更新プログラムのインストール後に再度「更新プログラムの確認」をクリックして
    下図右のように「更新プログラムはありません」となるまで繰り返します。


       0002 Upadate更新2





準備作業は以上です。
ここからが本番です。

【Windows10 アップ作業開始】
  PCの性能,ネット回線速度が高くない時は作業終了まで3時間以上かかる場合があります。

【1】Microsoft公式サイトからWindows10のダウンロード
  Google ChromeまたはInternetExplorer11でネット接続します 。
  検索枠へ" Windows10 ダウンロード "と入れて検索します。
  検索結果から次の公式サイトを選択して開きます。
  ポイントはURLが下図の黄色アンダーラインの通りであることです。
  (URLが下図の通りならMicrosoftの公式サイトです)
   0001 Windws10ダウンロード検索



【2】公式サイトを選択して開くと下図の画面が表示されます。
  下図の赤楕円「今すぐツールをダウンロード」をクリックします。
   001ダウンロード画面




【3】同画面の左下に矢印アイコンが表示されます。アイコンの輪が一周するまで待ちます。
          b002 mediaCreation Tool




【4】アイコン輪が一周し下図矢印のアイコンMediaCreationToolへ変わったら、
   アイコンをクリックします。

          b003メディアクリエイションツール



【5】次の画面は「はい」で進めます。 
         ユーザーアカウント制御画面




【6】次の画面が中央に表示されます。
   表示されない時は前【2】の「Wondow10のダウンロード」画面を閉じてください。

   動作が進むので何もしないで待ちます。
     c005.jpg



【7】次の画面が表示されたら、赤矢印「同意する」をクリックして進めます。
   c006.jpg



【8】次の画面は何もしないで待ちます。
    c007.jpg



【9】次の画面が表示されたら赤矢印の「このPCを今すぐアップグレードする」に
チェックして、「次へ」で進めます
     c008.jpg



【10】次の画面が表示されたら、進捗が100%まで進むまで待ちます(時間がかかります)。
     c009.jpg


【11】次は95%まで進んだ状態です(もう少し待ちます)。
     c010.jpg



【12】下図のダウンロードの検証画面は何もしないで待ちます。
     c011.jpg



【13】下図の画面も何もしないで待ちます。
     c012.jpg



【14】更新プログラムのチェック画面も終了するまで待ちます。
     c014.jpg



【15】次の画面も何もしないで待ちます。
     c015.jpg



【16】次の画面も何もしないで待ちます。
     c016.jpg



【17】次のライセンス条項画面では「同意する」をクリックして進めます。
     d017.jpg


【18】次の画面が始まります。何もしないで待ちます。
     d018.jpg


【19】次の更新プログラムのチェックは100%になるまで待ちます。
     d020.jpg


【20】46%まで進みました。100%となるまで待ちます。
     d021.jpg



【21】次の画面は短い時間で終わります。
     d022.jpg



【22】ようやくインストール画面まで進みました。
  下図の2つの赤丸にチェックしてインストールで先へ進めます。

  これからはPCが再起動したりして、画面が真っ暗の状態が長く続くことがありますが、
  あわてないで待ちます。
     d023.jpg



【23】インストールが始まり,進捗状況が100%になるまで待ちます。
まだまだ時間がかかります。
     e 01



【24】プログラムの更新が始まりました。この画面も100%になるまで待ちます。
  27%付近で進みが止まったようになりますが,何もしないで待ちます。
  75%付近で画面が真っ暗となり再起動が始まりますが,何もしないで待ちます。

  100%になると再起動して Windows10で立ち上がります。
     e 02


【25】再起動後に次のような風景画面(下図は例)が表示されたら,
   10秒ほど待って,画面中央をクリックします。
   Windows起動パスワード枠が表示されたらパスワードを打ち込みます。
    ロック画面01


【26】Windows10で起動した後、次の画面が表示されます。
全てを「はい」にする必要はありません。
     e 03


【27】最終段階で、EdgeのPR画面が表示されますが、右上の×で閉じてもOKです。
     e 04 Edge



【28】以上でWindows10へアップグレードできました。再起動させてみてください。
Windows10の起動画面で立ち上がればアップデートは終了です。
再起動は,下図の「スタート」クリック⇒電源アイコンクリック⇒再起動クリックです。

       電源アイコン2

   シャットダウンは上図の「スタート」クリック⇒電源アイコンクリック⇒シャットダウンをクリックです。


後処理として,復元ポイントの設定を有効にします。
その方法は⇒こちら システムの復元ポイントの設定の手順


数日使用し、Windows10が安定して動作する状態が確認出来たら,
Windows7を削除して良いでしょう。
ディスクのクリーンアップ機能で、システムのクリーンアップを選択して
実行することで古いWindowsを削除することができます。

ページの頭に記載しましたが,Windows10はWindows7より機能が多いため,起動動作が重くなります。
この改善策として最も効果が期待できるのはHDDをSSDへ交換です。
SSDへ交換がCPU交換やメモリ増設よりも安価で効果的です。
交換方法例を次のページに記載しました(私のページです) ⇒ こちら  

   http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-232.html


全体目次へもどるは ⇒ こちら




  1. 2019/10/01(火) 18:12:33|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows10 1903 Update エラー 0x8007000e

1019年6月 Windows10 1903 Update エラーコード:(0x8007000e)
            ( Windows10 1903 Update エラーが発生 1つの対処 )
                      全体目次へもどるは ⇒ こちら

ダウンロードの途中で、次のエラー 0x8007000e が表示されましたが,
以下の手順で進めたら1903へUpdateできました。
  Windows Update 更新が失敗しました
  更新を完了できません。デバイスを再起動してください。その後、
  再試行されます。エラーコード:(0x8007000e)


10台のPCでUpdateを実行した結果,エラーコード 0x8007000e は
RAM8GB未満のPCで,ダウンロード中に発生しました。

メモリ3GB認識の32bitパソコンでも,エラー表示画面の都度,PCを再起動して
続行したところ1903へUpdateができました。
 (1903へのUpdetaは急ぐ必要はないので公開後3か月ほど経過してからの実行がベターかも)


【以下は今回のUpdateの記録】
  事前準備:PCの負荷を軽くするため、バックグラウンドアプリをOFFにした。
     (手順: 「設定」>「プライバシ」>「バックグラウンドアプリ」と開き,「Edge」を除くアプリをOFFに)
  タスクマネージャ>スタートアップを開き,Microsoft One Driveを無効にした


Update作業:
「スタート」⇒「設定」⇒「更新とセキュリティ」を開き、Windows Update「更新プログラムのチェック」を開始します。
下図の青色文字 「今すぐダウンロードしてインストールする」 をクリックします。

   001.jpg



Windows Updateの準備が始まります(下図左)。 準備が100%まで進みました(下図右)。
(スペックの低いPCでは「準備をしています」の段階でエラーが発生することがあります。
 「PCを再起動」させ Update動作を繰り返せば進みます)

  004.jpg 005.jpg


ダウンロードが始まりました。
        008.jpg


下図はダウンロード中のRAMメモリ使用量を見たら94%に達していました。
(RAM8GBのPCで実行してみたら96%7.6GB使用中になったので,あれば有るだけ使用するのかな)
    010.jpg


RAM容量が5GBではUpdate動作で不足だったのか エラーコード:(0x8007000e)が表示されました。
あわてないで、下図の赤線にあるように「PCを再起動」します(再試行をクリックせずPCを再起動)
   
     013b.jpg



再起動したら手動で「更新とセキュリティ」⇒「Windows Update」を再開します。
下図の画面が表示されたら,赤矢印の「今すぐダウンロードしてインストールする」 をクリックします。

     014再度トライ



Windows Update動作が最初にもどって再開しますが,少し待つと,エラーになったダウンロードの点まで
短い時間で進み,中断点から再開する動作をしました。
     再びエラーが発生することがありますが,「PCを再起動」させ
     Update動作を繰り返せば最後まで進みます)


   017.jpg 018.jpg


インストールが始まりました(下図左).。100%に達してもインストール終了までは時間がかかりました。
   020.jpg 024.jpg


次の画面がでたら再起動します。
   025.jpg



まだまだ時間がかかります。
  インストール中



やっとWindows10 1903 が起動しました。
   030.jpg



1903にアップ作業によって,システムの復元ポイントが無効になっている場合があります。
必ず、有効にしておくことが必要です。


有効にする手順は⇒こちら http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-240.html

【後日追記】
 6月12日,古いNEC VersaPro VB-B, [CPU:Cleron U3400@1.07GHz, RAM3GB, 32Bit]で,
 1903へのUpdateをテストした結果,エラーが発生せず完了しました。
 ダウンロード中にRAM使用量がギリギリまで増加する症状も起きなくなりました。
 MicrosoftがUpdateシーケンスSoftを改善したのかもしれません。
 こんな低スペックのPCでもUpdateできたので,確認のために スペックが同じ機種で
 再実験してみたら,「準備をしています95%」でエラーコード:(0x8007000e) が発生しました。
 「再起動してUpdate」を何度も根気よく繰り返し多ところ「ダウンロードしています」へ進み、
 何とかUpdateできました ・・・時間がかかりました。




全体目次へもどるは ⇒ こちら



  1. 2019/06/08(土) 12:47:07|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

悪質なフィッシング詐欺広告に引っかり,画面が消せない 元の状態へ戻す

悪質なフィッシング詐欺広告に引っかり,悪質画面が消せない 元の画面にもどす方法
 要約:
  ある日,突然,異常な警告画面が表示され,その画面が消せない状態となった。
  ウイルス監視除去の契約を求め,その費用としてクレジット番号などの打ち込みを
  要求する画面が表示された。PCを強制シャットダウンをしたが,翌日も同じ画面が現れる。 
  以下は, 詐欺画面の閉じ方,消し方, 詐欺ウイルスで汚されたPCを元のきれいな状態へ
  もどした記録です。

                      全体目次へもどるは ⇒ こちら

2018年1月,山歩きが好きなMさんから「ネットで山のページを見ていたら,突然
Microsoftの画面に変わり,警告文字が表示され,その画面が消せない,困りました~」
と電話がきました。   

Mさんが見ていた山のページは次の画面のようです。
この画面を見て「怪しい・うさんくさい」と気づく人は少ないでしょうね~。
Mさんは「この山の位置はどの辺かな~」と 「地図と道順 」の右の「開く」をクリックした。
・・・このクリックがことの始まりです。
   1_Online Maps-地図と道順 書き込み無し2



【ワナと気づかぬような フィッシング詐欺広告】
 Mさんは,山のページの説明文に続く「地図と道順」なので不審に思わなかったのです。
最近は,ページの文の続きのような表現で「うさんくさいと感じさせない広告」を挿入
しているものがあります。
即ち,
ワナをワナでないように見せる広告のです。
下の画面がワナ広告部分です。・・・(赤文字は後からの書き込み)
  2_フィッシング広告

ワナ広告は次のような画面の場合もあります。
  Free Map広告
  無料マップとクイック報告


これらが広告とわかるのは,右側の水色の ① X の記号です。
薄い線で囲まれたエリアの右上、右下,左上,左下のいずれかに下図の
 記号がある
場合は広告です(下図は例です)。
 (私のページは広告契約をしないので広告は表示されません。ご安心ください。)


     広告の記号1



通常の広告なら問題ありませんが,この広告の「開く」をクリックすると,悪質な
フィッシングサイトへ飛ぶ仕組みになっていたのです。
  (困ったことに,悪意の仕組か否かはクリックしてみないと判りません)。
私が試したところ,
Symantec Nortonセキュリティをインストールしていても防げませんでした!
・・・「開く」などの表示がある広告は怪しいと思ったほうが良いでしょう・・・
 この悪質なフィッシング広告は,山ガールの作成者が挿入したものではなく,
  ネット広告取引を0.1秒で処理するリアルタイム入札
(RTB:Real-Time Bidding)
  で詐欺グループが落札し広告表示させたと考えます。)


悪質なワナ広告と見抜けなかったMさんが地図を見ようと「開く」をクリック
しただけで,下図のニセモノMicrosoft詐欺画面が大きく表示され,同時に
Microsoftです・・と女性のアナウンスが始まったとのことです。

 表示されたニセモノのMicrosoftの警告画面(図はクリックで拡大できます)   
          (赤文字は説明のための書き込みです)
2_開くで表示された詐欺画面




【画面の電話番号に電話をしてはダメ】
Mさんは,この画面を右上隅のXクリックで閉じようとしましたが,閉じることが
できないので,女性のアナウンスにしたがって画面に表示されている電話番号へ
電話をしたとのことです。
   ・・・・絶対に電話をしてはダメなのに・・・・
 (Mさんは,Microsoftのロゴを見てMicrosoftと信用してしまった模様)
  よく見ると中央の下部の黄色アンダーラインに「Googleに連絡とか,
  Googleエンジニアとか」Microsoftなのに変な説明がありますね。

電話したらマイクロソフトの者と称する人が少しおかしい日本語で対応し,
「調査のために」と Mさんのパソコンへアクセスを求めたので,許可した結果,
 ・エラー,警告が重なっており消す必要があります。
 ・消す作業の前にウイルス監視の契約をする必要があります。
 ・その費用として半年契約なら 28000円,1年契約なら 35000円です。
  クレジットカード情報を連絡するか,ATMから現金を振り込むように求められた。
 ・・・・この間に更なるウイルスがPCへ送り込まれた可能性あり・・・・

Mさんは,何か変だと気づき,ここで電話切ったとのことです。
 ・・・気づいて良かったですね~
しかし,
画面右上隅のブラウザを閉じる X をクリックしても画面が消えないので,
PCをシャットダウンさせ,再度PCを起動させたが同じ画面が表示された。
翌日起動させても同じ画面が現れて消せないので 私へ連絡したとのこと。


・・・ここまでが,詐欺広告のワナに引っかかった経過の話です・・・
・・・ここからは,引っかかってしまった時の話です・・・



【ニセモノ詐欺画面を閉じる・消す方法】
 詐欺師の目的は金を取ることです。パソコンを壊すことではありません。
  起動の都度,画面いっぱいに警告を表示させ,困らせて修理契約費として
  お金を振り込ませることです。
  パソコンが起動できないほどWindowsを壊すと警告画面も表示できなくなり,困らせて
  金を振り込ませることができなくなるので, そこまで壊すウイルスでなく,詐欺画面を
  消せないように,これを消すWindowsの修復Softが動かせないように部分的にWindowsを
  壊すウイルスをパソコンへ送り込んでいるのです。




【詐欺画面を閉じる・消す手順】
キーボードの「Ctrlキー」「Altキー」「Deleteキー」の3つを同時に押します。
次の画面が表示されたらタスクマネージャー(下図赤丸)をクリックします。
     タスクマネージャーを選クリック

開いたタスクマネージャー画面(下図)の左下の赤丸が「簡易表示」の場合,赤丸を
クリックして,「詳細(D)]の表示へ切替えます。枠内へ表示されたブラウザの文字を
マウスで選択して,右下の「タスクの終了」をクリックします。
他のブラウザも同様に終了させます。
これでニセモノMicrosoft警告画面が消えるか試す。
     タスクマネージャ表示切替




【完全シャットダウンさせます】
  完全シャットダウダウンの操作図
       完全シャットダウンとは:次回の起動時に直前の動作情報を引き継いで
                       起動しないようするシャットダウン操作。






【再び詐欺画面が現れる場合】
以上の操作で詐欺画面が消えても,PCを再起動させると,再び同画面が現れる場合は
PCへ送り込まれたウイルスは消えていません。
次の手順で「システムの復元」をします。
手順:
コントロールパネル>システムとメンテナンス>回復(R)>システムの復元と開きます。
システムの復元の画面が表示されたら,このページ後半の【システムの復元の操作手順】
に沿って操作をします。
 残念ながら,ウイルスに邪魔されて,システムとメンテナンス>回復(R)と開けない
 場合は次の方法へ進みます。



【ウイルスに汚されたPCを元のきれいな状態へもどす】
上記の手順で「システムの復元」が実行できない場合は次の方法で進めます。
下図のスタート>電源と開き,Shiftキーを押したまま再起動をクリックします
          5‗保守画面の起動

この手順で再起動し,「オプションの選択」画面が表示ができない場合は,
キーボードの「Shiftキー」,「Altキー」,「Deleteキー」を一緒に押します。
再起動をクリックの図


しばらく待つと下図左の「オプションの選択」画面が表示されます。
表示されたら「トラブルシューティング」を開き,右図の「詳細オプション」を開きます。
  6‗トラブルシューティングを開く017‗トラブルシューティングを開く01

下図の詳細オプション画面は「システムの復元」開きます。右図はアカウントを選びます。
  8‗詳細オプションで復元を開く9‗アカウントを選択


下図はパスワードを入れて続行します。パスワードを設定していない場合はそのまま続行します。
     10‗パスワードを入れる


以上の操作で次の画面が開いたらシステムの復元の操作を開始します。
【システムの復元の操作手順】

下図は「次へ(N)]で進めます。
     01_システムの復元01

下図の復元ポイントの選択は赤矢印にチェックをして、表示された復元ポイントの
中から一週間ほど前の日付のポイントをクリック選択して「次へ(N)」で進めます。
     02_復元ポイントの選択

次の確認画面は,選択した日付を確認して「完了」で進めます。
     03_確認画面03

以後は,画面の流れに沿って続行します(進めます)。
    04再確認
    05.jpg


準備が終了すると,PCが自動的にシャットダウンします。
そのまま待つと 水色の背景に白文字で
「Windowsファイルの設定を復元しています しばらくお待ちください初期化しています」
の文字が表示されます。
次いで「レジストリーの復元をしています」→「シャットダウンしています」→
「Windowsを起動しています」と表示が続き、PCが起動します。

ニセモノMicrosoft詐欺画面が表示されなければ回復です。
手動でWindows Updateを実施すれば終了です。


質問がある場合は
右下のコメントをクリックし,コメントに書き込んでください。
管理者だけに表示を許可するにチェックして非公開コメント形式でもOKです。
非公開コメントの場合は,こちらから返信できるようにメールアドレスを記入ください。


全体目次ページへもどるは ⇒ こちら


  1. 2019/01/15(火) 15:05:15|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デスクトップのアイコンの絵が変わった時 元にもどす方法

デスクトップのアイコンの絵が変わった時 元のアイコンへもどす方法

                        全体目次へもどるは ⇒ こちら

「Office Word のアイコンのWが消えてテキストのようなアイコンに変わってしまった」
と相談がきました。
            WordアイコンからWが

この症状は,アイコンのキャッシュが破損した場合などに発生します。
破損しているアイコンキャッシュを削除してPCを再起動することで元のアイコンへもどります。
  (キャッシュを削除すると起動時に新しく作成される)

【事前の作業】 隠しファイルが表示できるようにする作業

1.コンロールパネルを開きます。
  (開き方がわからない時は,スタートの右のコルタナをクリックし,コントロールパネルと
  打込み,同画面の上部に表示された文字「コントロールパネル」をクリックします)


  
2.コントロールパネルの中の「デスクトップとカスタマイズ」をクリックします(下図)。
          a 03


3.次の画面は「エクスプローラのオプション」をクリックします(下図赤枠)
     a 4


4.次の画面では赤丸のタグ「表示」を選びます。
  画面の下部の赤枠「隠しファイル、隠しフォルダー・・・表示しない」の丸のチェックをマウスで消します。
     a 05



5.次の赤枠「隠しファイル、隠しフォルダー・・・表示する」の左の○へチェックをつけて、
  画面下部の「適用」をクリックし,次いで「OK」をクリックします
     a 07

以上で事前作業は終わりました。




【本作業】  IconCache.db(アイコンキャッシュ)の削除の作業手順

6.PC(マイコンピュータ)を開きます。
     (PCアイコンが見つからない時は,コルタナへPCと打込むと見つかります)

  PCを開くとWindowsOSが入っている(C)ドライブが表示されます(下図)。
  これをクリックして開きます。
          b 01


7.開いて表示されたリストの中の「ユーザー」を開きます。
     b 02


8.開いた画面の中の「ユーザ名のフォルダー」を開きます。
     b 03


9.次の画面では「AppDate]を開きます。
     b 04


10. 次の画面は「Local」を開きます。
     b 05


11.開いた次の画面の下段に「IconCache」ファイルがあることを確認します。
   b 06



12.下図の「IconCache」を右クリックし,ポップアップ画面の「削除」をクリックします。

   b 07


「IconCache」ファイルが削除されたら,PCを再起動します。

ファイルのアイコンの絵はもとへもどりましたか?


「IconCache.db」ファイルを削除した時点で、 同フォルダ内に同じ名前で
空ファイルを作成してから再起動させた方が良い場合があります。



全体目次へもどるは ⇒ こちら
  1. 2018/12/06(木) 15:48:19|
  2. パソコン Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ