fc2ブログ

皆空の中で...

TKA総目次のページ

【みな空の中で TKA総目次】 (皆空の中で TKA総目次)

ようこそ  各目次の中の “下線のある表題文字” クリックで各ページが開きます。
     オケラ8世   DELICAプラグインコンバータとコイル   ペイント圧縮の例(四万十川の沈下橋
 (写真は左から OKERA8世,DELICAプラグインコンバータ,四万十川の沈下橋 です)


目次1.【アマチュア無線技士試験 (無線工学)関係】---下線の表題クリックで開きます
 (1) 1級アマチュア無線技士 試験問題 過去問と解き方 ⇒ こちら
 (2) 2級アマチュア無線技士 試験問題 過去問と解き方 ⇒ こちら 


目次A.【ヨット関係 】
 ---下線の表題クリックで開きます
A1.ヨット オケラへのプロローグ
A2.オケラ1世の思い出
A3.オケラ2世の思い出
A4.オケラ3世の思い出(オケラ3世の自作と太平洋横断)
A5.オケラ3世の思い出(沖縄海洋博_太平洋横断ヨットレース)
A6.オケラ3世と沖縄海洋博_太平洋横断シングルハンドヨットレースの記事
A7.一人乗り水上飛行機の自作(オケラ番外編)
A8.オケラ5世の思い出-1(第1回BOCシングルハンド世界一周ヨットレース)
A9.続:オケラ5世の思い出-2(第1回BOCシングルハンド世界一周ヨットレース)
A10.文春に掲載された第1回BOC世界一周シングルハンドレース優勝の多田さん
A11.SAILに掲載されたBOC世界一周シングルハンドレースで優勝した多田さん
A12.Numberに掲載された植村直己・多田雄幸「オケラⅤ世」世界一周ヨットレース優勝対談
A13.日テレの社報に掲載されたオケラⅤ世と世界一周単独ヨットレース

A14.長距離航海ヨットの無線通信用アンテナ
A15.続:長距離航海ヨットの無線通信アンテナ(アンテナ給電線とアース配線)
A16.続2:長距離航海ヨットの無線通信アンテナ(バックステーアンテナの盲点?)
A17.外洋ヨットの21MHzアンテナと簡易で故障が少ないマッチング方法
A18.ローコスト(500円)で簡単に自作できるヨット用21MHzアンテナチューナー

A19.オケラ ネットのはじまり
A20.ヨットのエンジン冷却排水と排気設計のポイント
A21.ステンレス製のウォーターロックが錆びる原因
A22.ウォーターロックを自作する
A23.FRPパイプの自作(曲げパイプ自作)
A24.オケラⅢ世時代の排気と排水(古い話)
A25.ヴァンデ・グローブ ヨットレース艇の現在位置を調べる

目次B.【アマチュア無線のアンテナ技術】
---下線の表題クリックで開きます
B1.アンテナと共振周波数
B2.アンテナとインピーダンス
B3.アンテナとフィーダ(給電線)
B4.フィーダー上の高周波電力(進行波と反射波)
B5.SWR値と反射波電力・アンテナへ進む電力(同軸ケーブルと平行フィーダの比較)
B5-1.SWRが3の時,送信電力の25%が損失となるは正しいか?
B6.SWRの測定と問題点
B7.アマチュア用SWR計と注意点
B8.同軸ケーブルの長さを調整するとSWRが下がる?
B9.同調ケーブルと非同調ケーブル

B10.アンテナ チューナー(ANT カプラー:空中線整合器)
B11.続:ANTチューナー(オートチューナー)
B12.ANTチューナー(カップラー)のコイルとバリコン
B13.ANTチューナー(カップラー)の自作(例_1)
B14.T型ANTチューナー(カップラー)の自作-2
B15.14MHz~50MHz T型ANTチューナー(カップラー)
B16.LCL_T型ANTチューナー(カップラー)
B17.Tokyo HY-Power HC-500 アンテナチューナー
B18.トランスマッチ方式のアンテナチューナー回路図の例
B19.T型アンテナチューナー回路図の例
B20.パイC型アンテナチューナー回路図の例
B21.DAIWA CNW-818アンテナチューナー回路図
B22.YAESU FC-901アンテナチューナー
B23.エアーダックスコイル自作と7MHz CLC T型アンテナチューナー自作
B24.エアーダックスコイル自作2(アンテナチューナー(カップラー)用
B25.7MHz~28MHz Antenna Tuner アンテナチューナーの自作
B26.はしごフィーダー用アンテナカップラー(アンテナチューナー)

B27.垂直接地アンテナと同軸ケーブルの整合(マッチング)
B28.垂直接地アンテナとアース抵抗(接地抵抗値)
B29.MMANAで垂直アンテナのインピーダンスの算出と整合回路
B30.「Smith V3.10」でアンテナチューナー(ANT整合回路)を設計
B31.正三角形の1波長ループANT(18MHz)のインピーダンスをMMANAで算出
B32.逆三角形の1波長ループANT(21MHz)のインピーダンスをMMANAで算出
B33.2mの垂直ANTで7MHzを送信する(MMANAとSmith v3.10で計算)
B34.続:垂直ANT(4~10m)の7MHzでの給電点インピーダンスと整合回路・放射効率
B35.1波長ひし形ループANT(21MHz)をMMANAで設計
B36.測定器なしで自作コイルのインダクタンスを調べる
B38.移動運用時の,7MHz逆L ANTのインピーダンスと整合回路
B39.ローコスト(500円)で簡単に自作できる21MHzアンテナチューナー

目次C.【アマチュア無線機器】---下線の表題クリックで開きます
C1.昭和28年 ラジオ アマチュア ハンドブック
C2.OMの開局当時のシャック
C3.トヨムラだより とHam Kit クリスタルコンバーターCV-10シリーズ
C4.デリカ プラグイン コンバータ
C5.829B 144MHz SSB トランスバータ
C6.ライナー 15BとLiner 15(21MHzSSBトランシーバー)
C7.TS690/450から音が出ない故障と修理
C8.TVアンテナのステーを利用した21MHzループアンテナ
C9.21MHz傾斜型ダイポールANTと調整
C10.ヘッドホン出力を電波で飛ばす1石ミニFM送信機 (家事をしながら無線をワッチ)
C11.DC12v電源 Daiwa PS304 の修理
C12.DC12v電源 Diamond GS-400A修理
C13.アマチュア無線機が新規定適合の機種かを調べる方法
C14.730V用バラン 経年劣化による故障と修理

目次D.【パソコン関係】---下線の表題クリックで開きます
D1.Old Mac Classic II
D2.Old Mac Classic II DC5v電圧チェックと電圧調整
D3.Old Mac Color Classic Ⅱを動かしてみました
D4.Old Mac Color Classic Ⅱ DC5v電圧チェックと電圧調整
D5.Old Mac SE/30修理(電源編-1)
D6.Old Mac SE/30修理 ATX電源で動かす【電源編-2】
D7.Old MacSE/30電源修理(続:純正電源の修理)【電源編-3】
D8.Old Mac SE/30修理【ロジックボード電解コンデンサー交換】
D9.再び SE/30修理トライ(2017年)
D10.Macintosh PowerBook170の修理
D11.ハードエラーで起動しないPCをLinux-Unbutuで甦らせる
D12.続:ハードエラーで起動しないPCをLinux-Unbutuで甦らせる
D13.Linux-Ubuntu9.04のインターネット接続設定
D14.snap.do・・・ブラウザの起動画面がsnap.doになった時に元にもどす手順
D15.Windows updateの更新プログラムの確認動作が進まない(終わらない)時
D16.Windows updateのダウンロード・インストールが失敗する_BITS破損を修復
D17.Windows Updateで「現在サービスが実施されていないため…確認ができません」の解決
D18.iTunesにCDが取り込めない,音楽CDが聴けない時の解決
D19.Ultimate boot CDの作成と起動方法
D20.Windows PE 起動CDの作成手順(簡単な作り方)
D21.起動しないPCからデータを取り出す(Data Salvage)
D22.起動しないPCをKNOPPIX_CD1枚で起動_KNOPPIX_CDの作成
D23.起動しないPCの原因切り分け,KNOPPIX_CDでHDDのSMART値を調べる
D24.パソコンの動作が遅くなった症状をシステムの復元で修復
D25.iTune 12.01へアップしたらiPodが表示されない…解決
D26.LL750SG 再セットアップは非AFTのHDDでないと完了しない
D27.HP Touch Smart 310のHDD交換,SATAケーブルコネクタ接触不良と修理
D28.ノートパソコンのUSBマウスが動かなくなった時 1つの解決方法
D29.sfc(システム ファイル チェッカー)でシステムを修復する
D30.Windows10へのアップグレード手順
D31.PCが起動しない時,システム修復ディスクで修復
D32.NEC VersaPro VY25AF-7をSSDで復活
D33.NEC Lavie LL800KGをSSDへ交換
D34.NECネットブック VersaPro Ultralite(Celeron U3400)をSSDに交換
D35.東芝 Dynabook N510のHDDをSSDに交換
D36.富士通 FMV-BIBLO NF/C50 SSDへ交換とWindows10アップグレード
D37.Windows10で作成ファイルがデスクトップに表示されない時
D38.NEC Mate MJ32 のHDDをSSDへ交換,Windows10へアップグレード
D39.NEC VK10EB-Bの無線LANカードON・OFF操作スイッチの位置と操作
D40.Lavie LL800KGのWindows10アップグレードとディスプレイドライバー更新
D41.システムの復元ポイントの設定手順
D42.Windows10 Anniversary Updateの実行
D43.NEC VersaPro VK25MX-B へ無線Lanカードの取付け
D44.起動できなくなったLenovo G570の修復
D45.Lenovo G570のヒンジ故障修理
D46.Dynabook TXが起動中に停止 プロードライザ取替
D47.Dynabook Satellite T772W6HP ヒンジ故障の修理
D48.Windows7 Windows Update 更新プログラムを確認できない 解決方法
D49. Windows10 Windows Updateの機能修復手順
D50.富士通ノートPC LIFEBOOK 動きが重くなる原因と解決
D51.Sony Vaio Pro 11/11 Operating System not found  M.2 SSD交換
D52.Dynabook 液晶ディスプレイ画像が二重になる故障 修理
D53.Windows10 パスワードを入れたら画面が真っ暗で進まない
D54.デスクトップのアイコンの絵が変わった時 元のアイコンへもどす方法
D55.悪質なフィッシング広告にやられ,詐欺画面が消せない ウイルス除去手順
D56.Windows10 1903 Update エラーコード 0x8007000e
D57.Windows7のサポート終了の前にWindows10へアップを実行
D58.American Megatrends画面が表示されたままPCが起動しない

D59.Windowsの通知機能をオフにする(フィッシング詐欺画面のブロック)
D60.Google Chrome の通知機能をオフにする(フィッシング詐欺画面のブロック)
D61.Microsoft Edgeの通知機能をオフにする(フィッシング詐欺画面のブロック)
D62.GoogleChromeで 閲覧履歴,クッキー,キャッシュを削除する手順
D63.Microsoft Edgeで 閲覧履歴,クッキー,キャッシュを削除する手順
D64.PCを完全シャットダウンさせる手順
D65.悪質な画面が表示されマウスが使えない時にシステムの復元で正常化する
D66.マウスのポインタが表示されない時,キーボード操作で完全シャットダウンを実行



目次E.【その他】
---下線の表題クリックで開きます
E1.薄型テレビの音質改善
E2.地デジアンテナを屋根裏へ設置
E3.地デジをFMラジオで聞く
E4.ETCを自分で取り付ける
E5.ノートPCの電源アダプターで車のバッテリーを充電する
E6.夏休みの工作_ゲルマニュームラジオの製作
E7.デジカメ Cyber-shot DSC-T20の振動トラブルと分解修理
E8.シーリングライトがすぐ消える症状と修理
E9.Asahi Toy 3石 27MHz トランシーバー
E10.テレビのリモコンを分解修理
E11.iPod nano 6世代のスリープボタン(電源ボタン)の修理
E12.航海中の小笠原丸の現在位置を調べる(マリントラフィックで見る)
E13.Windows Updateが自動で実行されているかの確認
E14.パソコンを止めるときに便利な shutdown アイコンを作る
E15.高輝度LEDで低消費電力の常夜灯を作る
E16.2015年年次訪問者調査 Chrome:ユーザー調査 詐欺画面と対処
E17.音が出なくなるONKYO AMP A-922Mの修理
E18.蛍光管ダウンライトをLED電球に交換(口金変換アダプター改善)
E19.横向き蛍光管のダウンライトをLED電球へ交換
E20.SONY ICF-SW 1 分解_修理(電解コンデンサー交換)
E21.シャープ アクオス テレビ 突然 画面が真っ暗に消える 原因と修理


------------------------ ←  左の「目次」の項目をクリックしても開きます。

皆空の中で...は,五蘊皆空の中で,一瞬の生を受けて今いる私ができることを…と言う気持ちで書いています。
各ページはブラウザGoogle Chromeを想定して編集しています。Internet Explorerでは改行位置がずれるかも知れません。



 ページ下端の広告・広告文字をクリックすると不要なサイトへつながる場合があります。



  1. 2024/01/28(日) 15:32:00|
  2. ★★ 総 目次 はこちら
  3. | コメント:14

R5年12月 1アマ試験(HZ512)工学計算問題 解き方

令和5年12月 1アマ試験(HZ512)工学計算問題 解き方

 1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    総目次は ⇒ こちら
 このページは 2023年12月の1アマ試験に出題された工学計算問題と解き方です。   
 過去問の解き方は「1アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」 ⇒こちらを開いてください。 

     

A-1.コンデンサの構造や用途について知識を問う出題
   計算問題ではないので解説は省略します。
   この出題は1アマとしてはやさしいレベルです。
             正答は解答番号 1


A-2.無限長の直線導線に直流電流を流した時の磁界の強さ求める出題
HZ512A2.jpg
HZ512A2_2.jpg

この問題は過去に出題されたビオサバールの法則の知識問題を発展させて2本の
直線導線の電流による磁界の強さを求める出題です。

 HZ512A2_a11.jpg

  上の式(1)(2)の知識があれば,この段階で正答は番号1または2とわかる。
  
 HZ512A2_a21.jpg




A-3.RL直列回路の過渡現象について知識を問う出題
  HZ512A3a.jpg

  HZ512A3b.jpg

 この問題はLR直列回路の過渡現象の知識を問う出題です。
 同類の問題はH29年4月A-4に出題されています。
 【基礎知識】
 L(インダクタ)は自己誘導作用で、電流変化を妨げる方向に起電力(誘導
 起電力)が発生します。このためLに電圧を加えてもすぐに電流が流れま
 せん。また電圧を取り去ってもすぐに電流はなくなりません。

 ・・・この基礎知識があれば問(3)は簡単です。
 問(3)
 電流 i の変化は 「基礎知識:すぐに電流が流れません」より 図2と
 わかります。・・・この段階で正答は 番号3 or 4 or 5 とわかります。
 問(2)
 RL直列回路の電流が定常状態の 63.2[%] になるまでの時間を
 時定数τ(タウ)と言う の知識があれば,この段階で正答は
 番号 3 or 5 とわかります。

 問(1)は
 過渡現象による電流を表す式です。試験時間の中で式を導くには
 時間がたりないので,次の式を知識として習得しておきましょう。
 解答番号4と5が次の式ですから正答は番号5となります。
      HZ512A3c.jpg
 
 注意:上式はLR直列回路の場合です。CR直列回路の場合は異なります。
  CR直列回路の過渡現象の問題は繰り返し出題されています。
  CR直列回路の場合は
  「1アマ試験_無線工学 過去問の解き方 目次ページ」 ⇒ こちら
  http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html へもどり
  64.【追加】R4年12月 1アマ試験無線工学(HZ412)の計算問題
     の正答を見つける で 問題A-5を開いてください。

   RL直列回路,LC直列回路の電流、時定数についての勉強は
   次のページなども参考になります。

   RL直列回路の過渡現象の解き方 ⇒ こちら
    https://eleking.net/study/s-transient/str-transient-rl.html
   RC直列回路に流れる電流の求め方⇒ こちら
    https://eleking.net/study/s-transient/str-transient-rc.html
   時定数  ⇒こちら
    https://eleking.net/study/s-transient/str-timeconstant.html

          正答は番号5




A-4.立方体の回路の合成抵抗値を求める問題
HZ512A4.jpg
 この問題は令和4年4月 (HZ404)A3の数値を変更して再出題された
 ものです。
 解き方は「1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_目次」⇒こちら
   http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
 へもどって、目次項目
 ・・・62.【追加】R4年04月 1アマ試験無線工学(HZ404)の計算問題
 正答を見つける を開いてください。
               正答は解答番号5

   

A-5.・・・・・出題側のミスで無効となりました・・・
 日本無線協会からの発表ページは次のURLです。
 「令和5年12月実施の第一級アマチュア無線技士「無線工学」における
  試験問題の誤りについて」
    https://www.nichimu.or.jp/oshirase/index.html
    https://www.nichimu.or.jp/vc-files/oshirase/pdf/HZ-512A05cor.pdf



A-6.NチャンネルMOS FETについて知識を問う問題
  計算問題ではないので解説は省略します。
       正答は解答番号5



A-7.水晶発振器の周波数変動の原因及び対策について知識を問う問題
  計算問題ではないので解説は省略します。
       正答は解答番号4




A-8.トランジスタのダーリントン接続について知識を問う問題
  計算問題ではないので解説は省略します。
       正答は解答番号5




A-9.図に示された論理回路の真理値表として正しいものを選ぶ問題
  計算問題ではないので解説は省略します。
       正答は解答番号2




A-10.位相形CR発振回路の発信周波数を算出する問題
HZ512A10.jpg
 この問題は1アマでは初めての出題かもしれません。
 位相形CR発振回路は「CとRによって位相を60度×3=180度ずらせて」
 帰還させて発信させる発振回路です。
  HZ512A10a2.jpg

 試験場で発信周波数の式を導くには時間が不足します。
 周波数を求める式(上記の緑枠の式)を知識として習得しておきましょう。
           正答は解答番号 1




A-11.周波数変調(F3E)波の占有周波数帯幅,変調指数などの知識を問う問題
  計算問題ではないので解説は省略します。
  同じ問題がH30年4月A-12に出題されています。
            正答は解答番号2



A-12.SSB送信機の第2局部発信器の周波数を求める出題
HZ512A12.jpg

 この問題はH19年(HZ912)に出題されたものの数値を変更して出題された
 ものです.。
 R2年8月の2アマ試験IZ408のA-11にも類似問題があります。
 2アマ試験問題と解き方は次のURLクリックで開きます。
  http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-340.html

 解いて見ましょう。
 周波数混合器の出力14.150[MHz]を得る方法として2つの方法があります。
 (1).入力周波数に第2局部発信器の周波数を加算して14.150[MHz]とする。
 (2).第2局部発信器の周波数から入力周波数を減算して14.150[MHz]とする。

 【(1)の方法】
HZ512A12a01a.jpg
 【(2)の方法】
HZ512A12a03.jpg
 下図は上記の解説を図示したものです。
HZ512A12ad.jpg
  長々と書きましたが,この問題のポイントは
 「局部発信器の周波数が出力周波数より高い周波数にすると
  側波帯が変わる」ことを習得していれば簡単です。
                     正答は解答番号2




A-13.受信機で発生する相互変調による混信について知識を問う出題
  計算問題ではないので解説は省略します。
  相互変調に関する出題は過去から繰り返し出題されています。
     正答は解答番号3



A-14.等価雑音温度について知識を問う出題
  計算問題ではないので解説は省略します。
  等価雑音温度に関する問題は定期的に出題されています。
     正答は解答番号4 




A-15.アマチュア局のデジタル通信(TF8,FT4,JT65など)について知識を問う出題
  計算問題ではないので解説は省略します。
       正答は解答番号4





A-16.単巻変圧器の巻線に流れる電流を求める出題
 この問題はR2年12月(HZ212)のA-17の数値を変更して出題されたものです。
 解き方は,
 「1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_目次ページ」⇒こちら
   http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
 の中の
 「...58.【追加】R2年12月 1アマ試験無線工学(HZ212)の計算問題
     正答を見つける」
 を参考にしてください。
 令和4年8月 1アマ試験(HZ408)にも同類の問題が出題されています。
             正答は解答番号 3




A-17.直列形定電圧回路の動作について知識を問う出題
  この問題は繰り返し出題されています。
  最近では令和4年12月 (HZ412)にも出題されています。
  (2アマ レベルの問題です)
                正答は解答番号 4




A-18.シール鉛蓄電池について知識を問う出題
  計算問題ではないので解説は省略します。
         正答は解答番号 1





A-19.変調度100%時の同軸ケーブル最大電圧を計算する問題
HZ512A19.jpg
 この問題は過去問の数値を変更して出題されたものです。
 解き方は,「1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_目次」⇒こちら
   http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
 の中の
 「31.変調度100%時の同軸ケーブル最大電圧を計算する問題」
   http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
 を参考にしてください。
               正答は解答番号 3




A-20. ヘンテナと呼ばれるアンテナの構造及び特徴の知識を問う出題
 計算問題ではありません。
 筆者はヘンテナについて論理的に理解できていませんが,
 一般的なアンテナでも
 (1)同軸ケーブルで給電する時にバランを使用するのが誤りとは言えない。
 (2)一般的にエレメント長のへ変化で大きく変わるのはリアクタンス分である。
 (3) エレメントが長いので1波長ループANTより利得があると思われる。
 以上より,
 解答番号1,2、5は誤りではない,この時点で正答は番号3または4と
 言えます。
 アマチュア無線関係の書籍に「偏波面は水平偏波」と解説されています。
 (なぜ水平偏波となるのか論理的にわかりません。実測の結果だと思います)
 以上より「誤り」は解答番号3となります。
                 正答は解答番号 3


         

A-21.同軸ケーブルによる変成器を用いてスタックANTへ給電する方式の出題
HZ512A21.jpg
HZ512A21_2.jpg
 この問題はR4年8月(HZ408)A-20及びR3年9月A-19の出題を
 少し変形して出題されたものです。
 同じ解き方ですが 解いて見ましょう。

 先ずはじめに,
 出題文に「アンテナ1及び2に接続されている2本の50Ω同軸ケーブルの
 分配点における合成インピーダンスは25Ω」---即ち,リアクタンス分は
 ゼロなので同ケーブル上のSWRは1の状態である。
 SWRが1なので「同軸ケーブルの長さは任意長で良い」とわかる。
 
HZ512A21a12.jpg
 
           正答は解答番号 1






A-22.電離層の最高使用周波数(MUF)を算出する出題
 この問題は過去から繰り返し出題されています。
 今回も数値を変えて出題されたものです。
 解き方は
 「 1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_目次」⇒こちら
  http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
 へもどり,
  「26.電離層のMUFの算出問題の解き方」
 を開いてください。

 出題の中の f m = f c sec Θ を用いて解く方法もあります。
 解き方は
  「26.電離層のMUFの算出問題の解き方」
   http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-98.html
 の中の
  「26.3 MUFから臨界周波数fcを算出する出題」
 を参考にしてください。
                正答は解答番号4





A-23.VHF,UHF帯電波の山岳回析伝搬について知識を問う出題
    計算問題ではないので解説は省略します。
         正答は解答番号5






A-24.SSB送信機の空中線電力のの測定方法について知識を問う出題
  計算問題ではないので解説は省略します。
         正答は解答番号 2
   




A-25.ANT給電部の進行波電力,VSWR値から反射波電力・リターンロスを算出する出題
HZ512A25.jpg

 この問題は過去問の値を変更して出題されたものです。
 解き方は「1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_目次」⇒こちら
   http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
 に戻って
 「32.電圧反射係数,反射波電力から定在波(SWR)の計算問題の解き方」
 を参考して下さい。
 R5年8月(HZ508)A-20にもリターンロスを求める問題が出題されています。
 1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_目次2から
 「66.【追加】R5年08月 1アマ試験無線工学(HZ508)の計算問題 正答を見つける」
 を開いてください。
 
 今回の問題も解いてみましょう。

 HZ512A25a1.jpg
HZ512A25a2.jpg

  ポイント:上記の緑枠の式を習得しておくことが大切です。

        正答は解答番号2


 注意:
 この出題はSWR3の時の
 「アンテナ給電点における反射波電力と進行波電力」です。
 「送信電力の25%が損失になる」とは言えません。
 これは⇒こちら
 「5.1 SWRが3の時,送信電力の25%が損失となるとは言えない」
 を参照ください。

 





1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    総目次は ⇒ こちら
  1. 2024/01/21(日) 17:25:17|
  2.  1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

★ 1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_TKA目次2_

1級アマチュア無線技師 試験問題(#1アマ試験工学問題,過去問)解き方の目次ページです。
  ( # 1アマ試験 工学 過去問と解き方,勉強方法,攻略)
   下のタイトルをクリックすると各ページが表示されます (A1TKA目次2_kota2)
                    総目次は → 
こちら

 【令和5(2023)年12月 1アマ試験(HZ512)の計算問題の解き方を項番67に追加しました】

   各ページはブラウザGoogle Chromeで開いた場合を想定して編集しています。
   Internet Explorerでは改行位置のずれ等が生ずる場合があります。


---【1TKA目次2(1アマ試験_無線工学のやさしい解き方,コツ)】---

.....1.複数の電池がある直流回路の正答を見つけるコツ 【ミルマンの定理を忘れた時】
.....2.複数の電池がある直流回路の電圧電流計算問題の正答を見つける
.....3.接地抵抗値の算出問題の正答を見つける
.....4.電流が2倍(1.5倍)となる抵抗値計算問題の正答を求める
.....5.可変抵抗器の抵抗値を算出する問題の正答を見つける
.....6.交流回路の消費電力を算出する問題の正答を見つける
.....7.LCR並列回路の電流を計算する問題の正答を見つける
.....8.CR直列回路の消費電力の正答を見つける
.....9.RLC合成インピーダンスの計算問題の正答を見つける
....10.RL,RC直並列回路の交流電流の計算問題の正答を見つける

....11.2つの電荷からの電界の強さが零になる距離の正答を見つける
....12.平行板電極間の静電容量の算出問題の正答を見つける
....13.電荷と電圧,静電容量の計算問題の正答を見つける
....14.コイルの合成インダクタンスの算出問題の正答を見つける
....15.共振回路のQ値の算出,共振周波数からC値を算出する問題の正答を見つける
....16.並列共振回路の共振時のインピーダンスから L,C値の算出問題の正答を見つける
....17.誘導性と容量性リアクタンスの記述問題でミスをしないコツ
....18.Cの変化量と発信周波数の変化の出題の正答をみつける
....19.時定数の値を算出する問題の正答を見つける
....20.送信電力増幅器の出力電力(デシベル計算をやさしく覚えるコツ

....21.電力増幅器の出力電力,増幅利得を求める
....21-2.電圧増幅回路の利得をデシベルで算出する コツ
....21-3.π型抵抗減衰器(パイ型アッテネータ)・T型抵抗減衰器の減衰量を求める。
....22.オペアンプの電圧利得の計算問題の正答を見つける
....22-1.負帰還増幅回路の出題の正答を見つける
....23.八木アンテナの相対利得を簡易手法で求める
....24.2列2段スタックドアンテナの相対利得の計算問題の正答を見つける
....25.離れた受信点の電界強度の計算問題の正答を見つける
....26.電離層のMUFの算出問題の正答を見つける
....27.アンテナ電流,放射抵抗,放射効率の計算問題の正答を見つける
....28.変調波電圧から変調度を,変調度から波形電圧を算出する
....29.変調度から被変調波電力,電圧を算出する問題の正答を見つける
....30.電信送信電力と電話搬送波電力の比を計算する問題の正答を見つける

....31.変調度100%時の同軸ケーブル最大電圧を計算する問題の正答を見つける
....32.電圧反射係数,反射波電力などから定在波(SWR)の算出問題の正答を見つける
....33.半波長ダイポールアンテナからの受信機入力電圧を算出する出題の正答を見つける
....34.電波の強度の安全基準値の算出方法の出題の正答を見つける
....35.国際法規_国際通信憲章・通信条約・無線通信規則の要点


....36.【追加】H25年04月 1アマ試験無線工学(HZ504)の計算問題 正答を見つける
....37.【追加】H25年08月 1アマ試験無線工学(HZ508)の計算問題 正答を見つける
....38.【追加】H25年12月 1アマ試験無線工学(HZ512)の計算問題 正答を見つける
....39.【追加】H26年04月 1アマ試験無線工学(HZ604)の計算問題 正答を見つける
....40.【追加】H26年08月 1アマ試験無線工学(HZ608)の計算問題 正答を見つける
....41.【追加】H26年12月 1アマ試験無線工学(HZ612)の計算問題 正答を見つける
....42.【追加】H27年04月 1アマ試験無線工学(HZ704)の計算問題 正答を見つける
....43.【追加】H27年08月 1アマ試験無線工学(HZ708)の計算問題 正答を見つける
....44.【追加】H27年12月 1アマ試験無線工学(HZ712)の計算問題 正答を見つける
....45.【追加】H28年04月 1アマ試験無線工学(HZ804)の計算問題 正答を見つける
....46.【追加】H28年08月 1アマ試験無線工学(HZ808)の計算問題 正答を見つける
....47.【追加】H28年12月 1アマ試験無線工学(HZ812)の計算問題 正答を見つける
....48.【追加】H29年04月 1アマ試験無線工学(HZ904)の計算問題 正答を見つける
....49.【追加】H29年08月 1アマ試験無線工学(HZ908)の計算問題 正答を見つける
....50.【追加】H29年12月 1アマ試験無線工学(HZ912)の計算問題 正答を見つける
....51.【追加】H30年04月 1アマ試験無線工学(HZ004)の計算問題 正答を見つける
....52.【追加】H30年08月 1アマ試験無線工学(HZ008)の計算問題 正答を見つける
....53.【追加】H30年12月 1アマ試験無線工学(HZ012)の計算問題 正答を見つける

....54.【追加】R1年04月 1アマ試験無線工学(HZ104)の計算問題 正答を見つける
....55.【追加】R1年08月 1アマ試験無線工学(HZ108) の計算問題 正答を見つける
....56.【追加】R1年12月 1アマ試験無線工学(HZ112)の計算問題 正答を見つける
....57.【追加】R2年09月 1アマ試験無線工学(HZ209)の計算問題 正答を見つける
....58.【追加】R2年12月 1アマ試験無線工学(HZ212)の計算問題 正答を見つける
....59.【追加】R3年04月 1アマ試験無線工学(HZ304)の計算問題 正答を見つける
....60.【追加】R3年09月 1アマ試験無線工学(HZ309)の計算問題 正答を見つける
....61.【追加】R3年12月 1アマ試験無線工学(HZ312)の計算問題 正答を見つける
....62.【追加】R4年04月 1アマ試験無線工学(HZ404)の計算問題 正答を見つける
....63.【追加】R4年08月 1アマ試験無線工学(HZ408)の計算問題 正答を見つける
....64.【追加】R4年12月 1アマ試験無線工学(HZ412)の計算問題 正答を見つける
....65.【追加】R5年04月 1アマ試験無線工学(HZ504)の計算問題 正答を見つける
....66.【追加】R5年08月 1アマ試験無線工学(HZ508)の計算問題 正答を見つける
....67.【追加】R5年12月 1アマ試験無線工学(HZ512)の計算問題 正答を見つける


....補足1:RLC交流回路の電流の j とは何か?その計算は?
                   足して4,かけて5となる2つの数と j

....補足2:RLC共振回路のQの定義からQ値の計算式を導く

....その他1:1アマ試験の勉強方法(1例) 合格へのコツ 残りが少ない時の追込み
....その他2:1アマ試験を晴海の試験センターで受験する方へのあれこれ


今後の予定,
1アマ試験に出題される計算問題のうち,面倒そうなものをとり上げてみました。
ご希望があれば他の問題の解き方もトライしてみます。

ご要望などがありましたら,スクロールして最下部の「コメント」を利用ください。


総目次へもどるは ⇒ こちら 



  1. 2024/01/15(月) 10:00:00|
  2. ★★ 1アマ試験_目次 はこちら
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:57

R5年8月 1アマ試験(HZ508)工学計算問題 解き方

令和5年8月 1アマ試験(HZ508)工学計算問題 解き方

 1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    総目次は ⇒ こちら
 このページは 2023年8月の1アマ試験に出題された工学計算問題と解き方です。   
 過去問の解き方は「1アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」 ⇒こちらを開いてください。 
     

A-1.2つの導体球の電荷の移動量を求める出題
HZ508A1.jpg
 この問題は繰り返し出題されています。
 解き方は「 1アマ試験_無線工学 過去問の解き方」の目次ページ⇒ こちら
 へもどって 「...13.電荷と電圧,静電容量の計算問題の正答を見つける」
 開いてください。
 H27年4月出題の解き方 ⇒ こちら も参考にしてください。
 R3年4月(HZ304)出題の解き方 ⇒ こちら も参考にしてください。       
                 正答は解答番号1



A-2.ヒステリシスループ(曲線)について知識を問う出題
   この問題は計算問題ではないので解説は省略します。
   基礎知識の問題として繰り返し出題されます。
                     正答は解答番号 4




A-3.π型抵抗減衰器の減衰量から回路の抵抗値を算出する出題
HZ508A3.jpg

  HZ508A3a.jpg
  HZ508A3a2.jpg
                      正答は解答番号 4
   この問題で注意すべきは,電圧の減衰量である点です(電力の減衰ではない点です)。




A-4.CR直列回路の皮相電力,有効電力,力率を求める出題
HZ508A4.jpg
 この問題は電気工事士試験問題に頻繁に出題されます。
 皮相電力,有効電力の知識があれば簡単です。
  HZ508A4a.jpg
                 正答は解答番号 3


A-5.AC電源に重畳した高周波電圧をインダクタLで減衰させる時のLの値を求める出題
HZ508A5.jpg
 この問題は1アマでは初めての出題ではないかと思います。
 「デシベル値を真数にもどした値」,「コイルのリアクタンスはωL」
 この2つを使って解く問題です。デシベルと真数の関係がわからない時は
 「 1アマ試験_無線工学 過去問の解き方_TKA目次」ページの
  http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
 「20.送信電力増幅器の出力電力 デシベル計算問題をラクに解く」
  http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-92.html
 へもどってください。
 解いてみましょう。
  HZ508A5a.jpg
                正答は解答番号 5

 追記:コイルと抵抗は位相差がある・・・とのコメントをいただきました。
    私の手抜きしていた部分を以下に追記します。
    電圧減衰量が26dbと大きいので位相差を無視して計算できますが,減衰量が
    10db以下と少ない場合は無視できないでしょう。

    HZ508A5d.jpg
     以降は 2000=2πFLの式へもどります。




A-6.ダイオード直列回路の電圧と電流について知識を問う出題
HZ508A6.jpg
  この問題は1アマとしては易しいですね。
  HZ508A6a.jpg
                 正答は解答番号 1



A-7.MOS形FETについての知識を問う出題
   計算問題ではないので解説は省略します。
   同類の問題は繰り返し出題されています。
   直近ではR4年8月(HZ408)に出題されています。
        正答は解答番号2



A-8 .受信機に使用されるセラミックフイルタの知識を問う出題
   計算問題ではないので解説は省略します。
   セラミックフイルタの知識を問う問題は繰り返し出題されています。
   直近ではR3年9月、R1年8月に出題されています。
           正答は解答番号2



A-9 LR直列回路へ方形波を加えた時に出力(Rの両端)に現れる波形を問う出題
  計算問題ではないので解説は省略します。
  同類の問題が過去から繰り返し出題されています。
  R3年12月(HZ312)にはRL直列回路の形で出題されています。
  基礎知識として
  (1)  コイルLの電流は逆起電力が働くので急激に変化(増加・減少)しない。
  (2) RC直列回路のCの電圧は時間T経過とともに変化(増加・減少)する。
  この知識があれば簡単です。
                    正答は解答番号4 




A-10 オペアンプの電圧利得の値を求める出題
HZ508A10.jpg
 この問題も少し形を変えながら繰り返し出題されています。
 H30年4月,R3年12月にも出題されています。
 解き方がわからない時は
 1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次 ⇒ こちらへもどり
 「22.オペアンプの電圧利得の計算 コツ」
  http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-94.html
 を開いてください。
                  正答は解答番号3ですね




A-11 増幅回路の雑音指数について知識を問う出題
    この問題は計算問題ではないので解説は省略します。
                  正答は解答番号2





A-12 SSB送信機の終段電力増幅器回路について知識を問う出題
   この問題は計算問題ではないので解説は省略します。
   同類の問題はR1年8月(HZ108)A-10にも出題されています。
   1アマレベルとしては難しくない問題です。
   SSB信号のトランジスタ増幅回路をD級で動作させると歪が発生します。
                           正答は解答番号5



   

A-13 AM送信機の被変調波電力,変調度から無変調の搬送波電力を逆算する問題
 この問題も算出する対象を変えながら繰り返し出題されています。
 解き方は「1アマ試験_無線工学 過去問の解き方」目次ページ  ⇒ こちら 
 へもどって,「.29.変調度から被変調波電力,電圧を算出する問題の正答を見つける」
 を開いて参考にしてください。
                   正答は解答番号2





A-14 可変容量ダイオードを使用した直接FM変調回路の動作を問う出題
 この問題は計算問題ではないので解説は省略します。
 可変容量ダイオードの知識,発信回路の周波数の知識があれば難しくはありません。

 (1)可変容量ダイオードは逆バイアス(逆方向電圧)をかけた時に空乏層(接合容量)
   が変化するダイオードです。 ----正答は番号4と5ではないとわかる。
 (2)発信周波数の基本式は f=1/(2π√LC)です。回路図の場合のCは(C+Cd)
   なので ----正答は番号2と3と5ではないとわかる。

 以上で以上で正答は番号1とわかります。
 (3)PN接合ダイオードに「反転層」という部分はありません。
   ---正答は番号2と4ではないとわかります。 
                          正答は解答番号1





A-15 AM受信機に用いられる二乗検波について知識を問う出題
   この問題は過去から度々出題されています。
   計算問題ではないので解説は省略します。
   (2アマレベルの問題です)
                   正答は解答番号1




A-16 FM受信機のスレッショールドレベルについて知識を問う出題
   計算問題ではないので解説は省略します。
                   正答は解答番号3





A-17 直列制御形定電圧回路の制御用トランジスタのコレクタ損失値を求める出題
HZ508A17.jpg
この問題は複雑そうに見えますが簡単です。
  HZ508A17a.jpg
               正答は解答番号3


 

A-18 交流電流の最大値,実効値,平均値,波形率,波高率について知識を問う出題
HZ508A18.jpg
この問題は計算問題と言うより知識を問う出題です。
波高率を問う点が新しい出題と言えます。
  HZ508A18a.jpg




A-20  50Ωの給電線に75Ωの抵抗を接続した時の反射係数,VSWR,リターンロスの値を求める
HZ508A20.jpg
 電圧反射係数からVSWRを,VSWRから反射係数を求める問題は過去にも出題されていますが,
 リターンロスを求める問題は初めてではないかと思います。
 過去問は「1アマ 計算問題の解き方の目次 ⇒ こちらから
  「 32.電圧反射係数,反射波電力から定在波(SWR)の算出問題の解き方」
 を参考にしてください。
 
 反射係数を求める式がわからなくても,2アマで活躍した方は「50Ωの同軸に
 75ΩではSWRは1.5」と気づくでしょう。
 反射係数を求める式を習得している方は0.2となるとわかり,正答は番号3か5と
 絞りこめますが,リターンロスを求めるには,以下の色枠で囲った式を習得して
 いる必要があります。
 では,解いて見ましょう。
HZ508A20a.jpg
                   正答は解答番号3
  後書き:
  「リターンロス」は「反射係数」をデシベルで表したのもです。
  「リターンロス」はロスを表すため Log 式の先頭にマイナス符号がつきます。
  ここまでは問題ないですが,
  給電線50Ω,負荷も50Ωの場合は反射波が生じないためリターンロスの値は大きくなります。
  「ロス」を表すと言っておきながら「リターンロス値」が大きいほど反射が小さいことを意味します。
  逆に言えば「負荷との整合がとれなくなるほどリターンロス値は小さくなります」。
  「リターンロス」の名称は違和感が残りますね~。適切な名前はなかったのでしょうか?





A-23  電波の強度に対する安全基準に適合するか,強度算出についての出題
HZ508A23_1.jpg
HZ508A23_21.jpg
HZ508A23_3.jpg
 難しそうに見えますが,出題の数値を出題の式へ代入して計算すればよい問題です。
 計算ミスを少なくするため有効数字2桁で計算でも良いでしょう。
 では解いてみましょう。

 HZ508A23aa_1.jpg
 HZ508A23aa_2.jpg
               正答は解答番号1




A-24  電圧計の内部抵抗による電圧誤差の値を求める出題
HZ508A24.jpg
この問題は簡単です。
HZ508A24a.jpg
               正答は解答番号5




A-25  補助電極版を用いた接地抵抗の測定について知識を問う出題
  この問題は計算問題ではないので解説は省略します。
  接地抵抗の問題は過去から繰り返し出題されています。
  接地抵抗値を計算する形の場合は,
  「 1アマ試験_無線工学 過去問の解き方」の目次ページ⇒ こちら
 へもどって 「.....3.接地抵抗値の算出問題の正答を見つける」
 開いてください。
 過去問との違いは 「直流電源による測定は電気分解による誤差が生ずるため,
  コールラウシュ ブリッジなど「交流」の電源を測定器を使用する点です。
 
 まさか「電極近づけて測定」などありえません,交流を使用の2つで,計算式を知らずとも
 正答は見つかります。
                正答は解答番号 4



1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次へもどるは ⇒ こちら    

総目次へもどるは
 ⇒ こちら







  1. 2023/08/17(木) 16:00:55|
  2.  1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

R5年4月 1アマ試験(HZ504)工学計算問題 解き方

令和5年4月 1アマ試験(HZ504)工学計算問題 解き方

 1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次は ⇒ こちら    総目次は ⇒ こちら
 このページは 2023年4月の1アマ試験に出題された工学計算問題と解き方です。   
 過去問の解き方は「1アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」 ⇒こちらを開いてください。 
        

A-1.2つの点電荷から離れた点の電界の強さを求める出題
HZ501A1.jpg
この問題はR2年9月 HZ209 A1の数値を変更して再び出題されたものです。
(H30年3月の第1級総合無線通信士・第1級海上無線通信士試験に
 出題されたものとほとんど同じです。)
 解き方は
 1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次 ⇒ こちら から
 「57.【追加】R2年09月 1アマ試験無線工学(HZ209)の計算問題 正答を見つける」
 を開いてください。
 今回の問題の解き方の最初の部分は次のように整理します。
  HZ501A1a.jpg
     R2年09月 (HZ209)の解き方は⇒こちら  
                  正答は解答番号 4




A-2.電気と磁気に関する法則について知識を問う出題
  この問題は計算問題ではないので解説は省略します。
  (この法則は基礎の基礎です)
                    正答は解答番号 1




A-3.π型抵抗回路の出力電圧から入力電圧を求める出題
HZ504A3.jpg
  一見難しそうに見えますが,簡単な問題です。
  HZ504A3a.jpg
  HZ504A3b.jpg
             正答は解答番号 3





A-4.デシベルについて知識を問う出題
HZ504A4.jpg
 この問題はデシベルについて正しく理解できているかを問う出題です。
 デシベル問題の解き方は,
 「1アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」 ⇒こちら を開き,
 「20.送信電力増幅器の出力電力 デシベル計算問題をラクに解く」を
 を開いてください。
 計算問題と言うほどではありませんが,勉強のために 一つ一つ正しいか
 誤りかを調べてみましょう。
      次の枠内を習得しておけば簡単です。
   HZ504A4a (2)
   HZ504A4b.jpg




A-5.T型フイルターについて知識を問う出題
HZ504A5.jpg
 この問題は令和3年12月 のT型ハイパスフイルターをローパスフイルター
 に変更して出題されたものです。
 計算問題とは言えませんが,問(2)の静電容量が迷いそうなので解説します。
 HZ504A5a.jpg
 HZ504A5ab.jpg
              正答は解答番号 1




A-6.バイポーラトランジスタの一般的な電気的特性の知識を問う出題
  計算問題ではないので解説は省略します。
         正答は解答番号 3




A-7.水晶発振子のQ,等価回路など基礎知識を問う出題
  計算問題ではないので解説は省略します。
         正答は解答番号 4




A-8.RSフリップフロップ回路の動作について知識を問う出題
HZ504A8.jpg
 フリップフロップ回路の動作の出題は初めてかもしれませんが,
 NOR回路の動作がわかっていれば難しくはありません。
  HZ504A8a.jpg
             正答は解答番号 2





A-9.オペアンプの増幅度,位相差などの基礎知識を問う出題
      計算問題ではないので解説は省略します。
      この問題は繰り返し出題されています。
              正答は解答番号 4




A-10.パルス符号変調(PCM)方式のビットレートを求める問題
HZ504A10.jpg
  計算問題と言うほどではありません。
  標本化周波数が32[kHz],量子化ピット数が12[ビット], 誤り訂正符号が2[ビット]
  なので
     32000×(12+2) = 32000×14 = 448000 = 448[kHz]

                           正答は解答番号 5




A-11.送信機の終段に用いるπ型結合回路の調整方法の知識を問う出題
      計算問題ではないので解説は省略します。
      この問題は R3年4月,R1年4月,H29年8月と繰り返し
      出題されています。
                    正答は解答番号 4






A-12.2波3次の相互変調妨害周波数を求める問題
HZ504A12.jpg
  この問題はR4年4月の問題の数値を変更したものです。
  解き方は
  「1アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」 ⇒こちら を開き,
  「62.【追加】R4年04月 1アマ試験無線工学(HZ404)の計算問題 正答を見つける」
  を開いてください。
  今回の数値で計算してみましょうか。

    HZ504A12a.jpg
            正答は解答番号 2





A-13.FM送信機の構成例と主な働きについて知識を問う問題
     計算問題ではないので解説は省略します。
                    正答は解答番号 1





A-14.SDR受信機の動作概要の記述の誤りをみつける問題
HZ504A14.jpg
 これまでの受信機はトランジスタやコイル、コンデンサ等の部品で構成され
 アナログ信号の処理で動作する仕組みだが,非常に高速な計算ができる
 マイクロプロセッサ(DSP=Digital signal processor)の進歩によって,デジタル
 信号処理に置き換え,SoftウエアでAM,FM、SSB信号の復調ができる方式
 SDRの採用が広まっている。
 このSDR機器についての基礎知識は「日本アマチュア無線機器工業会 
 JAIA技術委員会」の「JAIA 初心者でもわかるSDR(ソフトウエア無線)
 大研究」 ⇒ こちら 
 https://www.jaia.or.jp/shiryo/2018ham.pdf
 をお勧めします。
 このJAIA技術委員会のページにもあるように「影像周波数妨害は
 発生しにくい」特徴があります。
             正答は解答番号 4





A-15.各種電波形式の復調について知識を問う問題
    この問題は計算問題ではないので解説は省略します。
    (H14年8月A-15 の問題の解の並びを変えて出題したものです)
         正答は解答番号 2


  


A-16.無線局からの電波発射で発生する不要発射と対策について知識を問う問題
   この問題は計算問題ではありません。
   アンテナ給電点における平行不平衡による同軸ケーブルからの
   不要発射,電力線側からの不要発射対策など知識があれば
   難しくありません。
              正答は解答番号 5



   

A-17.センタータップ変圧器の全波整流用のダイオードの耐圧電圧を問う問題
HZ504A17.jpg
  この問題は2アマレベルです。
  解説するほどのことはないと思いますが・・・
    HZ504A17a.jpg
            正答は解答番号 5




A-18.パルス幅変調制御のチョッパー型DC-DCコンバーターの動作原理の知識を問う問題
     計算問題ではないので解説は省略します。
             正答は解答番号 2







A-19.アンテナの電圧反射係数から電圧定在波比(VSWR)の値を求める問題
HZ504A19.jpg
 この問題は値を変えて繰り返し出題されています。
 解き方は
 「1アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」 ⇒こちら を開き,
 「32.電圧反射係数,反射波電力などから定在波(SWR)の算出問題の正答を見つける」
 を開いてください。
          正答は解答番号 3





A-20.ターンスタイルアンテナの給電方法,利得などの知識を問う問題
     計算問題ではないので解説は省略します。
     水平面の指向性は無いが,上方向からの円偏波が受けられる
     ためアマチュア局では衛星通信用アンテナとして使用されます。
     
             正答は解答番号 2




     
A-21.離れた受信点の電界強度の算出問題
HZ504A21.jpg
 この問題はR3年9月,R2年12月,R1年4月,H30年4月,H28年12月,
 H27年8月,H26年8月,H25年4月,と毎年出題されています。
 解き方は
 「1アマ試験工学_計算問題の解き方_目次」 ⇒こちら を開き,
 「25.離れた受信点の電界強度の計算問題の正答を見つける」
 を開いてください。
             正答は解答番号 3




A-22.電離層伝搬と電波の偏波について知識を問う問題
     計算問題ではないので解説は省略します。
             正答は解答番号 5




A-23.直流電圧計に直列抵抗を接続した時の測定範囲の最大値を求める問題
HZ504A23.jpg
  この問題は冷静に考えれば難しくはありません。
  HZ504A23a.jpg
        正答は解答番号 3




A-24.オシロスコープの2つ波形の位相差を求める問題
HZ504A24.jpg
   この問題は計算問題とは言えませんが参考として
   位相差の見方を解説します。
    HZ504A24a.jpg
          正答は解答番号 1





A-25.原理的なネットワークアナライザーの動作知識を問う問題
HZ504A25.jpg
HZ504A25a.jpg
     この問題は計算問題ではありません。
     最新の測定器の知識を問う問題で難しそうですが,
     方向性結合器とはどのような働きをするかの知識があれば,
     出題の文書を読み返すことで正答が見つかるのではと思います。
     読解力(国語の力)で正答が見つかるかも・・・。
              正答は解答番号 3



1アマ 過去問(計算問題)の解き方の目次へもどるは ⇒ こちら    

総目次へもどるは
 ⇒ こちら





  1. 2023/04/17(月) 14:42:41|
  2.  1アマ_無線工学のコツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ