皆空の中で...

ヨットオケラへのプロローグ

ヨットオケラへのプロローグ


1966年(昭和41年)私はアマチュア無線で石崎君(ex.JA1QDR)と度々交信していた。
彼の無線機を見るために彼のシャック(相模原市大沼)を訪問した際に,多田雄幸さんと初めて会った。石崎君は叔父(多田さん)宅に一緒に住んでいた(多田雄幸35歳)。多田雄幸-Wikipediaはこちら

多田さんはその当時,世田谷交通のタクシー運転手をしていた
。私が訪ねた頃は手作りで自宅を建設中だった。その家はコンクリートブロックを積み重ねた家だった。訪れた時,多田さんは平屋根の防水処理のためにアスファルトを溶かして屋上へ流していた。タクシー仲間のヨッチャン(白石義弘さん)達も手伝っていた。その手作りの建物は土台部分からブロックを積み上げていたため,土の水分がブロック内の隙間を毛細管現象で登ってきていたようで,完成後も部屋の中はいつも湿気の多い家だった。

家の前に石崎君が15mのパンザーマストを建て,21MHzと50MHzの3エレアンテナをあげていた。多田さんはセロニアスモンク,マイルスディビス,ジョンコルトレーンなどのJAZZレコードを持っていて,休日には油絵を描いたり,JAZZを聴いたりしていた。石崎君と私はそのレコードを聴きながら酒を飲んだ。

1967年(昭和42年):この頃まで,多田さんも石崎君も私もヨットに乗った経験がなかった。
ニューポートJAZZフェスティバルの映画の中の風景に写っていたヨットを見たことがきっかけで,多田さんが「俺達もヨットに乗ってみよう」と言い出した。まずはと,小田急登戸の多摩川でA級ディンギーに何度か乗った。

やがて海で乗りたくなって,多田さんがFRPのディンギー「Y15」を購入し,三浦の佐島ヨットハーバーへ置いた。Y15の船名は多田さんの好きなJAZZ曲からブルーモンク(Blue Monk)と名づけた。多田さんと石崎君と私は,多田さんのタクシーや石崎君のポンコツのスバル360で佐島へでかけ,セーリングやディンギーレースを楽しんだ。

下の写真左は Blue Monk(Y15),右はBlue Monkと石崎君と(佐島マリーナにて) (写真はクリックで拡大します)
 ブルーモンクY15 Blue Monk石崎君と

下の写真はBlue Monk(Y15)で舵をとる多田雄幸さん(相模湾にて)(写真はクリックで拡大します)
          BlueMonk多田さん_0003

その頃,佐島ヨットハーバに19フィートのクルーザー(キングフィッシャー)が係留されていた。Y15から見れば大きなクルーザに見えた。心の中に「乗ってみたい」気持ちがふつふつと沸いてきたが,金銭的に手が届かない高嶺の花だった。---この気持ちが,やがてオケラⅠ世の自作へと つながっていったのです。

アマチュア無線で石崎君と頻繁に話をしていた頃,神奈川県津久井湖畔の友林禅寺の浅野弘山和尚(故人:ex.JA1WUS)から「無線で勝手なことばかり話していて,何と心得ている!寺へ来い」と無線でよびつけられ,津久井の友林寺へ二人で伺ったことがあった。
この浅野和尚とのつながりで三浦市金田の福寿寺の杉山滴水和尚(故人)を紹介していただき,数年後に福寿寺の境内でオケラⅡ世を自作することにつながっていったのです(合掌)。


次のページ  「オケラ1世の思い出へ」 → こちら   

外洋航海ヨット支援 Net「オケラネットのはじまり」は → こちら

多田雄幸-Wikipediaは → こちら


目次へもどるは → こちら


  1. 2011/09/26(月) 15:44:11|
  2.   ヨットオケラへのプロローグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2